用語集

軒天

項目名
軒天(のきてん)
別名
軒天井、軒裏、軒裏天井

概要

屋根の、壁より外側にせり出している部分の裏側。
軒天ボードと呼ばれる化粧板が取り付けられている。
軒天は屋根の垂木や野地板を隠し、家屋の美観を向上させると共に、雨が屋根の基礎部分にあたって腐食するのを防ぎ、屋根の内部に風が吹き込むのを防止する。
小屋裏(屋根の下、二階天井の上)に溜まった湿気や熱を放出する通気口や通気機能を軒天に設けている場合もある。
光の反射で室内を明るくするために白や淡色で仕上げることが多い。
火災時、軒天は下からの炎が当たり燃えやすい部分であるため、家屋が建つ場所の防火基準に従って防火性能のある材料・工法によって仕上げることが求められる。

詳細

効果

  • 垂木など屋根の基礎を隠し、家屋の美観を向上させる
  • 垂木など屋根の基礎が雨で濡れることを防ぐ
  • 屋根の内部に風が吹き込むことを防ぐ
  • 防火性能のある材料と工法で軒天を仕上げることにより、火災時に小屋裏に炎が燃え移り被害が拡大するのを防ぐ

材質

珪酸カルシウム板
略してケイカル板とも呼ぶ。不燃性で軽量。家屋が建つ地域の防火基準に準拠するさまざまな仕様の製品が揃い、軒天材料の主流となっている。
スラグ石膏ボード
製鉄の際、鉱石から鉄を取り出した後に残る鉱物(スラグ)と石膏を混ぜて固めたもの。不燃性であることから軒天の材料に採用されている。
金属系
加工がしやすく耐久性の高いガルバリウム性の軒天。ガルバリウム鋼板自体は薄く耐火性に劣るため、準防火地域では使用できない。
木質系
合板やべニヤ板を貼った軒天。安価であるため以前はよく用いられていたが、耐久性や防火性に劣る。

主にどういう建物に使われるか

軒が出ている建物全般。軒がない家には存在しない。

メリット・長所

家屋の美観向上
垂木など屋根の基礎を隠し、家屋の美観を向上させる
防火
防火性能のある材料と工法で軒天を仕上げることにより、火災時に小屋裏に炎が燃え移り被害が拡大するのを防ぐ
防水
屋根の基礎部分が雨で濡れて腐食することを防ぐ
防風
屋根の内部に風が吹き込んで屋根が破損することを防ぐ。屋根材は、上から吹き付ける風には強いが横や下から吹き込む風には弱く、破損したり剥がれたり

デメリット・短所

  • 火災時に火が燃え移りやすいため、家屋が建つ地域の防火基準に従った材料と工法で仕上げる必要がある
  • 軒天の劣化で雨水が内側に浸入すると、屋根材からいずれは外壁内部や室内まで雨水が浸透し、雨漏りの原因となる
    ⇒定期的に点検し、適切なタイミングで軒天ボードの上張りや塗装などの修繕を行うことが望ましい。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ