外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

みんなの外壁塗装ガイド

外壁は補修しないとまずい?メンテナンス方法と費用の目安を解説

住宅を建ててから10年以上たっている方のなかには、外壁の色あせやひび割れが気になっている方もいるでしょう。

しかし、「じゃあ補修しよう」と思っても、メンテナンスの仕方や費用の目安がわからなければ、困ってしまいますよね。

この記事では、外壁補修の仕方や工事費用、工事における注意点をご紹介します。

「外壁補修しないとどうなるの?」「DIYで補修はできるの」といった話題はもちろん、「補修に適用される火災保険や補助金」といったお得に工事ができる方法も解説しています。

記事を参考にして外壁補修を成功させ、ご自宅のお悩みから解放されましょう!

目次
  1. 外壁の補修サイン
  2. 外壁を補修しないとどうなる?雨漏りのリスクもあるの?
  3. 外壁の部分補修の費用相場
  4. 外壁の全体工事の費用相場
  5. 外壁のコケや藻、粉っぽいのが気になる場合の対処法は?
  6. 外壁の補修/修理業者を選ぶときの基準や注意点
  7. 外壁を補修だけでなく塗装もした方がよい場合
  8. DIYで外壁を補修できる?方法や注意点
  9. 外壁の補修に火災保険や補助金が使える?
  10. 「我が家は塗装した方がよいかも?」という方へ
  11. まとめ

外壁の補修サイン

外壁を補修するべき劣化サインは、いくつかあります。

住宅を建ててから10年経つ頃がメンテナンス時期といわれていますが、下記で紹介する補修サインが出ている場合、メンテナンスが必要です。

クラック(ひび割れ)

外壁のクラック(ひび割れ)は、補修を行うべき劣化サインです。

クラックの幅や深さによって、劣化の度合いや補修方法が変わってきます。

幅0.3mm、深さ4mm以上のクラックがあったら、下地にまで割れが達している可能性も。

欠けやへこみ

外壁に欠けやへこみがあるなら、そのつど補修しましょう。

築年数が経つと、劣化により台風や地震など天災の影響を受けやすくなるので、欠けやへこみが発生しやすくなります。

強風で住宅に飛来物がぶつかったり、地震が発生したりした後は、注意深く点検してみましょう。

目地のコーキング(シーリング)の傷み

目地(外壁用建材同士のつなぎ目)のコーキングが傷んでいる場合は、補修を検討しましょう。

コーキングとは、外壁材同士のつなぎ目や、窓枠の目地に埋められている樹脂製のゴムのような部材のこと。

コーキングに細かい亀裂(きれつ)が出てきたり、コーキングが縮んで目地にすき間ができていたりするのは、劣化のサインです。

コーキングの補修は、「打ち替え」と「増し打ち」の2種類の方法があります。
打ち替えは、古くなったコーキング材をすべて取り外し、完全に新しいコーキングにする方法。
増し打ちは、古くなったコーキングの上から新しいコーキング材を打ち込む方法です。

コーキングは、外壁材同士がぶつかって破損しないためのクッションの役割や、目地からの雨水の浸入を防ぐ大切な役割を担っています。
このため、補修や定期的なメンテナンスが必要です。

サイディングの浮きや反り

サイディング(外壁材の一種)の浮きや反りがある場合も、注意しましょう。

なかでも、日本で近年広く普及している窯業系サイディング(セメントと繊維質を混ぜ合わせた板/パネル状態の外壁材)は要注意です。

年数が経ったサイディングは、紫外線や雨水の影響で変形したり、反り返ったりします。
劣化による変形に耐えられず、最終的にはサイディングが割れることもあります。

表面のふくれや剥がれ

外壁の表面がふくれていたりはがれていたりしているのは、外壁表面の塗膜(塗料が乾燥して形成する膜)の劣化サインです。

塗膜は、雨水や紫外線から建物を守る役目を果たしています。

塗膜の劣化を放置していると、本来は塗膜で保護されている外壁材が雨や紫外線のダメージを直接受け、外壁材そのものが傷む恐れが高まります。

鉄部のサビ

鉄部のサビを発見したら、劣化のサインです。

外壁周辺や屋根の鉄部は、塗装によって雨水や紫外線から保護されています。

しかし、塗膜の劣化が進むと鉄部に雨水が浸入し、サビが発生するのです。

外壁を補修しないとどうなる?雨漏りのリスクもあるの?

外壁を必要なタイミングで補修しないと、後になってから余計な補修費用がかかる恐れがあります。

早いうちに補修しておけば、数万円の補修費で済んでいた軽度のクラックや欠けが、放置しているうちに大きなものになり、その分補修費も高くなるといった事態が考えられるからです。

また、外壁のクラックを長期間放置したりコーキング補修を行わないでいたりすると、雨漏りする可能性も出てきます。

すでに雨漏りしている場合は、早めに雨漏り専門の業者に相談を。

ただし、雨漏りの原因や場所の特定は専門家でないと難しく、外壁が原因のようにみえた雨漏りが、実は屋根が原因だった事例もあることに注意しましょう。

外壁の部分補修の費用相場

ここでは外壁の部分補修の相場をご紹介します。

外壁の状態によって工事方法が変わってきます。あくまで目安となりますが、参考にしてみてください。

クラック補修

クラック(ひび割れ)を部分的に補修する費用は、1カ所につき1~10万円ほどです。

劣化が激しくクラックが大きいと、30万円以上かかる可能性も。

クラックの幅が0.3~1mm程度、深さが4~5mm以上ある場合、雨漏りの危険性があります。

欠けやへこみの補修

外壁の欠けやへこみの補修は、大きさにもよりますが、1カ所につき1~6万円程度です。

補修方法として「パテで欠けを埋めて、塗装する」「サイディングボードを部分的に張り替える(交換する)」といった方法があります。

目地のコーキング補修

コーキングの補修は2種類あり、新しく交換する「打ち替え」と既存のコーキングの上から施工する「増し打ち」があります。

打ち替えの場合、1mにつき、約900~1,500円で、コーキングを除去する費用に1~3万円かかります。

増し打ちの場合は1mあたり約500~900円です。

サイディングの浮きや反りの補修

サイディングの浮きや反りの補修費用は、劣化の状態によって変わってきます。

サイディングが「手で軽く押して戻せる」ようなら軽度の劣化の場合は、ビス打ちをして固定しましょう。費用は1~2万円ほどです。

「押しても戻せない、かなりの力が必要」な場合は重度の劣化なので、部分張り替えで対応しましょう。費用は1枚で5~10万円程度です。

表面のふくれや剥がれの補修

表面のふくれや剥がれの補修費用は、範囲にもよりますが、15~40万円程度です。

全体的に劣化が激しく、下地の補修が必要な場合は100万円を超える可能性もあります。

サビた鉄部の補修

サビた鉄部の補修は、「ケレン」と呼ばれる作業でサビや汚れを落とす工程の後、サビ止めが含まれた塗料を塗るのが一般的です。

費用は、1平方メートルあたり500~1,000円程度。
サビが激しい場合は、1平方メートルあたり2,000円程度です。

外壁の全体工事の費用相場

ここでは外壁の全体工事の相場を解説します。

全体工事の種類は「塗装」「重ね張り(カバー工法)」「張り替え」の3つがあります。

塗装

外壁塗装の価格の目安は、一般的な戸建て住宅(延床面積が30坪前後の2階建て住宅)の場合、80~120万円といわれています。

しかし、業者によって塗装費用もピンからキリまであり、相場を把握しておかないと痛い目にあう可能性も。

塗装工事で損しないためにも、費用の決まり方や見積書の見方を解説しています。下記のコラムを参考にどうぞ!

普段の生活では、あまり話題に上がることもない外壁塗装。 自宅の外壁塗装を検討することになったとき、「外壁塗装の費用って、どんなふうに決まるものなんだろう?」と疑問に思いますよね。 こんなとき、外壁塗装の費用を左右するものや、単価の相場、塗装面積の計算式などがわかると便利です。 当コラムでは、外壁塗装の各工程の単価相場や、外壁の面積の求め方などを紹介。 実...

重ね張り(カバー工法)

重ね張りとは、既存の外壁材に上から新しいサイディングボードを重ねて張っていく工法です。
「カバー工法」とも呼ばれ、新しく張り替えるより費用を抑えられます。

一般的な戸建て住宅の場合、足場も含めて総額は150~200万円程度です。
既存外壁の状態によっては、重ね張りができない場合があるので、業者に相談してみましょう。

張り替え

張り替えとは、古くなった外壁材を撤去し、新しい外壁材に交換する工法です。

築年数が30年以上経過し、全体的に劣化が激しい場合は、外壁の張り替えをおすすめします。

外壁の張り替えで多いパターンは、下記の3点です。

  • 既存の古いサイディングを新しいサイディングに張り替え
  • モルタル外壁をサイディング外壁に張り替え
  • 既存の外壁をタイルへ張り替え

サイディングへの張り替えの場合、足場も含めて総額150~250万円程度。
タイルへの張り替えの場合は、150~500万円程度です。

外壁のコケや藻、粉っぽいのが気になる場合の対処法は?

外壁にコケや藻、粉っぽいものが付着している場合は、塗膜が劣化しているサインです。それぞれの対処法を解説します。

コケや藻が付着している

コケや藻が付着している範囲によって、対処方法が変わります。

範囲が狭く、手が届く場所にある場合は、DIYで洗浄してみてもよいでしょう。
家庭用洗浄機があれば使用して、なければ水洗いかスポンジでやさしく洗ってください。

範囲が広く、手の届かない場所にコケなどがある場合は、業者に依頼しましょう。
専用の高圧洗浄機で洗い流す必要があったり、高さがあるため足場設置が必須になってきたりします。

範囲が広かったり、ガンコなコケや藻で洗浄しきれなかったりする場合は、塗装も一つの手です。

粉っぽいもの(チョーキング)が付着している

外壁を触ってみると、手に粉っぽいものが付着することがあります。これは、「チョーキング現象」と呼ばれる現象です。

紫外線や雨水で塗膜が劣化し、塗料に含まれる顔料がチョークの粉のように表面に浮き出るのです。

チョーキングの対処方法としては、塗装が1番おすすめです。

チョーキングが出ている外壁は、塗膜の防水性が落ちてきて雨水を含みやすかったり、汚れが付着しやすかったりする状態になっています。

外壁の補修/修理業者を選ぶときの基準や注意点

修理業者を選ぶときには、候補の業者が「優良業者」なのか、それとも「悪徳業者」なのか見分けることが大切です。

まず、業者のホームページがあるか、確認してみましょう。
ホームページがある場合、下記のチェック項目が当てはまっているか、チェックしてください。

  • 建設業に必要な資格や免許を取得しているか
  • 施工実績が豊富にあるか

上記の条件を満たしていれば、優良業者であることが期待できるでしょう。

また、実際に業者を家に呼んだとき、「お客様に対する態度がきちんとしているか」や「現地調査をていねいに行っているか」もチェックポイントです。

外壁を補修だけでなく塗装もした方がよい場合

外壁を補修だけでなく、塗装もした方がよい場合は下記の2つです。

  • 新築から/前回の塗装工事から10年以上経過している
  • 外壁の劣化が目立ちはじめている

新築から/前回の塗装工事から10年以上経過している

塗料の耐用年数は、平均して10年といわれています。
このため、新築から、または前回の塗装工事から10年以上経過している場合は、塗装時期がきているといえます。

塗料の種類ごとの具体的な耐用年数の目安は以下です。

  • シリコン塗料 : 10~15年
  • ウレタン塗料 : 7~10年
  • アクリル塗料 : 5~8年

外壁の劣化が目立ちはじめている

上記の章(外壁の補修サイン)でも解説したように、劣化が全体的に目立つようであれば塗装を検討しましょう。

放置して劣化が激しくなったあとでの工事は、余計に費用がかかる可能性があります。劣化がひどくなる前に、早め早めの塗装をおすすめします。

「自分の家は外壁塗装をするべきなのだろうか?」とお悩みの方はこちらを参考にしてみてください!

マイホームを持っていれば、「戸建ての外壁塗装は、何年ごとにどのくらいの頻度で行えばよいのか」が気になりますよね。外壁塗装の専門知識がない限り、なかなか見当がつかないでしょう。すでに塗り替えを考え始めている場合は、「外壁塗装をするなら、季節はいつがいいのだろう」と悩んでいる方もいるかもしれません。外壁塗装は戸外の施工であるため、気候や季節の影響と全くの無関係ではいられないからです。この記事では、戸建ての塗り替えの時期や塗り替えが必要であることを示すサイン、外壁塗装に適した季節などを解説します。...

DIYで外壁を補修できる?方法や注意点

外壁の不具合は、DIYで補修ができる場合もあります。
比較的補修しやすい不具合としては、小さなクラック(ひび割れ)があります。

小さなクラックの補修手順は、下記のような流れです。

  1. ひび割れの内部や周囲を洗浄する
  2. 補修箇所のまわりにマスキングテープを貼る
  3. ハケで下塗り剤を塗る
  4. コーキングガンを使って、ひび割れの部分にコーキング剤を充てんする
  5. ヘラでコーキング剤を平らにする
  6. マスキングテープをはがして乾燥させる

DIYを検討していても、高所作業を伴う場合はDIYを避けましょう。

足場を用意しなくても手が届く箇所ならいいですが、高所作業は落下する危険があります。

DIYをする場合は、仕上がりや見た目にはあまり期待できません。
DIYに慣れていない場合、きれいに施工するのは簡単ではないからです。

確実に、かつきれいに補修したい場合は、専門の業者に任せるのをおすすめします。

外壁の補修に火災保険や補助金が使える?

あくまで条件がそろった場合ですが、外壁の補修に火災保険や補助金が使えるかもしれません。

雷や大雨で外壁の補修が必要になった場合は、火災保険が適用される可能性があるのです。
地震で被害を受けた場合も、ケースによって地震保険が適用されます。

火災保険についてくわしく知りたい方は、こちらを参考にしてみてください!

「外壁塗装に火災保険が適用されると聞いたけど、本当?」 「火災保険で外壁塗装がお得になると聞いたけど、具体的にどうすれば?」 火災保険は火災での被害だけが、補償されると考えている方も多いと思います。 しかし、火災保険は補償内容が広く、火災の他にさまざまな事象にも対応しているのをご存知ですか? もしかすると、補償を受けられたにもかかわらず、見落としてしまっているかもしれません。 今回は火災保険の概要や種類、火災保険の適用...

外壁塗装で使えるかもしれない補助金については、こちらをご一読ください。

ご自宅の外壁に、汚れや色あせ、ひび割れなどはないですか?このようなことが大切なマイホームの外壁に見られたら、やはり考えるのは塗装です。「お隣さんがこの前塗装していたし、我が家もそろそろ…」と思っている方もいるでしょう。実際、ご近所様が外壁塗装を始めたため、ご自身でも塗装を依頼されるお客様は大勢いらっしゃいます。しかし、外壁塗装は莫大な費用がかかるもの。家の規模や壁の傷み具合などによっては、100万円近くかかることもあります。「ちょっとでも支出を抑えられないか」と悩むことでしょう。そんな方に知って...

「我が家は塗装した方がよいかも?」という方へ

補修が必要な状態の外壁は、塗装もした方がいい場合が多いです。

「家を建ててから1度も塗装してないし、この際、補修と合わせて塗装も検討してよいかもしれない」とお考えの方は、ぜひ下記もご確認ください。

塗料選び

塗料にはいくつか種類があり、製品によって価格や耐久性、仕上がりが変わってきます。

こちらのコラムで塗料選びのポイントを解説していますので、塗装をご検討中の方はぜひご覧ください。

色選び

住宅は、外壁の色によって見た目の印象が大きく変わります。
もし住宅をイメージチェンジしたいとお考えであれば、塗装の際に外壁の色を変えてみてもいいかもしれません。

「色選びっていっても、なにを選んでいいかわからない!」とお悩みの方は、下記のコラムで解説しています。

家の耐久性を維持するために、外壁は定期的な塗装が必要です。しかし、どんな色でもいいわけではありません。外壁の色は家の雰囲気を大きく左右します。また、内装と違い、外に見える部分でもありますので、失敗しないような色選びを行いたいですよね。塗装には、耐久性を適切に保つための塗布回数があります。そのため、「色が気に入らないから上からもう1回違う色を塗る」ということも難しく、いえふくでも、色選びの段階でしっかり検討いただくことをおすすめしております。この記事では、外壁塗装の人気色や色選びのポイントをま...

「色を選んでみたけど、イメージがつかない」「現場を見学するのも大変だから、簡単にシミュレーションできないかな?」とお悩みの方には、いえふくの3Dカラーシミュレーションをおすすめします。

3Dのモデルハウスに画面上で試し塗りできて、色選びの参考になること間違いなし。
塗料選びで失敗しないためにも、ぜひお試しください。

ネット見積もり

いえふくは、ネット上で簡単に費用を知ることができる「ネット見積もりサービス」をご用意しております。

  • 工事費用を知りたいけど、わざわざ自宅まで来てもらうのはちょっと…
  • 概算でいいから、気軽に費用を知りたい

そんなお悩みに答えたサービスになっています。

お手持ちのスマートフォンでも、簡単にお見積もりできます。入力も時間もかからないので、お気軽にご活用ください。

まとめ

外壁の補修や点検は定期的に行いましょう。塗装のはがれやちょっとしたひび割れが、やがて大きな劣化につながる恐れがあります。

部分補修や全体工事をする際は、事前に工事について把握し、信頼のおける業者を探すことが大切です。

「外壁塗装の費用が簡単に知りたい」とお考えの方は、上記でもご紹介した「いえふくのネット見積もり」をぜひご活用ください。

いえふくでは外壁塗装だけではなく、屋根塗装なども対応しています。外壁・屋根のリフォームを検討している方は、お気軽にご相談ください。