用語集

破風

項目名
破風(はふ)
別名
破風板(はふいた)

概要

屋根の妻側(屋根面に対して垂直側、屋根の山型が見てとれる側)の側面。切妻屋根(きりづまやね)や入母屋屋根(いりもややね)の屋根などにある。破風には防水・防風・防火などの役割を持たせるため、(はふいた)を取り付けるのが一般的である。家屋のデザインを構成する要素の一部としての役割も持つ。

詳細

効果

  • 屋根の側面から屋根内部に風や雨水が吹き込むのを防ぐ
  • 火災時、窓から出た火が屋根に達し、側面から屋根裏に炎が入り込んで延焼するのを防ぐ。
  • 見た目に美しくない屋根の取り付け部分を覆い隠すと共に、家屋のデザイン要素の一部でもある

材質

木質系
杉板など、板材で作られた破風。以前は木質系の破風が大半であったが、耐久性・防火性に劣るため現在ではあまり使用されていない。
金属系
金属製の薄板(現在ではガルバリウム鋼板を用いることが多い)を用いた破風板。破風板のリフォームでは木質系の破風板を巻くように取り付ける工法がよく用いられている。ガルバリウム鋼板は加工が容易で耐久性に優れているという利点があるが、単体では厚みが薄いために耐火性能は低い。
窯業系
セラミックやスレートで作られた破風板。耐久性・耐火性に優れ、金属系の破風板と共に現在の主流となっている。
プラスチック系
軽量で耐久性の高いポリ塩化ビニル製の破風板。熱に弱く、金属製屋根の照り返しで熱変形する恐れがある。

主にどういう建物に使われるか

切妻屋根や入母屋屋根などの屋根側面

メリット・長所

防風
屋根内部に風が吹き込み、屋根が破損するのを防ぐ。屋根は横からの風に弱いため、破風板で防護する必要がある
防水
屋根内部に雨が浸入して雨漏りや腐食等の不具合が起こるのを防ぐ。屋根内部には防水機能がないため、雨水の浸入を防ぐことは重要である
防火
火災時の炎は容易に屋根部分まで達するが、破風部分に燃え移ると防火対策がされていない屋根裏に容易に延焼し、火災の被害が増大する。破風板には炎が屋根裏に燃え移るのを食い止める働きがある
家屋のデザイン性の向上
屋根の基礎部分を覆って隠し、見栄えを上げるデザイン面での効果もある

デメリット・短所

風雨に晒される個所であるため、劣化しやすい
定期的に点検して塗装や修繕を行うことが望ましい。木質系の破風では、ガルバリウム鋼板を巻き付ける「金属板金巻き」の修繕が効果的である
白い破風板にすると汚れが目立つ
破風板には白以外を選ぶことが望ましい

有名な・歴史的な建築物

  • 弘前城天守(切妻破風)
  • 法隆寺金堂(入母屋破風)

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ