用語集

項目名
庇(ひさし)
別名
霧よけ、オーニング

概要

日除けや雨除けを目的として住宅の出入り口や窓の上に設けられた小さな屋根状の構造物。庇と形状は似ているが、屋根の外壁より突き出た部分は軒と呼ぶ。家屋のデザインや施工費用、隣家や道路からの距離、建蔽率の問題などから庇がない家屋も増えている。

詳細

目的

住居の日除けや雨除けのために設置される

材質

木製
純和風建築の家屋で用いられる。庇の上部は瓦や金属製の板金で覆うことで耐久性を上げる
金属製
軽量で耐久性の高いアルミニウムやガルバリウム鋼板などが用いられる。現代的な一般家屋の主流となっている。ガルバリウム鋼板は、木製の庇を補修・リフォームする場合にも用いられる
ガラス製
強化ガラスを用いて強度を高めたガラス製の庇。採光性が良く、デザイン性に優れている他、UV加工を施したものもある
ポリカーボネート製
軽量で加工が容易。

主にどういう建物に使われるか

住居のドアや窓などの開口部に取り付けるが、庇をつけない家屋も増えている

どのような種類があるか

陸庇(ろくひさし)
外壁基礎の柱に、雨水が切れるように斜めに勾配をつけた板を取り付けたもの。庇の上は金属板で仕上げ、裏には軒天井を貼るのが一般的である
腕木庇(うできひさし)
外壁基礎の柱に庇を支える腕木を差し込み、腕木の上に桁と呼ばれる横板を渡して庇を作る方法で、和風建築でよく用いられる。

メリット・長所

日除け
窓から差し込む直射日光を遮り、紫外線や日差しの熱さから外壁や室内を保護する
雨除け
雨水が窓やドアに直接かかるのを防ぎ、雨がドアや窓から室内に降り込むのを遮る。
外壁の雨だれ汚れの防止
庇がない場合、雨水がドアや窓にかかるとサッシ部分の汚れがサッシの隅部分などから流れ落ちるため、その部分だけ外壁が汚れて見栄えが悪くなる。
雨漏りの防止
ドアや窓を取り付けた周囲は雨漏りが多い箇所であるため、庇で雨が降りかかることを防ぐことで雨漏りを防止する

デメリット・短所

  • 施工費用が高くなる
  • 隣家や道路からの距離や敷地面積によっては、庇を出せない場合もある
  • 庇のとりつけ部分から雨水が浸入し、雨漏りの原因となる場合もある
    ⇒定期的に点検をし、庇やその周辺の外壁に雨水が浸入しそうな劣化やひびなどが生じた場合には早急に修繕を行うことが重要である。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ