用語集

下地調整

項目名
下地調整(したじちょうせい)
別名
下地補修・下地処理

概要

外壁や屋根の塗装を行う前の下準備として、塗装面(=下地)を塗装を行える状態に整える作業のこと。具体的には、高圧洗浄やひびの補修、目地のコーキング(シーリング)の打ち直し、劣化した古い塗料の膜(塗膜)の除去、金属部分や木部などの塗装面に行うケレンなどの作業を指す。下地調整が不十分なまま塗装作業を行った場合、仕上がりの美観が損なわれるだけでなく新しい塗装が早期に剥がれるなどのトラブルにつながるため、仕上げの塗装と同様に重要な工程となる。

詳細

目的

  • 塗装面の汚れや劣化した塗膜を除去することで新しい塗料が塗装面に密着し、塗装の早期剥がれを防止する
  • ひびやコーキング(シーリング)を補修することで仕上がりが美しくなるだけでなく、外壁内部への水の浸入を防止する

必要となる材料・機材

【高圧洗浄】

  • 高圧洗浄機と水道水
  • バイオ洗浄を行う場合は専用の洗浄液

【劣化した古い塗膜を剥がす作業】

  • 金属へらなどの工具ややすりなど

【塗装面の凸凹やひびの補修】

  • ひび割れ箇所に溝を掘ってシーリング材を抽入しやすくするための工具
  • シーリング材

【金属部分や木部のケレン】

  • サンドペーパーやサンダー(電動やすり)
  • ワイヤーブラシ
  • 金属へら など

【コーキング(シーリング)の打ち直し】

  • シーリング材

主にどういう建物に使われるか

全ての塗装工事で必ず実施する

どのような種類があるか

【高圧洗浄】

  • 塗装面の汚れや劣化した古い塗膜を洗い落とす

【劣化した古い塗膜を剥がす作業】

  • 高圧洗浄で落としきれなかった劣化した塗膜を手作業で取り除く
  • 鉄部では塗装面全体に細かな傷をつけて塗料の密着性を高める(ケレン作業)

【塗装面の凸凹やひびの補修】

  • ひび割れ箇所に溝を掘ってシーリング材を抽入しやすくするための工具
  • シーリング材

【コーキング(シーリング)の打ち直し】

  • シーリング材

メリット・長所

  • 塗装面の汚れを落とし滑らかに整えることで塗装が美しく仕上がる
  • ひびや傷を補修することで外壁の内部に雨水が浸入して劣化・腐食することを防ぐ
  • 塗料の密着性が良くなり、塗装が長持ちする

デメリット・短所

  • 下地処理の手抜きは外観からは判別しにくい⇒見積もりや施工中の報告内容などで下地調整の内容を確認する

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ