用語集

鼻隠し

項目名
鼻隠し(はなかくし)

概要

軒先(屋根面の最先端部分)に取り付け、屋根を支える垂木(たるき)など屋根の基礎を隠す化粧板。屋根の防水・防風、雨樋(あまどい)を取り付ける下地としての役割も持つ。

詳細

効果

  • 垂木の切り口を隠し、家屋の美観を向上させる
  • 垂木の間から風が吹き込むのを防ぐ
  • 垂木の切り口が濡れ、腐食するのを防ぐ
  • 軒先に雨どいを取り付けるための下地としての役割も持つ

材質

木質系
杉板などの板材で作られる鼻隠し。以前は木質系の鼻隠しが大半であったが、耐久性・防火性に劣るため現在ではあまり使用されていない。
モルタル系
外壁をモルタルで仕上げる住宅でよく採用されていた鼻隠し。モルタル住宅の減少と共に現在では少なくなっている。
金属系
木質系やモルタル系の減少に伴って比率が増えている鼻隠し。既存の鼻隠しの補修・リフォームにも用いられる。加工が容易で耐久性に優れているガルバリウム鋼板が主に使用される。
窯業系
セラミックやスレートの板材で作られた鼻隠し。耐久性に優れ、金属系の鼻隠しと共に広く採用されている。

主にどういう建物に使われるか

軒がある家屋全般

メリット・長所

家屋の美観向上
見た目が美しいとは言えない垂木の切り口を覆い隠し、家屋の美観を向上させる化粧材としての役割を持つ
防風
屋根材は、上から吹き付ける風には強いが横や下から吹き込む風には弱く、破損したり剥がれたりする恐れがある。鼻隠しは軒先を覆うことで風が吹き込むのを防止する役割を持つ
防水
木材の切り口は水分を吸収しやすいため、垂木の切り口を鼻隠しで覆うことで垂木が腐食するのを防ぐと共に、垂木の間から雨が屋根内部に吹き込むことを防ぐ
下地
軒先に雨どいを取り付けるための下地としての役割も持つ

デメリット・短所

雨風に晒されることに加えて雨どいに入る雨水が当たる場所であるため、劣化しやすい。
定期的に点検して塗装や修繕を行うことが望ましい。特に木質系の鼻隠しは、ガルバリウム鋼板を巻き付ける「金属板金巻き」の修繕が効果的である

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ