用語集

切妻屋根

項目名
切妻屋根(きりづまやね)

概要

傾斜のある2面の屋根が山型を作っている屋根の形。形状がシンプルであるため、施工費用が比較的安価である。屋根面同士の接合部分が少ないため雨漏りも比較的少ない屋根形といわれている。

詳細

主にどういう建物に使われるか

一般家屋の屋根形として、広く採用されている

メリット・長所

  • 屋根面が少なく、構造もシンプルであるため、施工費用が比較的低く抑えられる
  • 屋根の補修や葺き替えをする際にも、施工費用を比較的低く抑えられる
  • 屋根面同士、屋根面と外壁の接合部分が少ないため、雨漏りが起こりにくい
  • 洋風・和風どちらの建築様式にもマッチし、デザインの幅が広い
  • 屋根面の傾斜をつけることで雪が落ちやすく、豪雪地帯の家屋にも適している
  • 屋根面が広く、また屋根の勾配を調整することで、効率的に太陽光発電用パネルを設置することができる

デメリット・短所

妻側の壁が雨や風、直射日光の影響を受けやすい。特にけらば(妻側の屋根の、外壁よりも外側に出ている部分)が短かかったり、けらばを出していない屋根の場合に顕著である
⇒妻側が南側を向かないようにするなど設計段階で対策を取ることが望ましい。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ