用語集

項目名
棟(むね)
別名

概要

屋根面と屋根面が一番高い部分で接している稜線部分を指す。接合部分で雨水が浸入しやすいため、板金や専用の瓦で防水対策を行う。風による影響を受けやすい部分でもあり、剥がれや破損が生じると雨漏りや屋根の基礎部分の劣化・腐食の原因となるため、定期的な点検で棟の状態を確認しておくことが重要である。

詳細

材質

日本の一般的な家屋で利用されている主要な屋根材

瓦葺きの屋根では、棟専用の棟瓦で棟を葺く
金属系の棟
スレートやガルバリウム鋼板の屋根では棟の保護に金属系の板金が用いられる。棟に木材や合成樹脂製の棟板を取り付けた後、薄い板金を棟に留めつけて仕上げる。板金は加工がしやすく耐久性にすぐれるガルバリウム鋼板が用いられるのが一般的であるが、ガルバリウム鋼板よりサビが生じにくいステンレス製の板金や、和風建築の家屋に合う銅製の板金を用いる場合もある。

主にどういう建物に使われるか

2面以上の屋根がある家屋全般。片流れ屋根(かたながれやね)や陸屋根(りくやね、おかやね)には存在しない。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ