用語集

カワスキ

項目名
カワスキ(かわすき)
別名
スクレーパー

概要

本来は皮革の厚みを薄く削るための道具であったが、外壁塗装においては古い塗膜やサビなどを削り取る作業に用いる道具のことを指す。金属部分はヘラのような形状をしているが、端部分には刃がつけてあるのが一般的である。

詳細

目的

  • 塗装のリフォームを行う際、塗装面に残った古い塗膜やサビなどを削り落とす
  • スレート屋根の縁切り(※)や、塗料が入った缶の開封に使用する場合もある

※縁切り
スレート葺きの屋根において、屋根材が重なった部分に生じる隙間は屋根内部に入り込んだ雨水の排出や湿気の排出の役割を果たすが、塗装リフォームの際にこの隙間に入り込んだ塗料をそのままにすると隙間が塞がり、屋根内部の腐食や雨漏りの原因となる場合がある。そのため、屋根面に塗装を施す場合には施工後に刃物やカワスキを差し入れて隙間を確保する必要がある。この作業を「縁切り(ふちぎり)」と呼ぶ。ただし、誤って塗装面や屋根に傷をつける可能性もあるため、「タスペーサー」と呼ばれる工具を差し込んで通気を確保する方法もある

材質

刃の部分は鉄やステンレス、持ち手は木やプラスチックのものが多い

メリット・長所

高圧洗浄などで落とし切れなかった古い塗膜を手作業で丁寧に除去することができる

デメリット・短所

カワスキを使用した下地調整作業は手作業となるため、手間と時間がかかる

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ