外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

お電話でのお問合せ9:00~18:00

0120-900-971

みんなの外壁塗装ガイド

外壁塗装の一括見積もりサイトの真相!塗装店だから分かる仕組みや注意点を大公開!

インターネット上に情報があふれる昨今。塗装業者を探そうと検索したのはいいけれど、情報が多すぎて混乱している方も多いのではないでしょうか。

そのようなとき、つい目をひくのが

  • 「登録だけで10社の見積もり!」
  • 「塗装が40%安くなる!」

などをうたった一括見積もりサイトの広告です。

たしかに、情報を入力するだけで複数の業者から連絡がきて、安い価格で施工できるのは魅力的です。しかし、連絡してくる業者のすべてが低価格で良心的な業者とは、必ずしもいえないのが現実です。
そこで今回は、いえふくが塗装店の立場から、一括見積もりサイトの運営の仕組みや現状はどのようなものなのか、利用するメリットやデメリット、利用する際の注意点など、一括見積もりサイトについてご紹介します。

一括見積もりサイトの運営の仕組みと現状

一括見積もりサイトとは、自宅の住所や電話番号、住宅の階数や築年数などの情報を登録して、複数の業者に一括で見積もりを依頼できるサイトです。

一括見積りサイトに登録すると、複数の施工店から、電話やメールが届きます。
連絡があった施工店と、見積りの日取りを決め、施工店は現地調査をして見積もりを出します。そして、最終的に依頼する1社を決定して契約を結びます。
サイトに沿って、情報を入力するだけで見積もり書が取れるので、気軽に利用している人も多くいらっしゃいます。

ここでは、実際の塗装業者の視点から一括見積サイトの運営の仕組みと現状を解説します。一括見積もりサイトにはメリットもありますが、同じくデメリットもあります。

一括見積もりサイトの運営の仕組み

一括見積サイトの運営の仕組みを見ていきましょう。
具体的には、下記2点を解説します。

  • 一括見積もりサイトを利用する場合、塗装工事の施工まではどんな流れなのか
  • 一括見積もりサイトの運営会社は、どのようにして利益を得ているのか

まずは、お客様が一括見積もりサイトに情報を登録してから、塗装が完了するまでの流れについてご紹介します。

  1. お客様が一括見積もりサイトに情報を登録する
  2. 一括見積もりサイトの運営会社が、お客様の情報をサイトに加盟している複数の業者に流す
  3. 情報を受け取った業者が、電話やメールなどでお客様に連絡をする。見積もりを作成するために、お客様のお住まいに現地調査にうかがう日取りなどを決める
  4. 複数の業者から見積もりをとったお客様が、そのなかでどの業者に依頼するかを決めて契約を確定し、塗装工事が行われる

1~4のなかで、運営会社に利益が発生するのは以下の2点です。

「複数の業者に情報を流す」

「契約を確定し、塗装工事が行われる」

運営会社は業者に情報を流す際に、情報提供料(紹介料)を業者に請求します。契約が確定すると、工事費用のうちの数パーセントを業者から徴収します。また、加盟している業者に対して、数十万円単位のサイトへの加盟金や月々の会費を請求しているサイトもあります。

一括見積もりサイトの現状

一括見積サイトは、お客様にとってみれば費用もかからず、業者を探す手間もかからないためメリットしかないようにもみえます。しかし、デメリットも多くあるのが現状で、しっかりとサイトの現状を把握したうえで、利用するかしないかを決めましょう。

無責任な運営会社も少なからず存在する

すべての業者が無責任だとは言い切れませんが、一括見積もりサイトの運営会社の中には、無責任な業者も少なからず存在します。
たとえば、業者とお客様の間でトラブルが発生した場合でも、深く関与しようとはあまりしません。また、塗装工事終了後、塗装工事の不備をお客様から訴えられたとしても、塗装業者に一任するような対応をしているケースもあるとのこと。
実際にすべての運営会社が、不誠実な対応をしているわけではありません。お客様にとって有益で、責任感のある運営をしている会社もあります。

厳選された優良業者とは限らない

一括見積サイトには「厳選された優良業者ばかりです」とうたっているサイトがあります。しかし、すべて鵜呑みにするのは少しリスクがあります。手続きはとても簡単で、審査自体はあまり厳しくなく、契約書にサインするだけの一括見積もりサイトもあるそうです。

一括見積もりサイトに加盟している業者の利益が出にくい

一括見積もりサイトが一概に悪いわけではありません。しかし、サイトの仕組みとして、加盟している塗装業者が疲弊しやすいことや利益が出にくい構造となっている場合が多いです。一括見積もりサイトに加盟すると、さまざまな料金がかかってきます。加盟金や月々の会費、仕事の紹介料など多岐にわたり、負担も増えていきます。

コストをかけた分、塗装の案件が増えればよいのですが、多くの業者はうまく回収できていないのが歯がゆいところ。たとえば、お客様から問い合わせがあってもうまく連絡がつかなかったり、連絡がつながったとしても、「他の業者に決めてしまった」と断られてしまうことが多いとのこと。お客様の対応に追われるのはいいことですが、実際の収益まで結びつかないのが現状です。

一括見積もりサイトはお客様にとっては、費用がかからず便利です。加盟している業者も、うまく活用できればいいのですが、現実はそういきません。サイトの構造上、どうしても業者間での価格競争になってしまい、本当に質の良い施工店ではなく、見た目の費用が安い塗装店にお客様が流れてしまうというのが問題点かと思います。

お客様がトラブルに巻き込まれるケースがある

一括見積もりサイトに登録すると、お客様の登録した情報は加盟している業者に流れます。流れてきたお客様の情報をもとに、加盟している業者はお客様に連絡してきます。

サイトの構造上仕方がありませんが、一括見積もりサイトに登録後は加盟業者から電話やメールで連絡がたくさん来て対応に追われてしまう場合があり、結果お客様自身が疲労するケースがあります。また、工事に不備があったりした場合は、サイト運営会社の対応が悪いとトラブルに巻き込まれるケースもあります。

一括見積もりサイトのメリット・デメリット

一括見積もりサイトにはメリットもあれば、やはりデメリットもあります。メリットばかりに目がいきがちですが、利用して後悔しないためにも、しっかりデメリットも把握することが大切です。下記でくわしく解説します。

メリット

自分で業者を探す手間が省ける

業者を探すのがわずらわしい人にはおすすめです。サイトに個人情報を入力して、登録ボタンを押せば業者から連絡がもらえます。
「自分で業者を探してみたものの、結局どこがいいのかわからない」とお悩みの方には、利用してみるのもひとつの手です。

安くなる可能性はある

サイトの構造上、業者同士の価格競争になりがちです。そのため、お客様は費用が安く抑えられる可能性があります。結果的に、相場よりもはるかに安い価格になることもあるでしょう。
ただし注意が必要なのは、安くしてくれる業者がいい業者とは限らないことです。これについては、下記のデメリットでくわしく解説します。

デメリット

業者からの問い合わせが多くなる

お客様が一括見積もりサイトに登録すると、お客様情報が一括見積もりサイトに加盟した複数の業者に流れます。
すると、一括見積もりサイトに加盟している業者は、お客様情報を元にお問い合わせの電話やメールでアプローチしてきます。

お客様が一括見積もりサイトに登録すると、お客様情報が一括見積もりサイトに加盟した複数の業者に流れます。
すると、一括見積もりサイトに加盟している業者は、お客様情報を元にお問い合わせの電話やメールでアプローチしてきます。

少数ではありますが、業者の中には登録直後や夜中に何度も電話がくるケースがあるとのこと。実際、いえふくに工事を発注して頂いたお客様から「問い合わせに対応しきれず、一括見積もりサイトの利用を控えた」という話も聞きました。

安さばかり求めると失敗する可能性も

同じ塗装工事に対して複数の業者が見積もりを出してきたら、どうしても安い方に目がいきがちです。
しかし、安さばかりを求めると、業者選びで失敗する可能性も。すべての業者ではありませんが、安価な工事は「それなり」な工事であることが大半です。塗装費用の内訳は、足場代、塗料代、施工費などですが、塗装工事を手抜きなしでしっかりやろうと思ったら、どの施工店がやっても大きく費用は大きく変わりません。
もし、相場よりも明らかに安い業者がいたら、次の可能性を疑いましょう。

  • 作業の安全性や質を犠牲にしてでも、足場代を削ろうとしている
  • 使う塗料に安い粗悪品を選んだり、3度塗りしなければならない塗料を2度塗りで済ませたりして、塗料代を浮かせるつもりでいる
  • 工事を雑に行うこと(高圧洗浄を手抜きするなど)で工期を短くし、人件費を浮かせるつもりでいる

上記のような手抜き工事で行われた塗装は、工事後の数カ月で外壁に塗られた塗膜が剥がれたり、外壁にヒビが入ったりする恐れがあります。外壁塗装の相場は、30坪で屋根・外壁塗装一緒に塗った場合、安くても85万~120万程度です。それよりも安い場合は、他社との見積もりを見比べてみましょう。特に、見積書の内訳が記載されておらず、「塗装一式」という風にまとめられてしまっている場合は要注意です。

一括見積もりサイトを利用する際の注意点

「デメリットがあることはわかったけど、それでも一括見積もりサイトを利用したい!」という方もいるかもしれません。一括見積りサイトを利用する上で、最低限覚えておくべき4つの注意点を解説します。

一括見積もりサイトの運営元を確認

一括見積もりサイトには必ず運営会社が存在します。サイトページの下の方に「運営会社」「運営会社情報」などのリンクが用意されているはずですので、そこから確認してみてください。
会社の説明があまりにもそっけなかったり、会社の人間の顔がわかる写真が1枚もなかったりしたら、その一括見もりサイトの利用は避けるべきです。

一括見積もりサイトの施工実績やお客様の声を確認

その一括見積もりサイトに、施工実績やお客様の声などが公開されているか確認しましょう。信頼に足るような実績のある一括見積もりサイトであれば、必ず載せているはずです。

業者の情報を自分でチェック

一括見積もりサイトを経由して、連絡をとってきた施工店についても調査が必要です。
自社ホームページがある業者であれば、必ずそのホームページをチェックしましょう。口コミなどを見てみるのもよいですね。

極端な値引きには要注意

サイトに加盟している業者から「うちならこんなに安くしますよ!」と極端な値引きをして、営業をかけてきた場合は注意が必要です。また、サイト内で「最大40%安くなる!」など、目をひくような広告をしている業者にも冷静な対応をしましょう。
繰り返しになりますが、塗装工事は本来そこまで値引きできるものではありません。無理に値引きしようとすれば、塗料の質を落としたり、作業を雑にして、人件費を浮かせたりするしかありません。つまり、異常なほど安い工事は、手抜き工事の可能性が高いのです。
もちろん、なかには独自の工夫や努力によって、相場よりも安価かつ質の高い工事を実現している業者もいるでしょう。しかし、業者の出した見積もりが「異常なほど安い」と感じるなら、なぜ安いのかをはっきりさせておく必要があります。

見積書や業者の比較方法と外壁塗装の相場

一括見積もりサイトを使うかどうかにかかわらず、相見積もりで業者を決めるには、見積もり書と業者の比較方法、外壁塗装の相場を知っておく必要があります。

見積書の見極め方

外壁塗装の見積書は、単に全体の合計金額だけで見るものではありません。塗装に関する最低限の知識を持った上で、いくつかの必要な項目をチェックする必要があります。
見積書の見極め方は、以下の記事にまとめられています。参考にしてみてください。

業者の見極め方

見積もりの見極め方とあわせて重要なのが、業者の見極め方です。塗装工事は資格が必要なく、手抜きが分かりにくい工事であるため、技術と誠意の両方を備えた業者を探し出せるかどうかがポイントです。
外壁塗装の業者の見極め方は、こちらの記事で解説しています。

外壁塗装の相場

自宅の外壁塗装を行うのに「どの程度の予算を用意すればいいか」や「業者が出した見積書の額は妥当なものかどうか」とお悩みの方も多いでしょう。これらのお悩みを解決するためには、外壁塗装の相場を知っておく必要があります。
外壁塗装の相場については、下記の記事でくわしく説明されています。相場がわからず困っている方は、ぜひご一読ください。

また、いえふくでは、3つの質問で外壁塗装の費用が簡単に算出できる、費用シミュレーションをご用意しています。
あくまでも概算のお見積り額となりますが、いえふくの外壁塗装のお見積りにかなり近いものになっております。
いえふくで塗装した場合の予算感や、外壁塗装相場の確認にお使いください。

営業を呼ばずに簡単にお見積りをする方法とは?

外壁塗装の一括見積もりサイトの利用について、塗装店の立場からご紹介をしてきました。
一括見積りサイトの良い点は、手軽に複数の塗装店に出会えるところです。自分で一から塗装店探しをするのはとても大変です。そんな時、たった1回連絡先を登録すれば、自動的に複数社から連絡をしてくれる一括見積りはとても便利です。
一方で、お客様にとって、必ずしもメリットばかりとはいえない現状もお伝えしました。
一括見積りサイトの構造として、価格競争が起こりやすい現状があります。不当に値段を下げざるをえなかった施工店は、無理な工事を進めてしまいやすく、施工不良の原因となります。
また、必然的に多数の施工店と競うことになるため、お客様への執拗な連絡など、無理な営業が多くなってしまいます。

もし、お客様が「安心して工事を任せられる施工店に頼みたい」と考えておられるようでしたら、いえふくとしては、2~3件で構いませんので、私たちのような施工店に直接ご連絡いただき、見積もりを取られることをお勧めいたします。

いえふくでは、外壁塗装のお見積りを依頼されるお客様に少しでも簡単・手軽に見積り依頼をしていただける方法を考え、「撮るだけ見積り」を開発しました。本来、外壁塗装のお見積りは現地調査が必要とされていますが、いえふくの撮るだけ見積もりは、「1回目の塗装」「建売住宅」「築15年以内」という条件であれば、お住いの写真と図面さえあれば、適切なお見積りを算出することが可能になっております。

営業が何回も訪問し、そのたびに対応をしなくてはならない、というわずらわしさがなく、お見積りをご依頼いただけます。
ご利用は無料ですので、ぜひお気軽にご利用くださいませ!

まとめ