失敗例から学ぼう!外壁塗装をする上で覚えておきたいこと


はじめに

自宅の外壁の色が変わってきたり、一部が剥がれてきたり、そんな症状が現れたら外壁塗装を検討する時期です。
こちらの記事では納得のいく外壁塗装をするために覚えておきたいことをまとめています。

目次

外壁塗装の代表的な失敗例

ALTテキスト

依頼した業者が悪徳業者だった

訪問販売の外壁塗装業者はキケン!

もしかすると、自宅にいたら突然訪問販売員がやってきて「外壁が非常に危険な状態であるため、すぐに施工をしないと大変なことになる」などと言われた経験のある方がいらっしゃるかもしれません。
しかしどんなに不安を煽られても、それを真に受けてはいけません。たとえ外壁に劣化が見られても、短期間で急激に悪化することはないので、焦らずにじっくり検討することが大切なのです。

悪質リフォームのほとんどは訪問販売でリフォームを依頼したケースに集中しています。
悪質業者の被害に遭わないためには、訪問販売員に「すぐに施工をしたほうがいい」と言われても焦らず対処することが大切です。
どうしても気になる場合は、訪問販売の業者ではなく、地元の別の外壁塗装業者に家の状態を見てもらいましょう。

オリジナルの塗料を勧めてくる業者は信用してはいけない

訪問販売の外壁塗装業者には悪徳業者が多いとお伝えしましたが、それ以外にも悪徳業者を見抜くポイントがあります。
悪徳業者の特徴として特にわかりやすいのは「オリジナルの塗料をやたらと勧めてくる」というものです。
「自社で開発したオリジナルの塗料を使用しているため、耐用年数が30年と長くなっています」などと言ってきたら、間違いなくそれは悪徳業者です。

一般的な塗料の耐用年数は、最もグレードの高いもので長くても20年程度です。
しかもこれは大手塗料メーカーが何十年も研究と開発を重ねて生み出した最も品質の高い塗料。
その塗料を大幅に超えるような製品を外壁塗装業者が自社で開発できるとは考えにくいです。

激安の業者を利用してはいけない

初めて外壁塗装をする人がよくやってしまう間違いですが、外壁塗装はただ金額が安ければいいというものではありません。
もちろん、品質の高い施工をしてもらえるという前提のもと、なるべく費用を抑えられるのであればそれに越したことはありません。
しかし、激安価格をウリにしている外壁塗装業者の多くは悪徳業者であるという実態があります。

外壁塗装の優良業者は、本当に必要な経費だけを計算し、そこに少しの利益を加えた金額で見積もりを提示してくれます。
一方であまりにも費用が安すぎる業者は、外壁塗装を行う上で必要な工程を省いたり、アルバイトを多くして人件費を削ったりするなど、手抜き工事を行なう可能性が非常に高いです。
外壁塗装は工事系の分野の中で最も手抜きがしやすいといわれています。
手抜き工事の危険性を考えると、ただ安いだけの業者に頼むのはとてもハイリスクであることがわかります。

相場より高い費用を提示してくる業者に注意

外壁塗装には定価がありません。建物の大きさが同じでも使用する塗料や外壁の面積、立地などによっても業者ごとに費用は変わってきます。
ほとんどの人が外壁塗装に関する専門的な知識をもっていないのをいいことに、悪徳業者は相場や適正価格を無視した高い費用を提示してくる場合があります。
こういった悪徳業者にダマされないためには、複数の業者で見積もりをとり、適正価格を見極めることが重要です。
外壁塗装を行う際には必ず1つの業者だけでなく、複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。

費用の前払いには注意が必要

外壁塗装の費用の支払いを分割で行うケースもよくあり、理由としては「施工に使用する材料を調達するため」などが挙げられます。
きちんとした理由があり、かつ費用の一部だけを前払いにするのは問題ありませんが、施工費用の半分など、大部分を前払いで支払う必要がある業者は利用しない方がいいでしょう。
最初から施工をする気などなく、前払いで費用だけ受け取って姿をくらます悪徳業者も世の中には存在します。
こういった業者にダマされないように気をつけましょう。

見積もりから値引き交渉をしてしまった

外壁塗装は値引きをしてはいけない

複数の業者で見積もりをしてみると、ほとんど同じ内容の施工でも金額が違うことがあります。
買い物上手な人はこんなとき「あっちの業者の方が安いからもう少し安くできませんか」と交渉するのではないでしょうか。
しかし外壁塗装をする上で、見積もりから値引き交渉をするというのはやってはいけないタブーなのです。
いったいそれはなぜなのでしょうか。

値引き交渉に成功。しかし…

値引き交渉をすると、意外にも応じてくれるケースは多いです。
しかし値引きが成功してもうまくいったと勘違いしてはいけません。
外壁塗装の優良業者は本当に必要な最低限の費用だけを見積もりとして出してくれます。
この最低限の費用からさらに値切ってしまうと、業者側には必要な工程を省いたり人件費を削ったりして対応するしか道が残されていないのです。
つまり見積もりから値引きをすると、悪徳業者でなくとも少なからず施工に手を抜かざるを得ない状況になり、その結果品質の高い外壁塗装ができなくなってしまうのです。
外壁塗装は適切な工程を行わないとすぐに劣化したり剥がれ落ちたりしてしまい、またすぐに施工をする羽目になるでしょう。
施工費用を安くするために値引きをしたのに、もう一度施工をするとなれば余計に費用がかかってしまいます。

仕上がりがイメージと違った

思い通りの外壁塗装をするために

外壁塗装の施工自体には問題がなくても、仕上がりがイメージと違っていてはとても残念な気持ちになってしまいます。
外壁塗装に使用する塗料を選ぶ際には業者からサンプルを受け取れるはずですが、サンプルは色の見本だけでなく実際の塗料を塗ったボードなどを参考にするようにしましょう。
塗料の色は光の当たり具合などで見た目が大きく変わってきます。
そのためサンプルを見るときは太陽の光の下で見るのがおすすめです。

周辺の建物や景観とのバランスも考えよう

せっかく高い費用を払って施工をするのですから、自分の好みにあった色やデザインで外壁塗装をしたいものです。
しかし周囲の建物や景観とのバランスを考えずに決めてしまっては、完成したあとに周りから浮いてしまう可能性もあります。
外壁塗装を検討する段階で、あらかじめ周囲とのバランスも考えるようにしましょう。

DIYで外壁塗装をして失敗した

DIYの外壁塗装はかえって状況を悪化させることも

DIYが趣味の人は、なんとか外壁塗装もDIYでできないものかと考える方は多いでしょう。
施工費用を安くできる上、自分好みにカスタマイズできるのであれば、これほどいいことはありません。
しかし結論からいえば、外壁塗装のDIYはやめておいた方が賢明です。

「外壁塗装なんて、ただ塗料を塗るだけでしょ?」とお考えの方、それは大きな間違いです。
外壁塗装はプロの職人が時間をかけて行わなければ難しい、熟練した技術を要する工事なのです。

例えば、外壁にひび割れやその他不具合が見られたら、まずその部分を補修してから塗装をしなければなりません。
不具合の補修を素人が間違った方法で行うと、劣化が早まってしまう恐れがあります。
また塗料をムラなく均一に塗っていくのは簡単に見えてとても難しい作業です。
専門の業者に依頼しなければ、長持ちする外壁塗装は行えません。

さらに、下手に自分で外壁塗装をして失敗してしまうと、あとから業者に依頼する際にその部分を剥がす費用まで請求されてしまいます。
費用を抑えるどころか金額が高くなってしまっては元も子もないでしょう。

事故にあう危険性もある

外壁塗装は高い場所で施工をすることが多いため、しっかりと足場を組んだ上で施工が行われます。
DIYでは足場を組むのが難しいので、はしごを使っての作業になります。
もしバランスを崩して倒れてしまったら、最悪命を落としてしまうかもしれません。
さらに高所での作業時には、電線に触れてしまう危険も伴います。
プロの職人の現場でさえ、落下や電線への接触事故が発生していますので、DIYで施工をするのは非常に危険です。

納得できる外壁塗装をするために

ALTテキスト

複数の業者で見積もりをしよう

外壁塗装の費用が安くなる!

複数の業者に見積もりを依頼することのメリットは、悪徳業者にダマされるリスクを減らせるだけではありません。
いくつかの見積もりを比較すると、自宅の外壁塗装の相場や適正価格を知ることができるため、できるだけ費用を抑えて施工できます。

じっくり考えて契約しよう

外壁塗装の契約を急いではいけない

外壁塗装の悪徳業者は1件でも多く契約を取ろうとするため、契約を急かしてきます。
しかし冒頭でもお伝えしたように、外壁の状態は緩やかに変化していくので、よほど事情がない限りは時間をかけて検討した方がいいです。
外壁塗装をする際はじっくり考えてから契約をするようにしましょう。

依頼する業者について十分に調べよう

外壁塗装を行なった知人に話を聞いてみよう

外壁塗装は住宅の寿命を長くするために重要な工事です。
もし知人に外壁塗装をしたことがある人がいれば、詳しく話を聞いておきましょう。
本当に優良な外壁塗装業者かどうかは、施工を終えるまでわからないこともあります。
インターネットで依頼する業者についてリサーチするだけでなく、過去にその業者が施工した建物を見に行くなどして十分に調べることが、納得できる外壁塗装への近道です。

見積もり担当者と現場責任者の両方に要望を伝えよう

きちんと要望を伝えてイメージ通りの施工を!

外壁塗装業者は大きく分けて、自社で見積もりから契約・施工までの全てを行なっているところと、見積もりや契約だけ自社で行い実際の施工を下請け業者に任せるところの2種類あります。
一貫して自社で行っている業者の場合はそこまで問題にはなりませんが、下請け業者に施工を任せる業者の場合は、見積もり担当者から現場責任者まで正しく要望が伝わっていないケースがあります。
これを防ぐために、細かい要望がある場合は、現場責任者まできちんと伝達されているか確認細かいするようにしましょう。

まとめ

外壁塗装の失敗例と、納得できる施工を行うために覚えておきたい内容を紹介しました。
品質の高い外壁塗装をすれば、見た目がよくなるだけでなく外壁自体もより長持ちするようになります。
優良業者を見つけ、納得できる外壁塗装を行いましょう。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜18時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装オンライン見積り
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集

オンライン見積り

スマホサイト
に切り替え