用語集

ウレタン

項目名
ウレタン(うれたん)
別名
ポリウレタン、アクリルウレタン、ウレタン樹脂、ウレタンゴム

概要

合成樹脂の一種。
屋根や外壁の塗装では、アクリルウレタン系の合成樹脂を主成分とするものをウレタン塗料と呼ぶ。
「ウレタンゴム」という別称から分かる通り、弾力があって塗装面にしっかり密着するので塗りやすい。
以前はアクリル樹脂塗料に代わり一般住宅の塗装に広く使用されていたが、最近は耐久性や性能で勝るシリコン樹脂塗料が外壁・屋根塗装の主流になりつつある。

詳細

効果

  • 防水(外壁や屋根への水の侵入を防ぐ)
  • 屋根や外壁の劣化防止
  • ヒビ等の補修
  • 美観維持

主にどういう建物に使われるか

  • 一般住宅のモルタル外壁
  • ベランダや屋上
  • 伸縮性があることを生かし、木部の塗装にも利用される

どのような種類があるか

水性ウレタン塗料
溶剤(塗料を薄める材料)に水を使用しているため、環境や人にやさしく、取扱いが容易。室内でも利用ができる。金属への塗布が難しいなど用途が限定される。
溶剤1液型ウレタン塗料
溶剤にシンナーやトルエンなどの有機溶剤を使用するもの。水性ウレタン塗料よりも耐久性にすぐれている。溶剤2液型よりも扱いが容易。
溶剤2液型ウレタン塗料
塗料が主剤(塗料)と硬化剤の2缶に分かれており、塗装時にこの2つを混ぜ、さらに溶剤で薄めて使用するもの。耐久性に優れており、性能の低いシリコン塗料よりも耐久性が高い場合もある。主剤と硬化剤を混合すると硬化がはじまるため、すみやかに塗り終える必要があるため、ある程度の塗装技術を必要とする。

メリット・長所

価格が比較的安い
現在市場に普及しているシリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料と比較すると安価。
密着力が高い
弾力性があり、塗布面にしっかり密着するため、ヒビが表面に出にくい。

2液型の場合、硬化剤の量を調節することで塗布面の硬度を上げたり、速乾性を高めたりなど、用途に応じた使い方が可能。
以前から業界で広く利用されてきた塗料なので、販売されている塗料の種類が豊富。

デメリット・短所

  • 最近の塗装業界で主流になりつつあるシリコン樹脂塗料と比較すると耐久年数が短い。
  • 断熱材が入っているサイディング系の外壁に使用すると、熱が蓄積されて塗装面に膨れがおきやすい。
  • 紫外線に弱いため、変色しやすい
  • 2液型のウレタン塗料で使用される硬化剤は水と反応する性質があり、湿度が高いと塗料の性能が落ちる場合がある。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報

お問い合わせ