屋根の断熱材が暑さや寒さの原因?断熱塗装で断熱性能をアップしよう


最近では夏の暑さも厳しくなり、部屋にいながら熱中症になる人も多くいます。
熱中症になるほど建物の中が高温になる原因は、建物の断熱性能にあるのです。

建物の断熱性能を上げる方法にはいくつかありますが、そのなかに屋根断熱と屋根塗装があります。

ここでは、建物の断熱の中でも、屋根や天井に断熱材を施工して断熱する屋根断熱と、塗料を塗るだけで断熱性能を高めることのできる断熱塗装についてお伝えします。

目次

暑さの原因は屋根の断熱材?

近年日本の夏も暑くなり、35℃を越す真夏日が続く地域も珍しくなくなりました。
昼間は仕事で家を空けていて、外が涼しくなる夜まで家の中が暑く、帰宅してすぐエアコンをつけなければ過ごせない人もいるしょう。

実は、この現象には屋根の断熱材が大きく関わっています。

真夏の屋根の温度は60〜80℃

真夏日が続く時期には太陽の日射熱も厳しく、日射熱の直接当たる屋根の温度は70℃以上になることもあります。
もちろん、その熱が直接家の中に入ってくるわけではありません。
しかし、屋根にどんな断熱材を使っているかで、どれだけ熱を遮断できるかが変わります。

屋根裏にこもる熱

昼間に屋根に照りつける太陽熱は、屋根の表面から屋根内部に少しずつ熱が移動します。
その熱はまず小屋裏に留まり、小屋裏から家の中に少しずつ侵入してくるのです。

小屋裏とは屋根と天井との間にできるスペースのことで、ロフトや収納に使われることもありますが、通常は天井板でふさぎます。

昔の家は断熱材をあまり使っていなかったため、真夏の小屋裏はとても入れないほど暑かったことを覚えている人もいるでしょう。
最近の住宅は断熱性能を高めているためとはいえ、昔ほどではありませんが、やはり小屋裏は温度が高くなります。
夜になると、外は涼しいのにもかかわらず、小屋裏にためられた熱気が少しずつ下の部屋に下りてくるのです。

冬は天井から熱が放出される

冬は暖房やストーブなどで室内を温めることが多くなりますが、屋根の断熱性能が低いと、その熱が天井から放出されてしまうのです。
屋根に断熱材がある住宅なら、真夏の屋根から伝ってくる熱を遮断でき、冬には暖房で暖めた室内の熱の屋外への放出を防ぐことができます。

断熱材で魔法瓶のようなお家に

ここでは、屋根の断熱材について主に伝えていきます。
住宅に断熱材を施工するときは、屋根(天井)と壁、床(基礎)、全てに高い断熱性能を持つ断熱材を採用することが大切です。

屋根(天井)と壁、床(基礎)全てに断熱材を採用することで、住宅全体が断熱材で守られ、まるで魔法瓶のように外気の影響を受けない住宅にできます。

高い断熱性能を持つ住宅にすれば、外気の影響を受けずに夏は涼しく、冬は暖かい快適な環境を手に入れられるだけでなく、冷房や暖房の効率も高まるため省エネにつながるのです。

天井断熱と屋根断熱

屋根の断熱は、大きく天井断熱と屋根断熱に分けることができます。
それぞれどのような特徴を持ち、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

天井断熱の特徴

天井断熱とは、天井に断熱材を敷くことで天井裏の熱を室内に伝えないようにする断熱方法です。
2階建てであれば2階の、平屋建てであれば1階の天井部分のすぐ上に断熱材が敷かれます。
一般には、グラスウールやロックウールが断熱材として使用され、天井に直接敷き詰められます。

天井断熱のメリット

天井断熱のメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 施工方法が簡単
  • 施工面積を最小限で済ませられるため安価
  • 安価なわりに断熱性能が高く、費用対効果に優れる

天井断熱は天井に断熱材を敷き詰めるだけなので、施工方法が簡単です。
また、平面上に断熱材を敷き詰めるため、施工面積も小さく、必要な断熱材の数も少なくできることから安価に済ませられます。

天井断熱のデメリット

一方、デメリットは以下のようなものがあります。

  • 小屋裏の空間を活用できない
  • 勾配天井にしにくい
  • 断熱材の施工によっては配線が邪魔になることもある

小屋裏は断熱の対象外となり夏には暑くなってしまうため、小屋裏のスペースを活用しにくいこと。
天井を斜めにする勾配天井にできないなど、デザインが限られてしまうこと。
天井に断熱材を敷くことから、天井に這わせる配線が断熱材の邪魔になってしまうことがあります。

天井断熱では、小屋裏が外気に近い環境になるため、高い性能を持つ断熱材を施工しないと、小屋裏にこもった熱が夜に部屋へ伝わる可能性があります。

屋根断熱の特徴

屋根断熱は、屋根の下に断熱材を施工する断熱方法です。

屋根の下から断熱するため、小屋裏も家の中に近い環境となり、趣味部屋や収納部屋として活用しやすく、熱が小屋裏にこもるのをより遮ることができます。

屋根断熱では、天井断熱と同じくグラスウールやロックウールが使われるのに加えて、施工のしやすさから発泡ウレタンなども使われます。

屋根断熱のメリット

屋根断熱のメリットには以下のようなものがあります。

  • 小屋裏やロフトなど空間を活用しやすい
  • 勾配天井にできる
  • 小屋裏の熱ごもりを防ぐことができる

屋根に断熱材を使うことで、小屋裏の熱ごもりを防ぐことができるだけでなく、天井を外して天井を斜めにした勾配天井や、天井を高くとったロフトにするなど、空間を活用しやすくなります。

小屋裏の環境を室内の環境と同じにできるため、夜に小屋裏から室内に熱が漏れることがありません。

屋根断熱のデメリット

  • 施工面積が広くなるので費用が高くなる
  • 施工が比較的困難
  • 空調費用が高くなる

屋根断熱では天井断熱と比べて施工面積が広くなるのに加えて、斜めに断熱材を設置しないといけないため、熟練した技術が必要です。
断熱材も施工費用も高くなる傾向にあります。

また、天井断熱であれば小屋裏は空調の範囲に含まれませんが、屋根断熱は小屋裏を室内と同じ環境にするために、空調費用が高くなる可能性があるのです。
ただし、小屋裏の熱ごもりを防げる点で、実際にどちらの空調費用が高くなるかは住宅によって異なります。

屋根断熱の充填断熱と外張り断熱

屋根断熱には、屋根の内側から施工する充填断熱と、屋根の骨組みの外側に断熱材を施工する外張り断熱があります。
それぞれ、どのような違いがあるのでしょうか。

屋根断熱に使われる代表的な断熱材

天井断熱ではグラスウールやロックウールなどの断熱材が使われることが多いです。
しかし屋根断熱では、充填断熱か外張り断熱かによって使われる断熱材が異なります。

充填断熱とは、壁や天井の中に断熱材を設置する方法のことです。
天井断熱と同様、グラスウールやロックウールがよく使われます。最近では、斜めの天井でも吹き付けるだけで隙間なく施工できる発泡ウレタンが使われることも多くなっています。

一方、外張り断熱は壁の外側に断熱材を設置する方法で、発泡プラスチック系の断熱材が使用されます。

屋根断熱の充填断熱とは

充填断熱は屋根の内側から断熱材を施工する方法です。
費用を安く抑えられ、雨天でも作業できるメリットがあります。
一方、屋根裏には垂木(屋根の一番高いところから斜めに取り付けられる部材)があることから、断熱材の施工時に隙間ができ、断熱性能を下げてしまう恐れがあります。

屋根断熱の外張り断熱とは

外張り断熱は屋根の骨組みより外側に断熱材を敷き詰める方法で、隙間なく施工できて結露が少なく、一般に充填断熱より断熱性能を高めやすいです。

一方、屋根の骨組みの外側に断熱材を施工するため、水に弱い素材の断熱材を使用できない他、施工段階では雨の日に施工できないデメリットがあります。

天井断熱と屋根断熱…どっちがよい?

一般に、天井断熱の方が費用を安くできる代わりに、小屋裏の熱ごもりの問題などもあり断熱性能が劣ることがあります。
一方、屋根断熱は小屋裏を活用できるほか、勾配天井やロフトなどを実現しやすい代わりに施工費用が高くなる傾向にあります。

ただ、天井断熱も断熱材の種類や、厚さによって断熱性能を高めることができるので、一概にはいえません。

小屋裏を趣味部屋や収納部屋として活用したいのであれば、屋根断熱にすべきですが、屋根断熱にすることで、空調の対象範囲が広がってしまう可能性もあります。

施工費用を安くしたいのか、小屋裏を活用したいのかなど、それぞれの項目に分けてどちらがよいのか決めましょう。

施工費用 断熱性能 空間活用 空調の対象範囲
天井断熱 × 狭い
屋根断熱 広い

DIYなら天井断熱がおすすめ

断熱材の施工はDIYでもできますが、その場合は施工のしやすい天井断熱を選ぶようにしましょう。

天井断熱に使われる代表的な断熱材

天井断熱では、一般的にグラスウールやロックウールが使われます。
グラスウールはガラス製の繊維素材を用いた断熱材、ロックウールは玄武岩や鉄炉スラグに石灰を混ぜて作る断熱材で、グラスウール、ロックウールともに安価なことが特徴です(グラスウールはロックウールよりさらに安価)。

他にも、板状のものや発泡ウレタンを吹き付けるものなどさまざまなものがあります。
DIYで施工するのであれば、隙間なく施工するだけのグラスウールやロックウールを選ぶとよいでしょう。
グラスウールやロックウールはホームセンターなどの他、大手通販サイトでも購入できます。

DIYによる断熱施工の費用

天井断熱とはいえ、天井前面に断熱材を敷き詰めるのはなかなか大変です。
断熱材はすべて断熱しないと意味がありません。

購入したグラスウールやロックウールは、端部などはハサミやカッターで加工しながら、隙間のできないよう敷き詰めていきます。
グラスウールやロックウールは密度により10kや16kなどの違いがあり、厚さも選べます。
密度は数値が大きくなるほど高密度となります。
もちろん、密度が高く、厚みが厚い方が断熱性能を高めることができます。

具体的な価格ですが、密度10k、厚さ100mm、幅430mm、長さ2,740mmで施工坪数5坪のものが7,600円程度で売られています。
仮に20坪分施工するのであれば、7,600円×4セット=約30,400円の材料費が必要になります。

ただし、小屋裏に入る入口がない場合や、建物の構造上施工するのに充分なスペースがない場合は、スペースを確保して最後に元に戻す必要があります。

業者に断熱施工を依頼したときの費用

業者に断熱施工を依頼した場合、天井断熱では20〜30万円程度、屋根断熱では20〜50万円程度が相場です。
もちろん、価格は施工する断熱材の種類や求める断熱性能、施工する建物の状況によって異なります。

断熱塗装で断熱性能アップ

ここまで、建物の断熱性能を高める方法として、断熱材の施工についてお伝えしてきましたが、屋根に「遮熱塗料」や「断熱塗料」を塗って断熱性能を高める方法もあります。

遮熱塗料とは?

遮熱塗料は高日射反射率塗料とも呼ばれ、赤外線を反射(遮断)する顔料が混ぜられています。
高熱の原因となる赤外線を反射する塗料を塗ることで、屋根の温度上昇を抑制できます。
特に、夏の陽射しの厳しいエリアにはうってつけです。

ただ、遮熱塗料は冬にも太陽の日差しを反射してしまう側面があります。
これは、夏と冬の日射角度の違いにより、夏の室温上昇抑制効果と比べると、冬の効果はごく僅かという特徴があるのです。

つまり、夏の日差しは高いところから太陽熱が降り注ぐため、屋根の遮熱塗料が大きな効果を果たします。
しかし、冬の日差しは日射角度が低く、横(斜め上)から太陽熱が降り注ぐため、屋根の遮熱塗料も夏ほどの効果は発揮しないのです。

断熱塗料とは?

断熱塗料は、家の断熱性能を高める点において変わりはありません。
しかし遮熱塗料と異なり、熱伝導率の低い樹脂を混ぜることで「熱を伝わりにくく」することで断熱性能を高めるのです。

一般に、遮熱塗料と断熱塗料とでは遮熱塗料の方が高い断熱性能を持ちます。
ただし、断熱塗料は熱が伝わりにくくする塗料のため、夏の陽射しだけでなく、冬に室内の熱を外に逃しません。
つまり、遮熱塗料は夏に強く、断熱塗料は遮熱塗料より性能は低いものの、夏・冬ともに役に立つ塗料だといえます。
どちらがよいかは、住まれている地域や必要性に応じて選びましょう。

断熱塗装の費用

断熱塗装は、断熱塗料にせよ、遮熱塗料にせよ、さまざまな塗料が存在し、どの塗料を選択するかによって価格が異なります。
一般に3,000〜4,000円/㎡程度の費用がかかります。

断熱塗装は屋根に塗布することが多いですが、屋根に加えて外壁に塗布することで断熱性能を高めることもできるのです。

まとめ

夏の暑さや冬の寒さを緩和し、家の中で快適に暮らすためには住宅の断熱性能を高める必要があります。
それには、断熱材を施工する方法と断熱塗装する方法があるのです。

断熱材を施工することも大切ですが、断熱塗装は、外壁や屋根の塗り替え時に一緒に施工ができます。

直近で、外壁や屋根の塗り替えを検討されている人で、室内の夏の暑さや冬の寒さを感じているのであれば、断熱塗装も一緒に施工するとよいでしょう。
断熱塗装を施工したいときは、ぜひいえふくにお問い合わせください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページトップへ

お問い合わせ