本日の塗り替えブログ

補修ですむうちに・・・

2019.07.10大田区

ペンキ王のブログを御覧頂きありがとうございます。


今回は塗装を行う際によくある補修ができる一例をご紹介です。
こちらはある塗装工事の、補修部分を納めた写真です。

破風板の中央が割れてしまっていたため、補修を行っています。
このまま放置しておくと、ここから水が侵入して雨漏りや他の部材を痛めてしまうという原因になりかねませんのでしっかりと潰して行きます。

また、こちらは釘で打ち付けられていますが、やはり長年雨風にさらされていると釘の頭が浮いてきてしまったりしますがそちらも締め直しを行い、塗装を行いました。

もしこれが、雨漏りもしていて、なおかつ破風が割れて落ちてしまっている場合は通常の補修ではなく、
特に雨漏りは複数回の専門的な調査を行って対策を行う必要が出てきてしまいます。

せっかく建てたお家ですので、長くきれいに使いたいですよね。
屋根は難しいですが、1階から見上げて見える範囲だけでも破損を見つけたら早めに対応できるよう、定期的にお家の周りを見回って置くのも良いかもしれませんね。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜18時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • オンライン見積もり
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 理想の色選びをしよう
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
オンライン見積り
スマホサイト
に切り替え