用語集

油性

項目名
油性(ゆせい)
別名
溶剤系
対義語
水性、水溶性

概要

外壁塗装においては、顔料や樹脂などの固形の材料をシンナーなどの溶剤で液体状にした溶剤系塗料を油性塗料と呼ぶ。溶剤の種類によって溶剤型と弱溶剤型に分類される。水性の合成樹脂塗料よりも適応する下地の種類が多く、耐久性が高い場合が多いが、環境や健康への配慮から水性の合成樹脂塗料の使用が広がりつつある。

詳細

主にどういう建物に使われるか

一般家屋の外壁や屋根。臭いや健康への配慮から、屋内ではあまり使用されない。

どのような種類があるか

  • 強溶剤型:溶剤としてトルエン、キシレンなどを使用している油性塗料
  • 弱溶剤型:灯油に近い組成の溶解力や臭いが穏やかな溶剤(塗料用シンナー、ターペン)を使用している油性塗料

メリット・長所

  • 塗料にもよるが、同じグレードの水性塗料に比較すると耐久性が高い場合が多い
  • 気温が低くても使用できる
  • 下地への密着が良いため、下地の適用範囲が広い

デメリット・短所

  • 環境や健康に悪影響のある揮発系有機化合物を排出する
  • 溶剤に悪臭・刺激臭があるため塗装現場からの苦情が出やすい
  • 同じグレードの水性塗料と比較すると価格が高め

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ