最低価格に挑戦!外壁塗装のペンキ

通話無料 0800-8001630通話無料 電話をかける

お問い合わせお問い合わせ

塗り替え周期(素材別・塗料別)

外壁を塗り替える時期の目安は?

外壁材や塗料には、さまざまな種類があります。
それぞれの性能や耐用年数などを考慮して、ニーズに合う適切なものを選ぶことが大切です。
種類によりますが、大体10年程度で外壁の塗り替えを検討する必要があると覚えておくと良いでしょう。

【素材別】塗り替え時期表

外壁材の種類によって、それぞれ耐用年数や塗装のメンテナンス時期が異なります。
以下に外壁材別のタイミングをまとめました。参考になさって下さい。

タイル
塗装メンテナンス周期 外壁材の耐用年数
不要 35年
特徴
粘土、陶土、長石、石英などを砕き、高温で焼き固めたもの。
耐水性、耐火性、耐候性に優れ、メンテナンスは基本的に不要。
サイディング(窯業系)
塗装メンテナンス周期 外壁材の耐用年数
7~9年 35年
特徴
セメントと繊維質、無機物を混ぜ、板状に硬化させたもの。
現在は、約7~8割の住宅の外壁材として使用されている。
デザインが豊富で、耐久性、耐火性に優れている。
サイディング(金属系)
塗装メンテナンス周期 外壁材の耐用年数
10~13年 40年
特徴
ガルバリウム、アルミニウム、ステンレスの鋼板で作られたもの。
水分を吸収しないため、寒冷地で使われることが多い。
長期間メンテナンスの必要がない。
サイディング(木質系)
塗装メンテナンス周期 外壁材の耐用年数
10~13年 40年
特徴
天然の木材に塗装を施したもの。断熱性能に優れている。
しかし、水分を吸収するので、湿度の高い日が続くと腐りやすい。
サイディング(樹脂系)
塗装メンテナンス周期 外壁材の耐用年数
10~15年 30年
特徴
1990年代に急速に広がったアメリカ発祥の外壁材。
耐久性、耐候性に優れ、軽く、加工も容易。
ただし、遮音性が低く、バリエーションが少ないことが難点。
モルタル
塗装メンテナンス周期 外壁材の耐用年数
8~10年 30年
特徴
針金の網の上に、砂、水、セメントを混ぜ合わせ塗り付けたもの。
1980年代までは日本の住宅によく用いられたが、施工に手間がかかることから、近年ではあまり見られなくなった。
コンクリート
塗装メンテナンス周期 外壁材の耐用年数
15~20年 50~60年
特徴
砂、砂利、水などをセメントで凝結させたもの。
気密性、耐熱性、遮音性、耐震性、耐久性に優れている。
デザインの自由度が高い。
ALCボード
塗装メンテナンス周期 外壁材の耐用年数
10~13年 50年
特徴
軽量気泡コンクリート(重さを軽減したコンクリート)のこと。
材料はケイ石、セメント、生石灰。人体に無害でリサイクルが可能。
熱伝導率が非常に低く、断熱性に優れている。
一方で、水に弱いという弱点もある。

【塗料別】耐用年数表

塗料も種類によって耐用年数や特徴が異なります。

塗料の種類 塗料の耐用年数 特徴
アクリル塗料 4~7年 安価な反面、汚れやすく耐久性も低い。
現在はほとんど使用されない。
ウレタン塗料 6~10年 柔らかいため、細部にも塗りやすく使い勝手が良い。汚れや色あせに強い。
シリコンやラジカルと価格はほとんど変わらない。
作業性が高く、外壁以外にも様々な箇所に多用される。
シリコン塗料 8~15年 価格が安く耐久性がかなり高いため、人気の素材。汚れにも強い。
ラジカル塗料 10~15年 2015年に発売された次世代塗料。汚れに強く、耐久性にも優れている。
シリコン塗料とほぼ同程度の価格で、フッ素に迫る程の耐久性があるため、
導入が急速に進んでいる。
フッ素塗料 15~20年 汚れに強く、耐久性が非常に高い。
価格は高いが、長期的に考えるとコストパフォーマンスは良い。

  • LINEでお見積り
  • クレジット決済がご利用頂けます。

点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 0800-8001630 ここを押すと電話がかかります。
  • 0800-8001630
  • メールで見積を申し込む

対応エリア対応エリア

  • 東京
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 茨城南部
  • 栃木南部
  • 群馬南部

  • 宮城
  • 愛知
  • 大阪

他地域はご相談下さい!

アンケートと写真でJCBギフト券合計8,000円をもらおう!