用語集

剥離

項目名
剥離(はくり)

概要

塗装した塗料の膜(塗膜)が塗装面から剥がれてくる塗装の劣化現象。塗料の耐用年数を超えているなど経年劣化による場合もあるが、塗装時の施工や塗料の選択に不備があった場合には施工後数年で塗膜の剥離が生じるおそれがある。

詳細

原因

  • 塗膜の経年劣化
  • 下地処理の問題:
    塗装前の洗浄や古い塗膜の除去が不十分だった場合など
  • 下塗り作業の問題:
    下塗りを省略したり十分な下塗りを行わなかった場合など
  • 塗料の選択の問題:
    下地に適した塗料を選択しなかった場合など
    例)・窯業サイディングの外壁に弾性塗料を塗装した場合や、鉄部に鉄部用以外の塗料を塗装した場合
  • 塗料や塗装手順の仕様を守っていない:
    規定されている希釈率や乾燥時間が守られていなかった場合など
  • 塗装作業時の注意事項を順守していない:
    「気温が5度未満、湿度85%以上の時は塗装しない」「降雨・降雪の場合には塗装しない」など、塗装作業時の注意事項を順守していない場合
  • 下塗り塗料と上塗り塗料の相性が悪い:
    メーカーが塗料ごとに指定している下塗り塗料を選択することでトラブルを回避できる

どのような場所で発生するか

塗膜の劣化が進行している場合や塗装時の作業手順に問題があった場合には、塗装が行われた場所全般で起こりうる現象である

予防や対処法

【予防】

  • 塗膜の劣化:チョーキングなど初期の劣化の段階で塗り替えを行う
  • 施工手順:下地処理を適切に行うと共に、塗料の希釈率や使用量、乾燥時間などの仕様を順守する
  • 塗料の選択:下地に適合する塗料を選択すると共に、メーカーが推奨する下塗り・上塗り塗料の組み合わせで塗装する
  • 塗装時の条件:気温や湿度などの塗装時の環境条件を順守する

【対処法】

  • 劣化した塗膜は徹底的に剥がした上で塗装を行う

デメリット・短所

  • 建物の美観が損なわれる
  • 外壁を保護している塗膜が剥離することで外壁内部に雨水が浸入し、雨漏りや内部の腐食などのトラブルを引き起こす

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ