外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

みんなの外壁塗装ガイド

はじめてでも失敗しない!外壁塗装の相見積もりを業者に依頼する手順

「業者から見積もりをとったが、この見積もりは適正な価格なのだろうか」
「相見積もりをしたいが、どのような手順で依頼すればいい分からない」

初めての外壁塗装で、誰であっても失敗したくありません。人生でそう何度も行うものではないからこそ、不安に思うことが多いでしょう。

とはいえ、自宅の外壁の劣化が目立ちはじめていたり、相見積もりが大事とは聞いているが、手順が分からず先延ばしにしたりしている人もいるかと思います。

この記事では、外壁塗装が初めてで、失敗したくないと思っている人に向けて、外壁塗装の相見積もりを業者に依頼する手順をご紹介します。

目次
  1. 相見積もりとは?
  2. 外壁塗装で相見積もりが必要な3つの理由
  3. 相見積もりの進め方
  4. 相見積もりをするときの注意点をご紹介
  5. まとめ

相見積もりとは?

相見積もりとは、複数の業者から同じ条件で見積もりをもらい、比較・検討することです。たとえば、日常生活の場合引っ越しや車の査定など、複数の業者から見積もりをもらい、業者を比較・検討して決めた経験があるかと思います。

別の呼び方として「あいみつ」と略されることもありますが、相見積もりとは同じ意味で、業界用語として使われることが多くあります。

外壁塗装で相見積もりが必要な3つの理由

引っ越しや車の査定でも、相見積もりをするように、外壁塗装でも相見積もりが必要です。相見積もりの必要性をしっかりと把握し、納得のいく外壁塗装にしましょう。

外壁塗装の相場や価格がわかる

相見積もりをすると、外壁塗装の相場や価格がわかります。1社からの見積もりであれば、基準がなくその見積もりが適正かどうかわかりません。たまたま依頼した業者が悪徳業者であれば、目も当てられません。

複数から同じ条件での見積もりを取ると、例外がなければ同じような金額の見積もりがきます。同じような金額であれば、その地域の外壁塗装の相場と言えるでしょう。なので、意思決定しやすくなり納得のいく工事ができます。

業者の見極めに役立つ

相見積もりは、業者の見極めにも役立ちます。1社だけであれば、提案された内容が正しいかどうか、信頼のおける業者なのかどうか分かりません。しかし、複数の業者から見積もりをもらうことによって、その業者のいい点・悪い点が鮮明に分かります。

たとえば「A社の見積もりの方が読みやすく、親切だった」「B社の見積もり書は項目も少なく、雑に感じた」など、見積もり書からも会社の姿勢や仕事の丁寧さがみえてきます。価格だけではなく、信頼のおける業者を見つけるためにも相見積もりはとても大切です。

お金や労力にかかる費用を下げられる

相見積もりは、無駄なお金や労力を大幅に抑えられます。相見積もりで厳選した信頼のおける業者は、見積もりの説明を丁寧にしてくれ、適正な価格で無駄のない工事をしてくれます。また、トラブルが少なく、万が一トラブルが起こっても、すぐに対応してくれます。

だれも塗装工事に、お金や労力をかけたくはありません。相見積もりをすることによって、優良な業者に出会える確率がグンと上がり、お金や労力を減らせます。

相見積もりの進め方

相見積もりの進め方には、4つのステップがあります。

  1. 事前準備
  2. 相見積もりをしてもらう業者の候補選び
  3. ②で選んだ各業者へ相見積もりの依頼をする
  4. 見積書を確認し、実際に外壁塗装を頼む業者を1つに決める

下記でくわしく解説します。

①事前準備

相見積もりの進め方のファーストステップは「事前準備」です。

事前準備するものとして、5つあります。

1.色の希望を決めておく

外壁の色を決めておきましょう。希望の色が取り扱っていない場合もありますので、いくつかピックアップしておくと安心です。

「外壁の色選びに迷っている」とお困りの方にはこちらの記事がおすすめです。

<参考記事>外壁塗装で人気の色&上手な色選びのポイント【塗装予定者必見】

2.概算で予算を決めておく

概算で予算を決めるには、外壁塗装の相場を知っておくことが必要です。

予算のことでお悩みの方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

<参考記事>外壁塗装の正しい相場|比較ができて見積もり書の確認にも便利!

3.家の築年数を確認しておく

家の築年数は、外壁塗装する上で重要な判断基準になります。聞かれた際には、答えられるようにしましょう。特に、築年数が10年以上の場合は、劣化が目立ってくる年数なので注意が必要です。

4.家の図面

業者が住宅の構造を確実に把握するためには、住宅の図面が必要です。しかし、お客様の中には図面をなくしてしまった、という方も多いのではないでしょうか。図面がなくても、見積もりを出したり塗装したりはできますので、なければ事前に業者に相談しておきましょう。

5.外壁や屋根、雨戸などその他の悩みや希望を書き出しておく

たとえば「どんな工程で工事が進むのか」「塗装と一緒に、雨戸や庇を交換してほしい」など、気になっていることがあれば、書き出しておきましょう。

②相見積もりをしてもらう業者の候補選び

外壁塗装の相見積もりを依頼する業者として、主に3種類あります。

  • 塗装専門店
  • ハウスメーカー
  • リフォーム会社

3つの業者について、下記の通りメリット・デメリットをまとめました。

塗装専門店

メリットリーズナブルな価格
施工塗装の専門家なので安心

デメリット塗装店によって技術レベルやサービスの差が激しいため、慎重業者選びが必要

ハウスメーカー

メリット他の箇所のリフォームもまとめて依頼できる
住宅の情報(建材の種類や図面など)を把握しているので安心

デメリット下請けの仲介料が上乗せされるため工事料金が高い
使用できる塗料や色が限定されている

リフォーム会社

メリット内装など他の箇所のリフォームもまとめて依頼できる

デメリット下請けの仲介料が上乗せされているため工事料金が高い

相見積もりを、より確実にきちんとした業者に依頼するためには、下記の3つの条件を満たした業者に見積もりを依頼しましょう。

1.施工実績があること

施工実績が多くあれば、それだけ工事の質が高く、お客様の満足度が高いといえます。また、ご自宅と同じような条件での施工実績があれば、同じように工事してくれる可能性が高いでしょう。

いえふくは、グループ合計お見積り件数が22,203件以上と外壁塗装の実績多数。

<まずは無料でお見積り!いえふくでは無料で外壁塗装に関するお見積り・ご相談ができます。

2.外壁塗装に関する資格や許可があること

外壁塗装に関連する資格や許可についてはこちらの記事で解説しています。

<参考記事>信頼できる外壁塗装業者とは?こんな資格や許可を持っている業者を探そう

3.しっかり現地調査(建物調査)を行っていること

しっかりとした現地調査は、適正な価格を算出するには不可欠。もし適当な調査を業者がしていれば、注意が必要です。どのように現地調査をしているか、業者を注意深く観察することが業者選びのコツです。

③ ②で選んだ各業者へ相見積もりの依頼をする

業者を精査できたら、各業者へ相見積もり依頼をしましょう。
依頼する際の手順は、以下になります。

  1. スケジュール(業者の現地調査の立ち合いや予算等の打合せ)を3つ程度あげておく
  2. 電話やメールで問い合わせて、打合せのスケジュールを調整する

見積もりにかかる時間は、一般的に1時間程度です。通常より見積もりに時間がかかる可能性も考え、2~3時間のつもりで予定を組んでおきましょう。

見積もり依頼と連絡時のマナー

見積もり依頼する際は、はっきりと「相見積もりです」と伝えましょう。メリットは下記の2つです。

  • 業者同士の競争心理を促して、サービスや価格をよりいい条件で交渉ができる
  • じっくりと比較・検討ができ、納得のいく業者と契約ができる

また、相見積もりする際のマナーとして、やってはいけないことがあります。それは「もらった資料や情報を他の業者に公開すること」です。もらった資料を他の業者に公開することは、法律上問題はありません。しかし、倫理やモラル的にはよくありません。

見積もりには業者が時間をかけて積み上げてきたノウハウなど、他には知られたくないものも多いはず。それをないがしろにする行為は好ましくありません。お互いに納得いくような相見積もりをして、気持ちのいい工事にしたいものです。

④見積書を確認し、実際に外壁塗装を頼む業者を1つに決める

相見積もりでいくつかの見積もり書をもらったあとには、見積もりをとった業者の中から、1社だけを選ばなければなりません。

業者選びの基準として「見積もり書の内容が詳細に記載されているか」は重要です。見積もり書を見て、記載されてあるべき項目がすべてきちんと明記されているかどうかは、業者選びの基準の1つになります。

見積もり書の見方

見積もり書の見方や、見積もり書の良い例については、以下の記事を参考にしてみてください。

<参考記事>外壁塗装の見積もりシミュレーション
相場価格と見積もり書の見方

<参考記事>【決定版】外壁塗装見積もり書の良い例はこれ!業者の見極めに必須

上手な断り方

相見積もりを1つに絞るのですから、他の業者を断らなければいけません。

見積もりした業者への上手な断り方については、以下の記事を参考にしてみてください。

<参考記事>見積もりした外壁塗装業者への上手な断り方|相見積もりした方必見

相見積もりをするときの注意点をご紹介

ここまで相見積もりが必要な理由や、相見積もりの進め方などを細かく説明しましたが、いかがでしたでしょうか?参考までに相見積もりをするときの注意点をまとめましたので、ぜひご覧ください。

見積もりをとるのは3社程度にしておく

あまりにたくさん見積もりをとると、選択肢が増えすぎて業者選びが大変になります。

全ての見積もりで条件(塗装工事の予算や外壁の色など)を揃える

塗装箇所が違うなどの条件が異なる見積もり書を公正に比較するのは困難です。

見積もりにあたっての条件は前もって決めておく

条件を全く決めておかず、業者との話し合いのときにその場の思い付きで条件を決めると、全ての見積もりで条件をそろえることが難しくなります。

大幅値引きに飛びつかない

大幅な値引き(10万円以上)をすることにより契約をとろうとするやり方は、悪質業者の可能性が高いです。

格安業者に飛びつかない

塗装工事は安ければよいわけではありません。安すぎる塗装は、必要量よりも少ない塗料で塗装したり、プロではなく人件費の安いアルバイトに施工させたりして、コストカットをしている恐れがあります。このような施工の塗装は、数年後に剥がれや膨れを起こすリスクがあるので要注意です。

一括見積もりサイトには注意!

一括見積もりサイトとは、住宅の階数や連絡先を登録すると、そのWebサイトに加盟している複数の塗装業者から見積もりの連絡がくるサイトです。
情報を入力するだけで複数の業者から連絡がきて、安い価格で施工できるのが特徴です。
しかし、連絡してくる業者のすべてが低価格で良心的な業者とは、必ずしもいえないのが現実です。

一括見積もりサイトの運営の仕組みや現状はどのようなものなのか、利用するメリットやデメリット、利用する際の注意点など、一括見積もりサイトについて詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

<参考記事>外壁塗装の一括見積もりサイトの真相!塗装店だから分かる仕組みや注意点を大公開!

まとめ

今回は、はじめてでも失敗しない、外壁塗装の相見積もりを業者に依頼する手順を解説しました。外壁塗装で失敗しないためには、相見積もりは必須で、理由は3つあります。

  • 外壁塗装の相場や価格がわかる
  • 業者の見極めに役立つ
  • お金や労力にかかる費用を下げられる

後悔しないためにも、相見積もりの手順をしっかりと踏み、5つの注意点に気をつけながら進めていきましょう。