外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

お電話でのお問合せ9:00~18:00

0120-900-971

みんなの外壁塗装ガイド

外壁のシリコン塗装の単価は〇〇円!コスパ最強のシリコン塗料も紹介

自宅の外壁塗装にあたって、次のような悩みや疑問のある方がいるかと思います。

  • シリコン塗料で塗装する場合の見積書を受け取ったが、見積書の単価が妥当なのかわからない
  • 外壁のシリコン塗装を検討していて、単価の目安が気になっている

こんなとき、単価の目安がわかれば、見積書の確認や業者選びの参考になりますよね。

当コラムでは、シリコン塗装の単価目安にくわえ、外壁塗装でシリコン塗料がよく使われる理由や、コストパフォーマンスに優れたおすすめのシリコン塗料をご紹介します。

シリコン塗装の単価相場

シリコン塗装で費用に大きく関わるのが、次の2つです。

  • シリコン塗装の単価相場
  • 外壁の面積の目安
この章では、上記2点をご説明します。

シリコン塗装の単価相場

塗装の単価は、基本的に「1平米(1平方メートル)あたり〇〇円」で考えます。

シリコン塗料で外壁を塗ったときの単価相場は、2,300~3,000円/平米(平方メートル)です。

屋根をシリコン塗料で塗った場合の単価相場は、外壁の場合と比べ数百円安い程度と考えて良いでしょう。

ただし、これはあくまで目安です。実際の費用は、使用する製品や施工店さんによります。

そのほかの各工程(足場、高圧洗浄、下地処理、コーキングなど)の単価は、下記のリンクのページからご確認ください。

外壁の面積はどのくらい?

「見積もりを出してもらっても、見積書に記載された施工面積(外壁の面積)が正しいのか判断のしようがない」と不安な方もいますよね。

外壁の面積は住宅によりけりなので、残念ながら「外壁の面積はこれくらいです!」と断言するのは難しいです。

あくまで参考ですが、いえふくが以前施工した戸建て住宅のうち10例の外壁面積は以下です。

施主様

外壁の面積

東京都T様

104平米

東京都H様

138平米

千葉県S様

110平米

神奈川県I様

97平米

神奈川県O様

100平米

東京都M様

95平米

東京都Y様

110平米

神奈川県K様

131平米

神奈川県N様

140平米

東京都M様

80平米

外壁の面積は、住宅の図面から出すのが最も正確で確実です。図面があれば、外壁の高さや幅が正確にわかるので、それをもとに計算ができるからです。

いえふくの「撮るだけ見積もり」は、正確な面積で見積もりを出せます。お住まいの図面の写真と外観の写真から見積もりを出すためです。

オンラインで手軽に見積書を受け取れることも大きなメリット。

他社さんからもらった見積書に疑問や不安のある方は、相見積もりとして、いえふくの撮るだけ見積もりをぜひご活用ください。

外壁塗装でシリコン塗料がよく使われる理由

戸建て住宅の塗装では、シリコン塗料が使われることが非常に多いです。

ただし、最近では、従来とはちょっと違ったシリコン塗料が使われはじめています。

この章では、シリコン塗料がよく使われる理由の解説と、最近出てきた新しいシリコン塗料の紹介をします。

シリコン塗料がよく使われる理由

シリコン塗料が戸建て住宅の塗装で最もよく使われる理由は、他の塗料と比べコスパが良いからです。

あくまで目安ですが、主原料別の各種塗料の耐久年数・単価相場は次のようになっています。

塗料の種類

耐久年数

単価相場

アクリル塗料

5~7年

約1,500円/平米

ウレタン塗料

8~10年

約2,000円/平米

シリコン塗料

12~15年

約2,300~3,000円/平米

フッ素塗料

15~20年

4,000円以上/平米

※耐久年数・単価相場はあくまで目安です。実際の耐久年数・単価相場は、個々の製品や建物によります。

アクリル塗料やウレタン塗料は、安価ではありますが、耐久年数が長くても10年と短いです。

フッ素塗料は、耐久年数の面で優秀ですが、ちょっと高いですよね。

このように 「安いけど耐久年数が短い塗料」と「耐久年数は長いけど高価な塗料」の中間に位置しているのがシリコン塗料です。

ウレタン塗料やフッ素塗料と比較して、 価格が低めの割には耐久年数が長い、コストパフォーマンスが高い塗料となっています。

ちなみに、塗料には主原料以外にも分類があります。

1、水性か油性か

塗料は、塗料缶を開けてそのまま使えるわけではありません。水、またはシンナーなどの溶剤で薄めてから使います。

薄めるのに水を使うのが水性塗料、溶剤を使うのが油性塗料です。

2、1液型か2液型か

1液型の塗料とは、水または溶剤で薄めれば使える塗料です。

2液型の塗料は、「主剤」と「硬化剤」の2つに分けられ別の缶に入っていて、使うにはまずこの2つを混ぜ合わせ、その後、水か溶剤で薄める必要があります。

シリコン塗料の種類や特徴をもっとくわしく知りたい方は、下記のリンクをご確認ください。

従来とは違う新しいシリコン塗料

最近普及してきているのが、俗に「ラジカル塗料」と呼ばれる塗料です。

正確には「ラジカル制御型塗料」になります。塗料に「ラジカル制御」という機能をもたせたものです。

ラジカル制御の機能には、塗膜(塗料の膜)の耐久年数をのばす働きがあります。

このため、ラジカル制御の機能をもたせたシリコン塗料は、従来のシリコン塗料よりも耐久年数が長いのです。

シリコン塗料を勧められたときの注意点

業者からシリコン塗料を勧められたとき、注意しておきたいのが 「どこのメーカーの製品か」です。

シリコン塗料の品質は、シリコン含有率に左右されます。シリコン含有率とは、「その塗料が含んでいるシリコンの割合」です。

たとえ、シリコンを主原料とするシリコン塗料でも、シリコン含有率が低ければ、耐久年数は短くなってしまいます。

塗料製品のシリコン含有率はおおやけにされていないことが多いです。このため、製品ごとにシリコン含有率を調べるのは難しいでしょう。

しかし、歴史の長い大手の塗料メーカーのシリコン塗料であれば、シリコン含有率が極端に低いといったことは考えにくいです。

このため、使用する塗料製品は、大手の塗料メーカーの製品を選んでおくと安心です。

信頼できる大手の塗料メーカーでとくに代表的なものとしては、次の3つが挙げられます。

  • 関西ペイント
  • 日本ペイント
  • エスケー化研

代表的なシリコン塗料の例としては、次のような製品が挙げられます。

製品名

単価

コスモシリコン

2,500円/平米

ファインSi

2,890円/平米

クリーンマイルドシリコン

2,200円/平米

※上記の表の単価は、メーカーの設計価格に基づきます。

※施工する業者や工法によって単価は前後します。

参考 : 関西ペイント 設計価格表

   ニッペ ファインSi

   エスケー化研 クリーンマイルドシリコン

ワンランク上のシリコン塗料

「従来のシリコン塗料よりもワンランク上のシリコン塗料」として注目を集めているのが、先ほども紹介した、ラジカル制御型のシリコン塗料です。

ラジカル制御型のシリコン塗料について、次の2つをご説明します。

  • ラジカル制御ってどういうこと?
  • ラジカル制御型のシリコン塗料のコスパ評価

ラジカル制御ってどういうこと?

ラジカル制御とは、「ラジカル」という物質の発生をおさえる機能のことです。

外壁に塗られた塗料が紫外線を浴びると、ラジカルが発生し、塗料の劣化スピードを速めます。

このため、ラジカルの発生をおさえることは、塗料の耐久年数をのばすことにつながるのです。

ラジカル制御の機能をもつ塗料の詳細は、下記のコラムをご確認ください。

ラジカル制御型のシリコン塗料のコスパ評価

シリコン塗料は、耐久年数の面でも価格の面でも戸建て住宅にちょうどよく、コストパフォーマンスに優れた塗料として高評価を受けてきました。

そのシリコン塗料をさらに上回るコスパの良さを誇るのが、ラジカル制御型のシリコン塗料です。

コスパの良さの理由は、次の2つ。

  • 主原料が同じなので、シリコン塗料とほぼ同じ価格帯(塗料の価格は主原料の種類によるところが大きいです)
  • ラジカル制御の機能のおかげで、耐久年数アップ!

このように、価格帯を抑えたまま耐久年数アップを実現したのが、ラジカル制御型のシリコン塗料なのです。

圧倒的におすすめなのは「アレスダイナミックトップ」

ラジカル制御型のシリコン塗料でおすすめなのが、関西ペイント「アレスダイナミックトップ」です。

安心の老舗塗料メーカー・関西ペイントのイチオシ製品のアレスダイナミックトップは、フッ素塗料にせまる耐久年数が強み。

においの少ない水性の塗料である点も、嬉しいポイントですよね。

もちろん、フッ素塗料よりも安価に、従来のシリコン塗料とほぼ同等の価格帯で施工可能です。

いえふくの塗装プラン(標準工事)は、アレスダイナミックトップを使用しております。

いえふくは、アレスダイナミックトップの施工実績があります。

アレスダイナミックトップに少しでもご興味のある方は、いえふくのチャットまでお気軽にお問い合わせください。

まとめ

シリコン塗料は、リーズナブルな単価で耐久年数も十分あることから、戸建て住宅で定番の塗料です。大手塗料メーカーの製品で信頼できる業者に施工してもらえれば、それほど大きな心配はいらないでしょう。

コストパフォーマンス重視であれば、ラジカル制御型のシリコン塗料で塗装するのがおすすめです。

いえふくは、「はじめての外壁塗装なので、わからないことがたくさんあって……」とお悩みの方向けに、ビデオ通話形式の「はじめての塗装説明会」をご用意しております。

「いえふくのサービス内容や塗料について、くわしく聞きたい」などのご希望をお持ちの方も、ぜひご予約ください。

「はじめての塗装説明会」の詳細や予約は下記リンクから♪