用語集

ジンカリウム鋼板

項目名
ジンカリウム鋼板(じんかりうむこうはん)

概要

アルミニウムと亜鉛の合金でめっきされた鋼板。組成はガルバリウム鋼板とほぼ同一で、ジンカリウム(ZINCALUME®)はBlueScope社の登録商標。ガルバリウム鋼板よりも耐久性が高いと言われている。
日本においては、自然石粒付鋼板(自然石粒化粧鋼板ともいい、ジンカリウム鋼板もしくはガルバリウム鋼板に砂粒程度の大きさの自然石粒を吹き付け、トップコートでコーティングしたもの)をジンカリウムと呼ぶ場合もある。

詳細

効果

【アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板として】

  • 薄く軽量
  • 耐久性があり、錆びにくい
  • 加工がしやすい
  • ガルバリウム鋼板の生産工程を改良したものであるため、より耐久性に優れている。

【自然石粒付鋼板として】

  • 表面の石粒で雨粒が拡散されるため、石粒加工のない鋼板と比較して雨音が気にならない
  • 表面の石粒によって熱伝導率が低くなり、屋根本体に熱が伝わりづらい

材質

【アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板として】

鋼板にアルミニウム・亜鉛合金(アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%)でめっきを施したもの

【自然石粒付鋼板として】

ジンカリウム鋼板に自然石粒を吹き付け、その上からトップコートでコーティングしたもの。ただし、自然石粒付鋼板にはジンカリウム鋼板ではなくガルバリウム鋼板に自然石粒を吹き付けたものもある。

主にどういう建物に使われるか

自然石粒付鋼板として、一般家屋の屋根材として使用されている

どのような種類があるか

D’s Roofing®(ディーズルーフィング®):
瓦のデザインにより、ディプロマットスター、ローマン、クラシックタイル、エコグラーニなどの種類がある

Sky Metal Roof®(スカイメタルルーフ®)

メリット・長所

  • 薄く軽量であるため、建物本体への負担が少なく耐震性が高い。既存の化粧スレートにジンカリウム鋼板を重ねて葺くリフォームも広く行われている
  • 耐久性に優れている
  • 薄く加工が容易であるため、瓦調の形にするなど化粧スレートよりもデザインの幅が広い
  • 自然石粒は無機物であるため、色あせせず美観が長期間保たれる
  • 金属系屋根材には雨音が響くという欠点があるが、ジンカリウム鋼板では自然石粒加工で雨粒が拡散されるため、雨音が響きにくい
  • 表面の自然石粒加工により、紫外線の熱を屋根本体に伝えづらくするこ効果が期待できる

デメリット・短所

  • 自然石粒の吹付をしていないガルバリウム鋼板の屋根材に比べて割高である
  • 輸入品が多く、製品の安定的・継続的な供給に懸念がある
  • 表面の自然石粒が剥がれ落ちる懸念がある
  • 断熱材と一体型のガルバリウム鋼板性瓦に較べると断熱性能が劣る⇒既存のスレート屋根に重ね葺きをする場合にはスレートが断熱材の役割を果たすために熱伝導性は低くなるが、ジンカリウム鋼板の屋根材単体で屋根を葺く場合には屋根裏に断熱材を敷く、屋根に断熱空間を設ける断熱通気工法を採用するなどの断熱方法を採用する場合がある。
  • 錆びにくくはあるが、金属であるためにサビが生じる。特に海に近く塩害が出る地域や工業地域では耐用年数は短くなる
  • 薄いために傷やヘコミが生じやすい

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ