用語集

色見本

項目名
色見本(いろみほん)
別名
カラーサンプル

概要

外壁や屋根を塗装する際、色を決めるための参考として見る塗料の色の見本。日本塗料工業会が発行する色見本であれば塗料に使用される色のほぼ全てが網羅されているほか、塗料メーカーが塗料ごとに作成するカタログにも色見本がついている場合が多い。塗装業者によってはより大きな面積(A4程度)に候補の塗料を塗った色見本を準備してくれる場合もある。いずれの場合も、実際に外壁や屋根に塗装した色は色見本とは印象が異なる場合が多いため、カラーシュミレーターや実際の施工例などを参考に色を選ぶことが望ましい。

詳細

目的

外壁や屋根などの塗装を行う際、より好みに合った色を選ぶために使用する

どのような種類があるか

  • 日本塗料工業会が発行する色見本:厚紙に色の見本をインクで印刷し束ねたもの。印刷面が小さい上、インクでは塗料の特性やツヤの有無などが分からないため、この色見本だけで塗料を選定すると仕上がりがイメージと異なる場合がある
  • 塗料カタログの色見本:塗料メーカーが塗料のカタログに載せる色見本。実際の塗料で塗装してある場合は塗料の質感も確認できるが、実際に家屋に塗装してみた印象は色見本と異なる場合が多いので注意が必要である。
  • 塗り板の色見本:A4サイズ程度の板を候補の塗料で塗装した色見本。契約した塗装業者を通じて塗料メーカーから取り寄せる。広い面積で確認することで塗料の色や質感をより正確に判断することができる。

メリット・長所

実際に塗装をする前に塗料の色や質感を確認できる

デメリット・短所

色見本は印刷面が小さいために薄い色は濃く、濃い色は薄く感じるため、実際に塗装をした色の見え方は色見本と異なる場合がある⇒色見本での色の見え方を踏まえて色を選択することが望ましい。また、塗装業者が候補の色で塗った施行例があれば画像を見せてもらうなど、より実際の塗装に近い形で確認を行うことが望ましい

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ