外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

お電話でのお問合せ9:00~18:00

0120-900-971

みんなの外壁塗装ガイド

坪数別の外壁塗装の相場と目安とは?外壁塗装をお得にするコツも解説

  • 戸建て住宅の外壁塗装の相場が知りたい
  • 外壁塗装を賢く安くする方法が知りたい
  • 外壁塗装のお金に関する注意点を知っておきたい

自宅の外壁塗装を検討するとき、上記のように、お金のことがとくに気になる方も多いですよね。

このコラムでは、外壁塗装の費用の目安と傾向、お金に関する注意点、外壁塗装を本当の意味で安くするコツを解説しております。

大切なマイホームの外壁塗装を、適正な価格と高い品質で完了するための参考として、ぜひご活用ください。

延床・坪数別の外壁塗装の相場とは?

坪数(延床面積)別の費用相場の早見表

一般的な建売住宅(35坪~40坪)の場合、外壁塗装の平均的な相場は100万円~120万円程度です。特殊な構造の住宅だったり、個人の住宅では滅多に使わない高級塗料を使ったりしない限り、延床面積(建物の各階の床面積の合計)や築年数がだいたい同じ住宅の塗装であれば、100万円単位で費用が異なることはあまりありません。

このため、あくまで目安ではありますが、延床面積(1階と2階の床面積の合計)ごとに費用相場を次のようのまとめることができます。

住宅の大きさ(延床面積)

費用相場

20坪(約66㎡)

60~80万円

25坪(約83㎡)

70~100万

30坪(約99㎡)

80~120万

35坪(約116㎡)

100~140万

40坪(約132㎡)

110~160万

※足場も含め、外壁のみを塗装した場合の目安です。

※2階建ての戸建て住宅の場合です。

ただし、やはり正確な費用を出すには、正確な外壁の面積の情報が必要です。このため、お住まいの外観や図面の情報から見積もりを出さなくてはいけません。

屋根も塗装するといくらかかる?

屋根の塗装費用も、特殊な構造だったり滅多に使わない高級塗料を使ったりしない限り、延床面積や築年数がだいたい同じ住宅の塗装で100万円単位の価格差が出ることはあまりありません。

屋根塗装の費用の目安は以下です。

延床面積

相場

20坪(約66平方メートル)

15万~30万円

30坪(約99平方メートル)

20万~40万円

40坪(約132平方メートル)

30万~50万円

50坪(約165平方メートル)

35万~60万円

※足場代は含んでおりません。

※2階建ての戸建て住宅の場合です。

外壁と屋根の塗装の費用目安を知りたい場合は、上の2つの表の金額を足してみると良いでしょう。

「費用や施工についてもっと具体的な話が聞きたい」とご希望の方は、いえふくのチャットでお気軽にメッセージをお送りください。いえふくスタッフが対応いたします。

正確な費用を手軽に早く知りたい方は、住宅の外観・図面の写真を送るだけで見積もりがとれる「撮るだけ見積もり」をぜひご利用ください。

「撮るだけ見積もり」の詳細は、いえふくトップページから確認できます。

条件別の費用の傾向

外壁塗装の費用は、さまざまな条件により異なってきます。

塗料のグレード

外壁塗装の費用に、まず関わってくるのが塗料の種類(グレード)です。

塗料の種類は、外壁塗装の費用や耐久年数に大きく影響します。

以下の表は、主な塗料の単価相場と耐久年数です。

塗料

単価㎡

耐久年数

アクリル

1,000~2,000円

3~5年

ウレタン

1,500~2,500円

5~7年

シリコン

2,300~3,000円

7~15年

フッ素

4,000~5,000円

15~20年

ラジカル

2,500~3,000円

13~16年

無機塗料

4,500~5,500円

20~25年

※あくまで目安です。

外壁の塗料は、主成分の種類や機能性で分類されていて、種類によって価格や耐久年数、機能などが異なります。

現在日本の戸建て住宅では、シリコン系塗料が高いシェアを占めています。価格と耐用年数のバランスが良い塗料です。

いえふくは、ご自宅の1回目の塗り替えに「アレスダイナミックトップ」をおすすめしております。

この塗料の特徴は、耐久年数は15年程度と長めですが、単価は抑えられており、非常にコストパフォーマンスの高いことです。

「ラジカル制御」と呼ばれる技術で耐久年数を延ばしたシリコン系塗料で、創業100年以上の老舗塗料メーカー・関西ペイントの製品です。

施工前
施工後

使用する色の数

同じ面積の塗装で、1色だけの塗装の場合と2色以上の塗装の場合とでは、2色以上の塗装の方が、数千円~数万円、費用が上乗せになる場合があります。

色の組み合わせを気軽に試したい方は、いえふくの3Dカラーシミュレーションをご活用ください。

住宅の階数

住宅の階数が低いほど、外壁塗装の費用は下がる傾向にあります。

現在日本の住宅で一般的なのは2階建てですが、1階建て(平屋)の塗装費用は2階建てに比べ安めで、3階建ての塗装費用は高めです。

階数が低いほど、塗装面積が狭くなったり、足場の必要な高さが下がって足場の設置費用が安くなったりするからです。

半面、階数が増えるにつれて塗装面積も増え、足場代も高くなる傾向にあります。

住宅の築年数

一般的には、築年数が20年や30年を超えてくると、外壁塗装の費用はかさみがちです。

古くなった住宅は、外壁が傷んできていて、塗装前の下準備のコストが高くなる傾向にあるためです。

外壁の面積

外壁の面積が大きいほど、外壁塗装の費用は高くなっていきます。

外壁の面積を正確に出すには、図面を見るのが最も確実で間違いがありません。

延床面積(各階の床面積の合計)と係数を用いた計算式で外壁面積を出す方法が紹介されていることがありますが、これはあくまで概算に過ぎません。

同じ延床面積でも、住宅の構造によって、外壁の面積は異なるからです。

いえふくの「撮るだけ見積り」は図面から正確な塗装面積を算出し、正確なお見積りがご提示可能でございます。ぜひご活用ください。

外壁塗装の一般的な費用の内訳

外壁塗装費用の基本的な内訳は、次の通りです。

  • 仮設足場代
  • 飛散防止シート代
  • 高圧洗浄代
  • 養生代
  • 下地処理代
  • コーキング代(サイディング外壁の塗装の場合)
  • 塗装代(下塗り、中塗り、上塗り)

いえふくの場合は、見積書で「仮設足場」と「飛散防止シート」を「仮設足場設置 掛け払い共」の項目に、「下地処理」と「下塗り」を「下地強化剤塗布」の項目にまとめております。

いえふくの見積書の見本や、外壁塗装の見積書のチェックポイントは下記をご確認ください。

あくまで目安ですが、項目ごとの単価相場は以下の通りです。

項目

単価

仮設足場

600~1000円/平米

高圧洗浄

100~300円/平米

養生

100~300円/平米

下地処理

作業内容による

コーキング

900~1,500円/平米

下塗り

500~1,000/平米

中塗り

1,500~4,500/平米

上塗り

1,500~4,500/平米

費用には業者の種類も関係する

戸建て住宅の外壁塗装を受注している会社は、規模や形態で大きく3つに分けられます。

  1. ハウスメーカー
  2. リフォーム会社
  3. 塗装店

ハウスメーカーやリフォーム会社の塗装工事は、塗装店と比べると高額になりがちです。

理由としては、下請け業者が施工するためマージンが発生することや、広告・営業にかけている多大な費用を回収するため工事価格を高めに設定せざるを得ないことがあります。

一方で、塗装店の施工は比較的リーズナブルなことが多いです。ハウスメーカーやリフォーム会社と異なり、自社施工で、営業や広告にかけているコストが少なめな傾向にあるためです。

いえふくも、自社職人で施工をしているため、大手のハウスメーカーやリフォーム会社のようなマージンは発生しません。

さらに、インターネット上の集客に力を入れる代わりに営業マンを使わないことで、低価格・安心品質の施工を実現しています。

「使う塗料のグレードや施工の質を落とさず、できるだけ低価格で塗装したい」とご希望の方は、ぜひいえふくまでお気軽にご相談ください。

外壁塗装のお金に関する注意点

お金に関する注意点を前もって知っておくことは、トラブル回避や、悪徳業者に狙われないために重要です。

大幅な値引きは理由を確認!

1度見積もりを出した後に、業者が10万円単位の大幅な値引きを提案してきたら、値引きできる理由をしっかり確認しましょう。

外壁塗装の費用の大部分は、塗料代や人件費など、外壁塗装を施工するのに削れない必要なコストです。

数千円~数万円の値引きなら可能な場合もありますが、10万円単位の値引きは難しいもの。

施工品質が落ちかねないほど人件費を削っていたり、もともと相場より高額な見積もりを出していたりするかもしれないので、不自然なほど大幅な値引きには注意しましょう。

見積書はしっかりチェック!

「工程ごとの単価・金額や塗装面積が記載されているか」「使用する材料(塗料)の製品名がわかるか」などをチェックしましょう。何にいくらかかるのか明確でわかりやすい内訳の見積書が安心です。

1社目の見積書に不安や違和感を覚えたら、別の業者からも見積もりをとってみると良いでしょう。

「相見積もりのために、また業者に家に来てもらったり打ち合わせをしたりするのは面倒くさいなあ」とお悩みでしたら、住宅の外観・図面の写真を送るだけで正確な見積書がとれる「撮るだけ見積もり」をぜひご利用ください。

追加費用が発生する場合もある!

事前にしっかり見積もりをしていても、実際の作業に入ってから追加費用が発生するケースもあります。

業者から追加費用の相談や請求があったら、「何に、なぜ、いくらかかるのか」を確認し、初めの見積書と同様に、追加費用についても書面に残してもらいましょう。

後になってから「言った言わない」でトラブルにならないよう、書面に残しておくことは大事です。

いえふくも、トラブル防止などの観点から、施工の箇所や単価をすべて書面に明記しております。

支払方法の確認もお忘れなく!

代金のお支払いについても事前に確認しておきましょう。

最も一般的な支払い方法は現金振り込みですが、最近ではカード払いやリフォームローンに対応している業者も増えてきています。

いえふくでは、現金振込・各種クレジットカード・ローンに対応しております。

くわしくは、いえふくご利用ガイドをご参照ください。

外壁塗装を本当の意味で安くするコツとは

目先の工事費だけを安くするのではなく、長期的な外壁のメンテナンスコストを抑える意味での「安く」するコツをご紹介します。

早めに塗装を検討しよう

早めに塗装しておくと、外壁の状態が良好に保たれやすくなり、将来的に、外壁の大規模な修繕工事や交換工事が必要になるリスクを下げることができます。

塗装には、外壁が水気を吸って傷むのを防止する効果があるからです。

塗装工事の費用を低く抑えやすいメリットもあります。

築年数が浅いほど、経年劣化によるひびや欠けが少なく、塗装前に外壁の状態を整えたり修理したりする手間・コストが少なく済むからです。

いえふくは、築10年のタイミングでの塗装をおすすめしております。

築10年であれば、外壁の修理費用がかさむことはほとんどないですし、このくらいのタイミングで塗装するかどうかで、20年後の家の状態が変わってきます。

屋根や各種付帯部分もまとめて塗装しよう

外壁を塗装した後、数年たってから屋根や付帯部分を塗装するより、塗装の必要がある部分はまとめて塗装するのがお得です。

1度設置した高所作業用の足場を各部分の塗装に併用できますし、材料の運搬代金や人件費などが一度で済むためです。

まとめての塗装であれば、別々に塗装するより単価が少し安くなることもあります。

いえふくの標準工事は、外壁と屋根、各種付帯部分を塗装するプランとなっております。

いえふくの塗装プランの詳細は、以下をご確認ください。

安さだけで塗料を選ばないようにしよう

「費用を抑えよう」と思うと、どうしても安価な塗料を選びがちです。しかし、安い塗料は耐久年数が短く、10年もたたないうちに次の塗り替えが必要になることもあります。

塗り替えが必要になる回数が多ければ、長い目で考えたときの外壁のメンテナンスの総コストは高くなってしまいます。

このため、安さだけで塗料を選ぶのはおすすめできません。塗料は、価格と耐久年数の両方を考えて選びましょう。

メーカーの標準色から色を選ぼう

色の選択肢は大きく2種類に分けられます。メーカーから出ている標準色から選ぶか、調色(希望の色を作ってもらうこと)をお願いするかです。

調色はコストがかかるので、費用を抑えるのであればメーカーの標準色から選ぶ方が良いでしょう。

補助金・助成金がないか調べてみよう

地域によっては、外壁塗装で自治体の補助金・助成金がもらえる可能性があります。

ただし、条件つきであることに注意が必要です。

条件の例としては、次のようなものがあります。

  • 遮熱塗料を使った塗装であること(省エネ推進を目的とする補助金の場合)
  • 税金の滞納がないこと
  • 居住目的の建物であること

補助金・助成金について、くわしくはこちらを参考にしてみてください。

いえふくの「撮るだけ見積もり」が安い理由

  • 外壁塗装をしたいけど、お金のことがネックで……。
  • 安くやりたいけど、代わりに工事の質が下がるのは困るなあ。

上記のようにお悩みの方は、いえふくの「撮るだけ見積もり」をぜひご利用ください♪

いえふくの外壁塗装には、次の2つの特長があります!

  1. 安心の自社施工!下請けを使わないのでマージンなし
  2. 営業マンを使っていないので、営業コストを工事価格で回収する必要なし

このように、施工の品質には関わらない部分のコストを削っているため、低価格・高品質の施工が可能です。

さらに、いえふくの「撮るだけ見積もり」は、オンラインで見積もりから契約まで完結!

家にいながら手軽に正確な見積書がとれます!

「オンラインで見積もりがとれるってどういうこと?」「本当に低価格なの?」など疑問の方は、はじめての塗装説明会にご予約ください。

アプリダウンロード不要の「いえふく専用ビデオ通話」で、いえふくスタッフがサービスのご説明をいたします!

まとめ

外壁塗装の相場や費用の傾向を解説しましたが、実際の費用は住宅によるので、見積もりをとってみるまで正確な価格はわからない点に注意が必要です。

見積もりや費用のことで何か不安があれば、いえふくのチャットまでお気軽にご相談ください。

いずれにしろ、施工品質を落とさずにコストを下げるには、

  • 早め(築10年くらい)の塗装
  • 屋根や付帯部分もまとめて塗装
  • 価格と耐久年数を考えた塗料選び
  • 自社施工の塗装店で塗装

などが大切です。

いえふくは、外壁塗装の確かな実績をもつ自社施工の塗装店です。

外壁についてのお悩みは、いえふくまでお気軽にご相談ください。

監修者プロフィール

飯田 祟(いえふく代表)

いえふく代表の飯田です。皆さまが大切なマイホームに末永く住み続けられるよう、塗装を通じて日々奮闘しております。ご自宅の塗装のお悩みに、真摯におこたえいたします。