用語集

雨戸

項目名
雨戸(あまど)
別名
シャッター

概要

雨風除け・防犯・防寒・防火などの目的から窓の外側に取り付ける戸。室町時代以降、日本家屋で広く普及した建具であるが、現在では窓ガラスの機能向上などの理由により雨戸を取り付けない家屋も珍しくない。

詳細

効果

雨風除け
雨や風から窓ガラスを守る
防犯
窓ガラスの外側に雨戸があることによって泥棒や不審者の侵入を防ぐ
防寒・遮熱
室内の暖気や冷気が窓から放散するのを防ぎ、暖房・冷房の効率を上げる
防火
隣近所の火災で火が開口部から内側に燃え移るのを防ぐ

材質

木製
古い家屋では木製の雨戸が一般的であったが、現在の新築物件で木製の雨戸が取り付けられることはほとんどない
スチール製
値段が手ごろで最も普及している。サビに強い特殊塗装を施すことで錆にくい
アルミ製
費用はかかるが、錆びにくさや耐久性に優れている

主にどういう建物に使われるか

一般家屋全般。ただし、窓ガラスの断熱性・防犯性・強度が向上したことにより、雨戸を設置しない家屋も珍しくない

どのような種類があるか

引き戸型
引き戸式で、雨戸を開ける時は戸袋に収納するタイプ。以前は雨戸といえばこの形式であったが、戸袋が家屋の外観を損なう点や開閉のために窓ガラスを開く必要がある点などから採用される割合は減っている
シャッター型
蛇腹式の雨戸で、窓の上部に折りたたんで収納するタイプ。戸袋がないために家屋がすっきりとした外観となる点や、電動式にすると窓ガラスを開けずに雨戸が閉められる点から増えている雨戸。ブラインドのように羽根を開閉して風通しや採光を調節できるタイプもある
折戸型
クローゼットの扉のように折戸で開閉するタイプの雨戸。戸袋を必要とせず、洋風家屋の外観にマッチする。羽根の角度を変えられるルーバータイプにすると、風通しや採光を調整できる。

メリット・長所

雨風除け
強度で劣るガラス製の窓を雨や風から守る。特に台風による被害が大きい地域では、飛来物で窓ガラスが割れるのを防ぐ効果が大きい
防犯
泥棒の侵入経路である窓ガラスの外側に雨戸があることによって泥棒や不審者の侵入を防ぐ。⇒防犯ガラスを採用することで窓ガラスの防犯性能を高めることも可能
防寒・遮熱
窓ガラスは空調による暖気・冷気が逃げやすい部分であるが、雨戸によって断熱・遮熱効果が得られる
防火
火災の場合に窓ガラスが割れ、炎が室内に入り込んで被害が拡大することを防ぐ。⇒防火性能の高い窓ガラスもある

デメリット・短所

  • 開閉が面倒
    ⇒電動のシャッタータイプを選ぶことで開閉の手間は省ける
  • 室内が暗くなる
    ⇒ブラインドタイプやルーバータイプなど、採光性のある雨戸もある

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ