外壁塗装・屋根塗装のペンキ

通話無料 0800-8001630通話無料 電話をかける

お問い合わせお問い合わせ

外壁塗装をしなければならないワケ

外壁塗装は本当に必要?

お住まいの設備の定期点検時などに業者から外壁塗装を勧められたり、ご近所で外壁を塗り替えているのを見て、外壁塗装をご検討される方もいらっしゃるでしょう。
ただ、塗装をしなくても普段の生活は送ることができ、塗装には費用も時間もかかるので、外壁塗装をずっと先延ばしにされる方もいらっしゃいますが、そのお考えは非常に危険です。

そもそも外壁塗装とは?

新築でピカピカだったお住まいも、時が経つにつれてあちこちに劣化が表れます。特に外壁は、直射日光や風雨の影響を直接受けるため、汚れが付いたり傷んだりしやすい場所の一つです。

劣化してボロボロになった外壁は、剥がれて耐久性が低下してしまいます。
そこで剥がれなどの劣化を防ぐために必要なのが、外壁を塗り替える作業=「外壁塗装」です。

外壁塗装をしなければならない理由

外壁に塗られる塗料には、防水や断熱・遮熱などさまざまな役割があり、外壁の耐久性を高めます。ほこりなどの汚れや紫外線、風雨などの刺激から外壁を保護するためにも、塗装は必ずしなくてはならないのです。

ただし、塗料にも耐用年数があり、経年するにつれて次第に塗膜の耐久性が失われます。すると、塗膜が剥がれて、家の美観が損なわれるのです。
塗膜の保護機能が薄れた状態が続くと、外壁だけではなく、家の内部までダメージを受けてしまいます。
そのため、「一度塗装したので、今後はもう塗装する必要がない」わけではありません。塗料や外壁材にもよりますが、約10年に1度のペースで外壁塗装を定期的に実施する必要があるのです。

外壁塗装をしないと起こる弊害

塗装をせずに放っておくことで起こる外壁の劣化の種類を、劣化の進行度順にご紹介します。

ツヤがなくなり色あせる

外壁の劣化で最初に現れるのが、ツヤの喪失です。塗料にはツヤ有りとツヤ無しがありますが、ツヤ有りの塗料でも、数年でツヤが消えます。

ツヤがなくなった外壁は、色あせて古びた印象を与えます。汚れが付きやすくなり、防水機能が低下した状態です。

コケや藻、カビの発生

緑色に変色した壁には、コケや藻が発生しています。湿気がこもりやすい場所や、風通しが悪い場所、日光が当たらない場所、周辺に自然が多い場所などは気をつけましょう。

放っておくとコケや藻をエサに、カビまで発生してしまいます。築10年程でこれらの汚れが目立ってきます。

チョーキング

外壁に触れたときに、白い粉が付くことをチョーキングといいます。紫外線や風雨などが原因で塗装の表面が劣化すると、塗料の中の顔料が粉状になります。
チョーキングが起きている場合は、塗膜の保護機能が失われている状態です。

塗膜の剥がれや膨れ

経年劣化により塗膜が剥がれたり膨れたりします。他にも、湿気が多いときや外壁に水分が残った状態で塗装されたことが原因で、剥がれや膨れが発生することがあるのです。

剥がれや膨れは景観を損なうだけでなく、耐水性が落ちている状態です。放っておくと、さらに被害を拡大させてしまいます。

ひび割れや亀裂が起こる

塗膜の剥がれや膨れを放っておくと、「クラック」と呼ばれるひび割れや亀裂が発生します。特に地震が起きたときは、ひび割れが起きていないか注意しましょう。

クラックを放置すると、外壁の耐久性が低下し、クラックの隙間から雨水が浸入して外壁の内部にも被害が拡大します。0.3mm以上のクラックの場合は早急なメンテナンスが必要です。

雨漏り

放置された外壁のひび割れに雨水が浸入して、雨漏りを発生させます。雨漏りはシロアリ被害やカビの発生による健康被害など、さまざまな弊害をもたらすのです。

家の内部まで腐食する

ひび割れから雨水や湿気、汚れなどが入り込み、外壁の内部を腐食します。腐食が進んで家の基礎部分まで深刻なダメージを受けると、外壁が崩れ落ちたり、家が倒壊の危機にさらされたりするでしょう。

外壁塗装をしなくてもよいケース

外壁塗装が必要ない方は、以下のような場合です。

  • 引っ越しが決まっている方
  • 近いうちにお住まいを解体する予定がある方

ただし、引っ越しをされてもお住まいを貸し出したり、売りに出したりするならば、お住まいの資産価値を高めるためにも、外壁塗装をした方がよいでしょう。

外壁塗装を怠った結果、必要になる工事

外壁塗装を怠ると、さまざまな弊害が起きることがわかりました。外壁の塗り替えをせずに放置することで、外壁塗装以外に、以下の大掛かりな工事が必要となります。
※以下の金額は目安です。

雨漏り修理

雨漏りは屋根だけでなく、外壁からも発生します。外壁に亀裂やひび割れができると、そこから雨水が内部に浸入するのです。

ひび割れ箇所をコーキングして埋める場合は、5万~20万円ほどで済みますが、外壁の張り替えが必要になると、150万~300万円ほどかかります。
また、雨漏りの原因箇所を特定するのは難しく、雨漏り調査が必要になることもあるのです。調査する場合は、雨漏りの修理費用に加えて、20万円ほどの調査費用も必要です。

断熱材の補修

耐久性を失った外壁を放置すると、外壁の内側の断熱材までダメージを受けてしまいます。
断熱材の補修費用には、お住まいの大きさにもよりますが、60万~200万円ほどかかります。

家の基礎部分の補修

断熱材にとどまらず、さらに被害が進行すると、住宅の土台である基礎部分までダメージを受けます。
基礎部分の補修費用は、被害の度合いにより異なりますが、約50万円以上は必要です。被害が進行している場合は数百万円かかることもあるでしょう。

シロアリ駆除

雨漏りが発生して、湿気がこもりジメジメとした場所は、シロアリにとって絶好の環境です。
シロアリの駆除に10万~30万円ほどかかります。さらに、シロアリにより被害を受けた木材の補修費用も必要です。

解体工事

家の基礎部分まで深刻なダメージを受けると、残念ながら解体するしかありません。
解体費用は、以下の金額がかかるでしょう。

  • 木造住宅の場合:150万円ほど
  • 鉄骨の場合:300万円ほど

現在の住居に住めなくなるので、新しいお住まいや引っ越しのための費用もかかってしまいます。

新築工事

家を解体して建て替えるとなると、約1500万円以上の高額な費用がかかります。さらに、お住まいが建つまでの仮住まいの費用や引っ越し代も必要です。

解体や新築することのないように、外壁塗装を定期的に行いましょう。

外壁塗装の目安

では、外壁塗装はどれぐらいの目安で行えばいいのでしょうか。

塗料の寿命

塗り替えの時期は、使っている塗料の耐用年数により変わります。外壁塗装をする際は、次回のメンテナンスを考慮し、費用だけではなく耐用年数も確認してから塗料をお選びください。

塗料の種類ごとの耐用年数は、以下の表をご参考ください。
※以下で示す年数は目安です

塗料の種類 耐用年数
アクリル系塗料 4~7年
ウレタン系塗料 6~10年
シリコン系塗料 8~15年
ラジカル系塗料
ピュアアクリル塗料 12~15年
光触媒塗料 15~20年
フッ素系塗料
遮熱系塗料

外壁塗装の目安

外壁の状態を普段から目視で確認し、劣化が見られたら早めの補修が大切です。外壁材にもよりますが、基本的には10年程度を目安に定期点検や塗装などのメンテナンスをしましょう。

また先述の通り、塗料の種類ごとに外壁塗装のペースも変わります。一般的には、高価な塗料になるほど耐用年数も長くなります。ただし、自然災害や周辺環境により、外壁の劣化の進行具合は変わるのでご注意ください。

外壁塗装時に塗る付帯部分

外壁を塗り替える際に、同時に付帯部分も塗装することがあります。付帯部分とは、軒天や雨戸、雨どい、破風板など、外壁や屋根以外の箇所のことを指します。

雨どい
屋根に流れる雨水を集めて、下水まで運ぶ設備。
軒天
外壁から外側に出た、屋根の裏部分。
破風板
屋根の妻側(三角の面で樋がついていない側)に山形に付けられた板。風や雨が屋根裏へ吹き込むのを防ぐ役割があります。

以下の図は、一般的な外壁塗装工事で、外壁以外に塗装する必要のある付帯部分を示しております。

付帯部分が劣化したままだと、いくら外壁を塗り替えてもお住まい全体が美しく見えません。付帯部分も一緒に塗装をすれば、外壁と付帯部分のメンテナンスのタイミングがそろい、足場を組む頻度も減らすことができます。

外壁塗装は、長くお住まいに住み続けるためには欠かせない工事です。外壁塗装を怠りますと、お住まい自体が深刻なダメージを受けてしまいます。
塗装費用は決して安くはありませんが、劣化を放置して余分な修繕費がかかると、トータルコストもかさみます。

定期的に点検やメンテナンスを行い、被害が拡大する前に塗り替えをしましょう。
また、塗装で高い耐久性を得るためにも、優良な業者を選ぶことが重要です。複数の業者に見積もりを出してもらい、比較・検討をしましょう。

ペンキ王では、外壁塗装をされるお客様がご準備していただく内容もご案内させていただいております。
お問い合わせは24時間365日受けつけておりますので、お気軽にご相談ください。


  • LINEでお見積り
  • クレジット決済がご利用頂けます。

点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 0800-8001630 ここを押すと電話がかかります。
  • 0800-8001630
  • メールで見積を申し込む

対応エリア対応エリア

  • 東京
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 宮城

他地域はご相談下さい!