用語集

シーリング

項目名
シーリング(しーりんぐ)
別名
コーキング

概要

サイディングの継ぎ目やドアや窓の周りなどの外壁の隙間や、外壁に生じたひびなどを合成樹脂製の充填材を用いて埋める作業、もしくは隙間を埋めている充填材。雨水の浸入による雨漏りや外壁の腐食を防ぐ他、外壁の部材が継ぎ目でぶつかり合って破損することを防ぐクッションの役割も果たしている。シーリング材の材質によって耐久性は異なり、外壁の塗り替えより早くシーリングが劣化し、補修が必要になる場合もあるので注意が必要である。

詳細

目的

  • 雨水の浸入による雨漏りや外壁内部の腐食を防ぐ
  • 外壁に生じたひびの補修
  • 外壁の部材同士がぶつかって破損するのを防ぐ

必要となる材料・機材

シーリングをする際には、プライマーと呼ばれるシーリングを行う個所とシーリング材の密着性を高めるための塗料で下塗りを行ってから作業をする

主にどういう建物に使われるか

  • 建造物の外壁
  • 浴室やキッチンなど水回りの接合部分

など

どのような種類があるか

【シーリング材の樹脂の種類】

シーリング材は樹脂を原料とするパテ状の充填材だが、原料に使用される合成樹脂の違いによりさまざまな種類がある。

変性シリコン系
シーリング部分への密着性や上から塗装した際の塗料との密着性ではウレタン系に劣るが、耐候性(屋外の使用で変色や劣化しにくいこと)や耐久性が比較的高く、ウレタン系と共に外壁のシーリングによく使用される。
ウレタン系
弾力性があり、コンクリートやモルタル外壁に生じたひびやクラックの補修に使用されることが多い。耐候性に劣るので上から塗装をしてシーリング面を保護することが重要である。
アクリル系
安価ではあるが耐久性が劣るので現在はほとんど使用されていない。
シリコン系
弾力性や伸びが悪く地震などで外壁が震動した際に剥がれる恐れがあることや、撥水性が高いためにシーリングの上からの塗装が難しいという点から外壁塗装で使用することはあまりない。

メリット・長所

サイディングの継ぎ目やモルタル・コンクリート外壁のひび(クラック)補修に使用することで雨水の浸入を防止し、外壁を雨漏りや腐食から保護する

デメリット・短所

外壁の塗装よりも早くシーリングが劣化する場合がある
定期的に外壁の状態を点検し、適切なタイミングでシーリングの打ち増しや打ち替えを行うことで外壁の耐久性を維持することができる
シーリングをする箇所に向かないシーリング材を選択したり、プライマーを塗らずにシーリングを行うと早期にシーリングが剥離するなどのトラブルが生じる
使用箇所に適したシーリング材を選び、手順を守って作業を行うことが重要
シーリングの上に塗装を重ねた部分が時間の経過と共に黒ずんでくる
「ブリード」と呼ばれる現象。シーリング材を柔らかくパテ状に保つために配合されている可塑剤(かそざい)が塗装の膜にも浸透し、表面ににじみ出てくることが原因。ノンブリードタイプのシーリング材を使用することでブリードはある程度防ぐことができる。可塑剤が入っているタイプのシーリング材を使用する際には上から可塑剤移行防止剤を塗布してから塗装を行う。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ