用語集

溶剤

項目名
溶剤(ようざい)
別名
溶媒、ターペン(弱溶剤の場合)

概要

顔料や樹脂などの塗料の原料を溶かし、液状にするための液体を溶剤と呼ぶ。水も溶剤の一種であるが、塗装業界においては、有機化合物からなる溶剤のことを指す場合が多い。溶解力(溶かす力)の強い旧来の溶剤は強溶剤、塗料用シンナー(ターペンとも呼ばれる)は弱溶剤という名称で分類される。
有機溶剤は、弱溶剤も含め吸引した場合には中毒症状を引き起こし、また、大気中の有機化合物は光化学スモッグを引き起こす原因物質となるため、弱溶剤塗料や水性塗料への切り換えが進められている。

詳細

効果

  • 顔料、樹脂などを溶かし液状にする
  • 塗装現場で開封した塗料を希釈し、塗装に適した濃度にするのにも使用する

どのような種類があるか

強溶剤
トルエン、キシレンなど比較的溶解力が強い溶剤
弱溶剤
灯油に近い組成で、溶解力や臭いが穏やかな溶剤(ターペンとも呼ばれる)

メリット・長所

塗料にもよるが、溶剤を使用する塗料の方が下地を選ばず、耐久性も高い
※技術革新により水性塗料でも溶剤系の塗料に匹敵する性能を発揮するようになりつつある。
※一般住宅では強溶剤型塗料を使用することはほぼなくなり、弱溶剤型塗料もしくは水性塗料が主流となっている。橋や高層建築物など耐久性が求められる建造物では、強溶剤を使った塗料が使用されている。
※水性塗料にも少量(7%以下)ではあるが、溶剤は含まれる

デメリット・短所

  • 吸引すると中毒症状が起きるなど、健康被害を引き起こす
  • 大気中に排出されると光化学スモッグの原因物質となる
  • 引火性があるため取り扱いや保管には注意が必要

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ