用語集

金属系サイディング

項目名
金属系サイディング(きんぞくけいさいでぃんぐ)

概要

「サイディング」は板状の外壁材の総称。金属系サイディングは、薄い金属板の表面材と断熱性のある芯材で構成される。防水性・耐久性・断熱性に優れている。表面はレンガやタイル、木目調などさまざまなデザインの加工が施される。

詳細

効果

  • 外壁を覆うことで雨や日光から内部構造を保護し、劣化や腐食を抑える
  • 表面の文様や色のバリエーションが豊富で、家を住む人の好みに応じた外観に仕上げる
  • 芯材に断熱性があるため、省エネ効果がある
  • モルタル外壁のように施工する職人の技術に仕上がりが左右されることがなく、工期も短縮できる
  • 現在の新築住宅の主流である窯業系サイディングのと比較した場合、重量は約1/4であり、外壁材の軽量化によって地震による倒壊の危険性が少ない

材質

  • 金属系サイディングの表面材には以下の4つの種類がある。
  • ガルバリウム鋼板:アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%で構成されるアルミ亜鉛合金めっき鋼板。耐久性が高く、錆びにくい
  • 溶融亜鉛めっき鋼板:亜鉛でめっきを施した鋼板。錆びにくい
  • アルミニウム合金板:加工がしやすく、軽量で錆びにくい
  • ステンレス鋼板:非常に錆びにくく、耐久性が高い

メリット・長所

  • デザインが豊富:レンガ調やタイル調など、豊富な色とデザインから選ぶことができる
  • 断熱性が高く、省エネ効果が期待できる
  • 以前の主流であったモルタル外壁は現場で施工する職人の技術に仕上がりが左右されるが、金属系サイディングは工場で製造されたものが出荷されるため、品質が均一である
  • 金属は水を通さないため防水性能が高い
  • 表面材は金属で劣化しにくく、ひび割れの心配がない
  • 窯業系サイディングと比較した場合に重量が約1/4と軽く、地震の際に倒壊の危険が少ない

デメリット・短所

  • 窯業系サイディングよりも費用がかかる
  • 海岸近くでは塩害によって腐食する恐れがある。酸によっても腐食しやすいので、酸性雨にも注意が必要
  • 他の金属に接触している部分には容易にサビが発生する
  • 石などがぶつかるとへこむ恐れがある
  • 耐久性は高いが、新品時の塗装の種類や使用状況に応じて適切な時期に塗り直す必要がある。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ