外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

みんなの外壁塗装ガイド

サイディング外壁はコーキング工事必須!10~15年で打ち替えを!

外壁には、モルタル、ALC、RC、サイディングと種類がありますが、近年サイディング外壁のお家が増加傾向にあります。その理由として、サイディング外壁は他の外壁と比べて、建築コストが低く、施工の手間があまりかからないという利点があるからです。

サイディング外壁の増加により、コーキングの劣化やコーキング材に関してのお声をいただく機会も多くなりました。サイディング外壁のメンテナンスで、コーキングは非常に重要な役割を果たしており、なくてはならない存在です。

初めてサイディング外壁に住まわれる方や初めてコーキングの工事をお考えの方は、コーキングに関する不安や分からないことがたくさんあると思います。そこで、少しでもコーキングについて知っていただき、お客様の不安とお悩みを解消できたらと思っております。

ここでは、いえふくでのコーキング工事やコーキング剤の選び方などをご紹介します。

目次
  1. コーキングはどういう役割があるの?
  2. 劣化の原因
  3. コーキングの工事について
  4. コーキングの先打ちがおすすめの理由
  5. いえふくこだわりのコーキング剤の選び方
  6. いえふくがオススメするコーキング材
  7. まとめ

コーキングはどういう役割があるの?

コーキングはお家を守るために非常に重要な役割を担っています。
家が人だとすると軟骨のような役割があります。

例えば、人が歩いたり、走ったり、ジャンプしても簡単に足が折れないのは軟骨が衝撃を吸収しているからです。もし軟骨が無かったら、衝撃を吸収できずすぐ折れてしまいます。

家も同じで、外壁は気温の変化などで膨張してしまうため、コーキングが無ければ、ぶつかり合い劣化してしまいます。
ただ、外壁の隙間にコーキングをすることにより外壁同士のぶつかり合いもなくなりクッション性もあるので耐久性が増します。また、水が家の内部に侵入することも防ぎ、コーキングはなくてはならない存在です。

劣化の原因

コーキングは一回行えば永久に効果が持続するわけではなく一般的に寿命は5~10年です。
寿命が尽きれば様々な原因で劣化していきます。劣化症状別に原因を見ていきましょう。

症状名 ひび割れ 隙間ができる コーキングの剥がれ落ち 下地が割れ目から見えてしまっている
症状画像
原因 コーキングの寿命 湿気で伸縮が起きてしまい隙間ができた 寿命の他、施工時のプライマーの塗り忘れ、地震などの振動 コーキング材の厚みが足りていない
ひび割れ
原因:コーキングの寿命
隙間ができる
原因:湿気で伸縮が起きてしまい隙間ができた
コーキングの剥がれ落ち
原因:寿命の他、施工時のプライマーの塗り忘れ、地震などの振動
下地が割れ目から見えてしまっている
原因:コーキング材の厚みが足りていない

劣化の症状により原因は異なり、これらの症状を放置すると雨漏りなどを引き起こす恐れがあります。
外壁塗装となると外壁や屋根の劣化に意識が行きがちですが、コーキングにも同じように意識を向けることが家を長持ちさせる秘訣です。

また、コーキングの劣化は、外壁も同様に劣化している場合があり塗装を行う目安でもあります。
劣化の症状によっては、処置を早めに行わなければいけない場合もございますので、早めのご相談をお勧めします。

コーキング工事について

コーキングのみ補修の場合いくらかかるのか気になるところだと思います。
コーキング補修には、増し打ちと打ち替えといった2つの作業方法があり、方法によって金額も異なります。

増し打ち

作業方法:既存のコーキングを残したまま上から新しいコーキングを打つ工法

金額目安:700~900円/m

打ち替え

作業工法:既存のコーキングをすべて撤去し、新しいコーキングに交換する工法

金額目安:1300~3000円/m

※打ち替えは既存のコーキング撤去作業も含まれるため増し打ちより金額が高くなります。

サイディング塗装の外壁塗装工事では、基本的にはコーキングの補修も込みでご提案をしております。
別途、コーキングの補修を依頼する場合は、上記の金額プラス足場代も発生しますので、ついでにやってしまう方がおトクです。

また、コーキングの劣化は、外壁も同様に劣化している場合があり塗装を行う目安でもあります。外壁塗装とコーキングを別でやる場合、先打ちできませんので、どうしても強度が落ちます。そのため、コーキング補修は外壁塗装とあわせて行うことをお勧めします。

コーキングの先打ちがおすすめの理由

先ほど、少しお話にも出ましたがコーキングを塗り替え前にことによりコーキング強度が上がります。
その理由として、コーキング剤は紫外線に弱く劣化を早めてしまう原因になります。

そのため、コーキングを先打ちしその上から塗料を塗ることによりコーキングは塗膜によって紫外線から守られ、持ちが良くなり劣化しにくくなります。このようにコーキングの強度向上、長持ちする利点があるため、コーキングは先打ちがオススメです。

いえふくこだわりのコーキング剤の選び方

いえふくでサイディング外壁のコーキングを行う際、塗り替え時に適している3つの要素が入っているコーキング剤を使用しております。

  1. 耐久性が高く上から塗ってもはじかない性質
  2. コーキングの上から塗装した場合、ブリードが表面に出てしまうと塗膜を溶かしてしまうので、そのブリードを表面に出さない性質
  3. サイディング外壁は振動で外壁自体が動いてしまうので、その動きに追従する反発の少ない性質

上記の3つの要素はサイディング外壁のコーキングに最適かつ重要な要素です。
お家に適したコーキング材を選ぶことは、長持ちさせるために大切なことです。いえふくでは、お客様のお家に合わせて、コーキングの要素を選びお家に適した施工を行っております。

いえふくがオススメするコーキング材

お家を長持ちさせたいというお客様にいえふくがオススメするコーキング剤は「AUTON EXCEED」です。

  1. オートンイクシードの特徴
  2. 美観を維持する、汚れ防止機能
    耐候性、耐久性に優れていて、長持ち
    柔軟性長続きし、劣化しづらい

まとめ

コーキングには、サイディング外壁を守る大切な役割があります。サイディング外壁のコーキングに、ひび割れやすき間、剥がれなどが見られたら、早めにコーキングの打ち替え工事をするのがおすすめです。

サイディング外壁のコーキング工事は、築10~15年くらいのタイミングで、塗装工事とまとめて施工することが多いです。

いえふくは、築15年以内のサイディング外壁の塗装・コーキング工事を承っております。ご自宅の外壁の状態が気になっている方は、お気軽にいえふくのチャットへご相談ください。