外壁塗装の相見積もりが必須である理由|スムーズな手順と注意点紹介


自宅の外壁塗装にあたり、

  • 相見積もりって本当に必要?
  • 見積もりしてもらった業者のなかから、どんな基準でどんな業者を選べばいいの?

このように悩んではいないでしょうか。

この記事では、相見積もりが必要な理由や見積もり書の見方、業者選びの基準などを紹介しています。
相見積もりにあたって準備しておきたいことや、相見積もりの手順・ポイントも解説。

外壁塗装で相見積もりをするかどうかで迷っている方、相見積もりで不安のある方はぜひご一読ください。

目次
  1. 外壁塗装は相見積もりすべき!理由はこの3つ
  2. 見積もり依頼の手順とポイント!相見積もりで準備しておくこととは?
  3. 相見積もりをしてもらう業者の選び方
  4. 外壁塗装現地調査でチェックするポイント!
  5. 外壁塗装相見積もり後の業者選び方~断り方まで!
  6. まとめ

外壁塗装は相見積もりすべき!理由はこの3つ

外壁塗装で相見積もりをするべき理由は、次の3つです。

自宅の外壁塗装の相場がわかるから

1社からだけ見積もりをとると、その見積もり額が適正なのか(相場と近いのか)判断するのが難しいです。

しかし、たとえばA社・B社・C社の3社から見積もりをとった場合、
「A社の見積もりはやけに高いな。B社、C社は大体同じ額だし、このくらいが相場なのかな」
などのように判断できます。

業者の見極めに役立つから

1社だけに見積もり書を出してもらうと、
「外壁塗装の見積もり書って、こんなものなのかな」
と思い、細かいチェックはせずそのまま契約することになるかもしれません。

しかし、複数の業者に見積もり書を出してもらえば、
「こっちの業者の見積もり書の方が親切だな」
「この業者の見積もり書は項目も少ないし雑な感じがする」
などのように比較し、業者の良し悪しを見極めることができます。

お金や労力などのコストを結果的に下げられるから

外壁塗装の業者選びを間違うと、後になってから余計なお金や労力がかかる場合があります。

外壁塗装を含め、リフォーム関係の悪質業者でよくある手口ですが、以下のような事態になるケースがあるのです。

  • 工事が始まってから「ここも補修した方がいい」などと追加工事を強く勧められ、勧められたままに追加工事をした結果、契約当時よりも費用が高額になる
  • 工事の期間中、業者の大きな話し声やたばこのポイ捨てなどで近所からクレームが来て、対応に追われることになる

もちろん、相見積もりさえすれば100%悪質業者を避けられるわけではありません。
しかし、相見積もりをしておいた方が、悪質業者に引っかかり余計なお金や労力を使う羽目になる確率を下げられます。

見積もり依頼の手順とポイント!相見積もりで準備しておくこととは?

相見積もり依頼の手順

相見積もりを依頼するときの手順は、大まかに以下の通りです。

  1. 見積もりに都合のいい日時(業者の現地調査に立ち会ったり、予算などについて業者と話し合ったりする時間を作れる日時)を3つほど挙げておく
  2. 電話やメールで業者に見積もりの依頼をし、見積もりの日時の調整をする。業者によってはWebサイトやLINEでも受け付けている場合がある

見積もりにかかる時間は、一般的に1~2時間ほどです。通常より見積もりに時間がかかる可能性も考え、2~3時間のつもりで予定を組んでおくと安心でしょう。

相見積もりをするときのポイント

外壁塗装で相見積もりをするときのポイントは、以下の5つです。
相見積もりで陥りやすい間違いを防止するため、確実に押さえておきましょう。

ポイント 理由
見積もりをとるのは3社程度にしておく あまりにたくさん見積もりをとると、選択肢が増えすぎ、業者選びが大変になります。
全ての見積もりで条件(塗装工事の予算や外壁の色など)をそろえる 塗装箇所が違うなどの条件が異なる見積もり書を公正に比較するのは困難です。
見積もりにあたっての条件は前もって決めておく 条件を全く決めておかず、業者との話し合いのときにその場の思い付きで条件を決めると、全ての見積もりで条件をそろえることが難しくなります。
大幅値引きに飛びつかない 大幅な値引き(10万円以上)をすることにより契約をとろうとするやり方は、悪質業者の典型的なやり口です。
格安業者に飛びつかない 塗装工事は安ければよいわけではありません。安すぎる塗装は、必要量よりも少ない塗料で塗装したり、プロではなく人件費の安いアルバイトに施工させたりして、コストカットをしている恐れがあります。このような施工の塗装は、数年後に剥がれや膨れを起こすリスクがあります。

相見積もりで準備しておくこと

見積もりのため業者を呼ぶ前に以下の準備をしておくと、見積もりがスムーズになります。

  • 大体の予算を決めておく
  • 色の希望を決めておく
  • 住宅の図面を用意しておく
  • その他、外壁や屋根、雨戸やひさしなどに関する悩みや希望を書き出していく

大体の予算を決めるのには、外壁塗装の相場を知っておくことが必要です。予算のことでお悩みの方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

こちらの記事もチェック

「せっかくの塗装だから外壁の色を変えようかと思うが、色選びに迷っている」とお困りの方には、こちらの記事がおすすめです。

こちらの記事もチェック
こちらの記事もチェック
外壁塗装のカラーシミュレーション!配色の組み合わせやソフトを紹介!

外壁塗装のカラーシミュレーション!配色の組み合わせやソフトを…

外壁・屋根塗装について調べていれば、「カラーシミュレーション…

業者が住宅の構造をより確実に把握するため、住宅の図面はあった方がいいです。しかし、図面がなくても見積もりを出したり塗装したりできるので、図面がないからといって慌てることはありません。

相見積もりをしてもらう業者の選び方

外壁塗装の見積もりを頼める業者と、注意すべきタイプの業者を解説します。

外壁塗装の見積もりを頼める業者

外壁塗装の見積もりを依頼する先としては、主に次のような業者がいます。

業者の種類 メリット デメリット
塗装専門店
  • リーズナブルな価格の施工
  • 塗装の専門家なので安心
  • 塗装店によって技術レベルやサービスの充実度の差が激しいため、慎重な塗装店選びが必要
ハウスメーカー
  • 内装など他の箇所のリフォームもまとめて頼める
  • 住宅の情報(建材の種類や図面など)を把握しているので安心
  • 下請けの仲介料が上乗せされるため、工事料金が高い
  • 使用できる塗料や色がハウスメーカーによって限定されている場合がある
リフォーム会社 ・内装など他の箇所のリフォームもまとめて頼める ・下請けの仲介料が上乗せされるため、工事料金が高い

見積もりを依頼しても、「この業者には頼みたくないな」と思えば施工を断れるので、相見積もりの依頼先選びで神経質になることはありません。

しかし、もし「相見積もりも、できるだけ確実に、きちんとした業者に頼みたい」と思うのであれば、以下の2点の条件を満たした業者に見積もりを依頼しましょう。

  • 施工実績があること
  • 外壁塗装に関する資格や許可があること

外壁塗装に関連する資格や許可については、こちらの記事で解説しています。

こちらの記事もチェック

ただし、一括見積もりサイトについては、「後で断れるし、とりあえず見積もりだけ」などの軽い気持ちで利用すべきではありません。

一括見積もりサイトには注意!

一括見積もりサイトとは、住宅の階数や連絡先を登録すると、そのWebサイトに加盟している複数の塗装業者から見積もりの連絡がくるサイトです。

一度条件を登録するだけでいいのなら「便利そう」と思うかもしれません。しかし、一括見積もりサイトを経由して外壁塗装の見積もりをとることは、あまりおすすめできません。一括見積もりサイトを利用したことを後悔する羽目になる恐れがあります。

ペンキ王の塗装職人のなかには、以前一括見積もりサイトに加盟していた方もいます。その方の体験談を踏まえ、一括見積もりサイトの詳細を書いた記事がこちらです。

こちらの記事もチェック

外壁塗装現地調査でチェックするポイント!

外壁塗装の見積もりでは、必ず現地調査(建物調査)を行います。セルフ見積もりサービスを提供しているペンキ王でも、最終的な見積もりの決定には、お客様の住宅の調査が必要です。

現地調査に立ち会い、「しっかり現地調査を行っているか」をチェックすることも、業者選びでは大切になります。

外壁塗装相見積もり後の業者選び方~断り方まで!

相見積もりでいくつかの見積もり書を手に入れた後には、見積もりをとった業者のなかから、塗装工事を実際に施工してもらう業者を1社だけ選ばなければなりません。

業者選びでは重要なことの1つが見積もり書です。
見積もり書を見て、記載されてあるべき項目が全てきちんと明記されているかどうかは、業者選びの基準の1つになります。

見積もり書の見方や良い見積もり書の例については、以下の記事を参考にしてみてください。

こちらの記事もチェック
こちらの記事もチェック
【決定版】外壁塗装見積もり書の良い例はこれ!業者の見極めに必須

【決定版】外壁塗装見積もり書の良い例はこれ!業者の見極めに必…

「外壁塗装の相見積もりを取ったけれど、見積もり書の見方がわか…

業者が決まった後には、塗装してもらうことを決めた1社以外の業者に断りの連絡をしなければなりません。
「何と言って断ろう」と悩んでいるのであれば、こちらの記事がおすすめです。

こちらの記事もチェック

まとめ

外壁塗装で相見積もりを行うことには、業者の見極めに役立つなど、いくつかのメリットがあります。

見積もりの条件をそろえるなど、相見積もりにあたってのポイントをしっかり押さえて相見積もりをし、良い業者に塗装を依頼したいものですね。

ペンキ王は、建物調査と、お客様のご希望やお悩みの聞き取りをていねいに行い、わかりやすく安心な見積もり書をお客様にお渡ししております。

下記のいずれかに当てはまる方は、ペンキ王にお気軽にお問い合わせください。

  • 外壁塗装の相見積もりをするつもりでいる
  • 自宅の外壁塗装を検討している
  • 最近、我が家の外壁の汚れやひび割れが気になってきた
  • 近所の家が外壁塗装をしているのを見かけたけど、我が家もそろそろ塗装するべきか悩んでいる

「見積もりをとろうとは思っているけど、お金に不安があるし、いきなり業者を呼ぶのはちょっと……」とためらわれている方には、ペンキ王のセルフ見積もりサービスがおすすめです。

ご自宅の情報(階数や延べ床面積など)をご入力いただくことで、費用の目安を付けることができます。

一括見積もりサイトのように、入力した情報が不特定多数の業者に流されることはありませんので、ご安心ください。

セルフ見積もりサービスについてくわしいことは、こちらのページから確認できます。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ