最低価格に挑戦!外壁塗装のペンキ

通話無料 0800-8001630通話無料 電話をかける

お問い合わせお問い合わせ

外壁塗装で人気の色&失敗しない色選びのポイント【塗装予定者必見】


家の耐久性を維持するために、外壁は定期的な塗装が必要です。
しかし、どんな色でもいいというわけではありません。外壁の色は家の雰囲気を大きく左右し、一度塗ると次の塗り替えまで10年は同じままです。自分の好みだけで色を選ぶと、失敗したりトラブルが起こったりすることもあります。
外壁塗装で後悔しないためには、色選びの段階でしっかり検討することが大切です。これから外壁塗装を検討する人やどの色にするか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

目次
  1. 1.外壁に使われる色の印象や効果
    1. 1-1.黒
    2. 1-2.白
    3. 1-3.ベージュ系
    4. 1-4.グレー系
    5. 1-5.茶系
    6. 1-6.緑系
    7. 1-7.赤系
    8. 1-8.オレンジ系
    9. 1-9.ピンク系
    10. 1-10.黄系
    11. 1-11.青系
    12. 1-12.ツートンカラー・マルチカラー
  2. 2.色選びの失敗が原因で起こるトラブル
    1. 2-1.希望の色にならない
    2. 2-2.近所からクレーム
  3. 3.外壁の色選びのポイント
    1. 3-1.おすすめの色
    2. 3-2.部位別のおすすめ色
    3. 3-3.風水の効果
    4. 3-4.人気のカラー
    5. 3-5.カラーシミュレーションをしてみよう
  4. 4.まとめ

外壁に使われる色の印象や効果

外壁でよく使われる色が、それぞれどのような印象や効果を与えるかについて説明します。

黒には「クール」「格調高い」「おしゃれ」「重厚感がある」といったイメージがあります。
外壁に黒色を使うと、スタイリッシュでおしゃれな仕上がりになります。

ただし、熱を吸収しやすいといわれ、外壁の温度を上げてしまうデメリットもあります。

黒を選ぶ場合は遮熱・断熱材などを使用して、建物内の温度が上がらないようにしましょう。
また、一見汚れが目立ちにくそうですが、実はほこりや砂などの汚れが目立ちやすいのも黒色の欠点です。
汚れにくい外壁材を使う工夫が必要になります。

清潔感がありおしゃれな印象を与える白は、外壁の色としてとても人気があります。
植木の緑や鮮やかな花の色が映える白に塗り替えれば、家は新築のように生まれ変わるでしょう。
家を大きく見せる効果もあり、サッシの色を選ばないので洋風、和風のどちらにもなじみます。

その反面、年を経るにつれてコケやカビなどの汚れが目立ちやすくなるため、定期的な洗浄やメンテナンスが必要です。

ベージュ系

落ち着いた印象を与え、無難さが魅力といえるのがベージュ系です。
シンプルなので他の色や景観と合わせやすく、周りの家からも浮きません
ほこりなどが付いても汚れが目立ちにくく、外壁塗料の中で人気の色の1つです。

グレー系

白と黒の中間にあたるグレー系は、ベージュ系と同じく他の色になじみやすい色です。
グレー系も汚れが目立ちにくく、外壁によく使われます。
ベージュには温かみがありますが、グレーはクールな印象を与えます。
他の色と組み合わせて使用すると、グレー以外の色を引き立たせることができます。

茶系

茶色は木や土などの自然を感じさせ、温かみのある色です。
落ち着きがありシックで大人の雰囲気を持つ茶系は、飽きのこない色ともいえるでしょう。
汚れが目立ちにくく、周りと調和しやすいので、外壁におすすめの色です。

ただし、一口に茶色といっても黒に近い濃いものから赤味がかった明るいものまでさまざまです。
想像していたイメージと異なる仕上がりにならないよう、塗装の前に業者としっかり打ち合わせる必要があります。

緑系

自然を連想させる緑色にはリラックス効果があります。
落ち着いた雰囲気の中でホッと安心できる癒やしの色です。
ナチュラルなイメージの外壁にしたい人におすすめです。

赤系

赤は「情熱的」「元気」「興奮」「攻撃的」を連想させる色です。
そのため、原色の真っ赤な外壁にすると周りの景観から浮いてしまい、近隣トラブルの元にもなりかねません。
色あせしやすいデメリットもあります。

近年は、少し濃い色の「レンガ調の壁」や淡いピンク系のかわいらしい雰囲気の壁が流行っています。

オレンジ系

温かみのあるオレンジは、親しみやすく元気な印象を与える色です。
濃いオレンジは周囲の景観から浮いてしまいますが、薄いオレンジは発色が良く仕上がりもきれいで、アットホームな雰囲気に包まれるでしょう。

ピンク系

「優しさ」「かわいらしさ」が感じられるピンクは女性に人気の色です。
淡いピンクや落ち着いた色のピンクは温かみがあり、柔らかい印象を与えることができます。

ただし、派手なピンクはメルヘンチックでかわいらしいですが、周りの景観からは浮いてしまいがちです。

黄系

黄は「幸福」「元気」「希望」をイメージさせる色です。
注意を促す色としてもよく使われるので、原色の黄色は周りの景観から浮いてしまいます。

しかし、薄い黄色は雰囲気を明るくしてくれて外壁に人気の色です。
周りから浮くこともなく、白に近い色なので、新築のような清潔感を出すことができます。

青系

知的で冷静なイメージの青を使うと、クールで爽やかな雰囲気の外壁になります。
水色や薄い青色にすれば、おしゃれで爽やかな印象を与えます。

ただし、原色の青にすると、色あせしやすい特性があります。

ツートンカラー・マルチカラー

一色に決めきれない方、好きな色にしたいけど景観を損ねてしまうとためらっている方、ツートンカラーやマルチカラーで解決できるかもしれません。

定番人気のベージュ系とブラウン系でおしゃれかつ調和のとれた外壁に。

モノトーンでそろえてよりスタイリッシュな印象に。

ビタミンカラーのオレンジをあわせて。

原色をうまく使って爽やかな印象に。

淡いグリーンを差し色に柔らかい雰囲気を演出。

ベージュ系、ブラウン系にブルーを入れて。

色選びの失敗が原因で起こるトラブル

外壁の色をどれにするかで、家の印象を大きく変えられることが分かったと思います。
外壁の色を現在と違うものに塗り替えることで、新築のような印象を与えたり、かわいらしい感じからスタイリッシュな雰囲気に変化させたりできます。
外観に飽きることなく、自分の家を長く楽しめそうですよね。

しかし、色選びに失敗すると、思わぬトラブルに発展することもあります。
ここでは外壁の色選びが原因で起こるトラブルについて紹介します。

希望の色にならない

せっかく外壁を塗り直したのに、「仕上がりが希望する色と違う」「塗り替える前の方が良かった」というトラブルは、実はよくあります。
トラブルの原因は主に2つあります。

希望する色が業者にきちんと伝わらなかったケース
たとえば「青」といっても、濃いものから淡いものまで幅があります。
色は色相、明度、彩度の3つの要素で決まり、2017年度版の色見本には各要素が異なる色が632もあります。
同じ色に見えても微妙に異なるため、希望する色を正確に伝えるには詳しく具体的に説明する必要があり、難しいのです。
決定した色の見本と実際に塗られた色が違って見える
業者との打ち合わせでは、サンプルとして「色見本」を使って色を決定します。
色見本は、見る状況によって違う色に見えてしまうことがあります。
たとえば、蛍光灯の下で見たときと自然光で見たときの見え方は異なります。
同じように、パソコンの画面上で見た色見本も、実際とは違って見える可能性があります。
その日の気象状況、日陰かどうか、壁材のツヤの有無によっても、色の見え方は大きく変わります。

近所からクレーム

自分の好む派手な色に塗り替えたところ、近隣の景観と合わず浮いてしまい、「色が派手すぎて不快だ」とクレームが出てしまうトラブルもあります。
特に、赤や青など原色系の色の場合に起こりやすいので注意しましょう。

塗り直しに追加費用がかかる

希望する色が業者に正しく伝わらなかったり、玄関ドアやサッシ枠など塗装できない部分の色とマッチしなかったため、仕上がりに納得できず塗り直しを考える人もいます。

しかし、工事後の色変更は想像以上に大変です。
新たな塗料代に人件費、足場代がかかり、少なくとも30万円は必要でしょう。
塗料の種類によっては、上塗りできない場合もあるのです。

また、「希望する色にならなかったら追加料金なしで塗り直しますよ」と業者に言われたのに、料金が発生したトラブルもあります。
口約束ではなく、契約書類に記載してもらうことが重要です。

外壁の色選びのポイント

外壁を塗装する際、色選びに失敗するとさまざまなトラブルが起こることが分かりました。
後悔しないためにはどのように色を選べばいいのでしょうか。
続いては、外壁の色選びのポイントを紹介します。

家の周りの景観を観察する
両隣や向かいの家の色をチェックしましょう。
外壁を新しい色に塗り替えたとき、自分の家だけが浮いて見えないか想像します。
できれば、スマートフォンなどで自宅の写真を撮影し、近隣の街並みの景観と照らし合わせて確認しましょう。
住宅街か商店街かによっても、自分が塗ろうとしている色と調和がとれるかが変わります。
希望する色を詳しく伝える
「仕上がりが希望する色と違う」というトラブルを防ぐためにも、業者に詳しく色を説明しましょう。
お互いの認識に差が生じないように、“青と白の2色”という説明ではなく“白に近い薄い青と真っ白”と、具体的なイメージを伝えます。
理想的な色の家の写真を見せるのも効果的です。
業者が使用する塗料のカタログの色を必ず確認し、自分のイメージと擦り合わせましょう。
混色による細かな色の調整を、有料でお願いできる業者もあります。
希望する色が家に合うかチェックする
希望する色が家に合うかも大切なチェックポイントです。
窓枠やサッシ、玄関ドアの色などとマッチするか確認しましょう。
また、好みで派手な色を希望しても、家の雰囲気や周りの景観に合わない色は浮いてしまうかもしれません。
打ち合わせの中で、好きな色をベースに発色を抑えたり親しみやすい色にしたりしながら決めていきましょう。
住んでいる市区町村に景観のガイドラインがあるか確認
市区町村によっては、景観ガイドラインが定められている場所があります。
景観ガイドラインとは、各都市がきれいな景観を守るために定めた独自のガイドラインのことです。
ガイドラインが適用される場所で派手な色や奇抜な色にすると、塗り直しになる可能性があります。
事前にガイドラインがあるか確認し、場合によっては周辺の街並みや自然環境に調和する色を選ぶ必要があります。
色の組み合わせは2~3色にする
使う色は3色までに抑えると、仕上がりが美しくなります。
それ以上色を増やすと、まとまりのない家になりますよ。
2色のツートンカラーにする場合は、調和のとれた同系色か、同じような薄さの色を選ぶといいでしょう。
割合は1:1ではなく、多く塗るベースカラーともう1色のアソートカラーの比を6:4か7:3にするとバランスがよくなります。
上下に色分けする場合は、上よりも下を濃い色にする方が落ち着いた雰囲気になります。
ベースカラーとアソートカラーの境目に、挿し色で3色目のアクセントカラーを入れる方法もあります。
個性的でスタイリッシュな雰囲気に変えることができますよ。

おすすめの色

さまざまなポイントからおすすめの色を紹介します。ぜひ参考にしてください。

 
色の組み合わせ
「白×黒」のようにコントラストのはっきりした組み合わせは、おしゃれで洗練された雰囲気が出ます。
しかし、おすすめは同系色や彩度が同じ色の組み合わせです。
調和がとれて家にまとまりが出ますよ。
たとえば「茶×ベージュ」「オレンジ×ベージュ」「グレー×白」「緑×白」などがおすすめです。

 
汚れが目立たない色はグレー
外壁に付着するのは、砂やほこりといった黄土色の汚れや、コケやカビなどの緑が混じった薄い茶色の汚れです。
この汚れと同化する最も目立ちにくい色はグレーです。
アイボリーや薄いブラウン、ベージュ系もおすすめです。
逆に、汚れが目立ちやすいのは白や黒です。
色あせが起こりやすい原色の赤や青も、汚れが目立ちがちなので気を付けましょう。
無難なのはベージュ系
外壁の色は、近隣と調和する飽きのこないものがおすすめです。
無難なのはベージュ系で、グレー系もおすすめです。
奇抜な色ではなく薄い色にすることで、上品さや高級感を出すことができますよ。

部位別のおすすめ色

外壁や屋根以外も塗装する場合、どのような色を選べばいいのでしょうか。部位別に説明します。

軒天:薄めの色
軒天とは屋根の真下部分にある壁のことで、外壁から外側に出ている屋根の裏側です。
この場所は日が当たらず、色が暗く見えます。
立体感のある家にするために、影になることを考えて薄めの色にしましょう。
白か外壁よりも薄い色にすると、室内から見たときも外が明るく見えるのでおすすめです。
雨どい:外壁と同じ色
雨どいをアクセントに使うこともできますが、外壁と同系色にして雨どいの存在感をなくす方が無難です。
ただし、白は劣化が目立つので気を付けましょう。
ひさし:屋根と同じ色
ひさしは、外からは屋根のように見える場所です。
屋根と同じ色にするのがいいでしょう。
サッシの色に合わせても構いません。
雨戸:サッシと同じ色
雨戸の色は窓などのサッシにそろえると統一感が生まれます。
破風板(はふいた):屋根と同じ色
破風板とは屋根と外壁の間にある部分で、屋根の下や横から風が吹き込むのを防ぐ役割があります。
屋根と同じ色にすると一体感が生まれていいでしょう。

風水の効果

特に希望する色がない場合は、風水で決める方法もあります。
自分をいつも包んでくれる家の外壁の色は、風水の効果が強いといわれることもあります。
色ごとに具体的に見ていきましょう。

効果
オフホワイト 愛情豊かで仕事熱心な気持ちにさせるため、仕事や家庭が順調になります。浄化の作用もあり、悪い気を落としてくれます。
茶は堅実で信頼感のある色です。安定感も与えてくれるので、家庭が安泰になるといわれています。 南西の方角に使用するといいでしょう。
緑は発展や成長を意味する色で、仕事運や貯蓄能力、不動産運が上がるといわれています。 リラックスしたいときにも効果的です。
水色 勤勉さや若さを表す色といわれています。幸福をもたらし人間関係が良くなるカラーです。ビジネス運も上がります。
鮮やかな黄色は金運や人気運、幸福を呼び込むカラーです。はなやいだ気分にしてくれます。特に西側に使用すると効果がアップします。
オレンジ 元気や前向きな行動力をもたらす色です。明るい家庭や夢の実現に効果があり、自分自身を勇気づけてくれます。
ピンク 心身共に若返るアンチエイジングの効果があり、女性ホルモンを活性化してくれます。

人気のカラー

外壁の色の中でも人気があるのは、ベージュ系、グレー系、白、茶系、クリーム系です。
無難で周辺の景観に調和しやすい色が人気のようですね。
どれもシンプルで飽きがこない色といえます。

ちなみに、日本流行色協会から発表された2017年・2018年を象徴する色は、2017年が鮮やかな赤で、2018年は爽やかなブルーだそうです。

カラーシミュレーションをしてみよう

「この系統の色にしたい」など、ざっくり決まったら実際にカラーシミュレーションをしてみましょう。
ペンキ王では、すべて日本ペイントの塗料を使用しています。日本ペイントのホームページでは、代表的なカラーのみですがシミュレーションが可能です。
屋根も含め、参考にされてはいかがでしょうか。
https://www.nipponpaint.co.jp/thermoeye/family/simcolor/index.html

まとめ

色選びで大切なのは、自分が希望する色を決めた上でどのような雰囲気がいいのか、その色が家や景観に合うのかをチェックすることです。
色選びのときに業者との間に認識に差が生じないよう、詳しくイメージを伝えましょう。

業者選びも大切なポイントです。
ペンキ王では相談・見積もりが無料です。
お気軽にお問い合わせください。


  • LINEでお見積り
  • クレジット決済がご利用頂けます。

点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 0800-8001630 ここを押すと電話がかかります。
  • 0800-8001630
  • メールで見積を申し込む

対応エリア対応エリア

  • 東京
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 茨城南部
  • 栃木南部
  • 群馬南部

  • 宮城
  • 愛知
  • 大阪

他地域はご相談下さい!

アンケートと写真でJCBギフト券合計8,000円をもらおう!