用語集

入母屋屋根

項目名
入母屋屋根(いりもややね)

概要

屋根の形状のひとつ。上部は切妻屋根(屋根面が2面)、下部は寄棟屋根(屋根面が4面)の構造を有する。4方向に軒があるために外壁を雨風から保護する機能が高い東アジアの伝統的な屋根形であり、日本においても最も格式の高い屋根形として神社仏閣をはじめ一般住宅にも広く用いられてきたが、現代においては高級和風住宅以外で採用されることは稀となっている。

詳細

目的

住居の格式の高さを示す屋根形となる

材質

純和風建築で採用されることが多いため、屋根材には日本瓦を用いることが多い。

主にどういう建物に使われるか

純和風の高級住宅において採用されることが多い屋根形である

どのような種類があるか

切妻部分と寄棟部分の勾配角度が異なる場合には「錣屋根(しころやね)」と呼ばれる

メリット・長所

  • 重厚感があり、屋根の形で家屋の格式の高さを表現することができる
  • 四方の外壁に軒がかかるため、雨水や直射日光が外壁に当たりにくく、外壁の劣化を保護する機能が高い
  • 風が屋根の下に回り込みにくく、台風などの強風に強い

デメリット・短所

  • 屋根の形状が複雑であることから施工技術をもった職人が限られており、建築時やメンテナンスに費用がかかる
  • 日本瓦を用いる場合、屋根の重量が重くなるため耐震性に不安がある⇒軽量のガルバリウム鋼板の屋根材を用いたり、建物本体の強度を上げることによって耐震性を確保することができる
  • 屋根面の接合部分が多くなり、施工不良や経年劣化による雨漏りの危険性が高くなる⇒施工に際しては技術と経験のある職人に依頼すること、定期的にチェックをして雨漏りを未然に防ぐことが重要である

有名な・歴史的な建築物

  • 新薬師寺本堂
  • 三十三間堂
  • 醍醐寺金堂

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ