外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

高い防水性が必要なパネル製の外壁(神奈川県厚木市)

はじめに

この度、外壁塗装を行われたK様邸は、軽量で断熱性が高く、しかも防火性、耐久性に優れたパネル製の外壁材となっています。
但し、この外壁材には一点だけ、吸水性が高いというデメリットがあります。
それだけに、防水性の高い外壁塗装が大切で、定期的な塗り替えと高品質な塗装が求められます。
またこのK様邸、めずらしいことに外壁の東西南の3面はパネル製の外壁材であるのに対し、北面だけが金属製のサイデングとなっています。
パネルとサイデングでは塗装の仕方が少し違うので、それぞれの塗装方法に従って進められました。

Before

パネル製の外壁は、モルタル壁のようにクラック(ひび割れ)が入ることはありませんが、外壁塗装の自然劣化は否めません。
塗装が劣化すると、パネルの耐水性が低下し、美観も損なわれます。
K様邸も、時が経つうちに少しずつ防水性と美観の衰えが目立ち始めていたので、塗り替えが必要な状況でした。

After

建物の中で一番目立っている南面外壁の2階バルコニーが、とてもきれいに仕上がりました。
塗料の種類は、防水性や耐久性のレベルにしたがって3段階ほどに大別されますが、K様邸の場合には、およそ15年は防水性と耐久性のある最も優れた塗装剤をお選びいただきました。
これで当面はひと安心です。
折からの暖かい日差しを受けてきらきらと輝き、新しいペンキの良い匂いが辺り一面にただよっています。


施工手順

足場設置

工事は、足場掛けから始まります。
昔は丸太を2本ほど束ねて横架けにしたごく簡素な足場でしたが、今では写真のように頑丈な金属製の足場が一般的です。
足場が進化したことで、職人さんが安心して質の良い工事を行えるようになりました。

高圧洗浄

次は高圧洗浄です。
人がおしゃれをする前にシャワーを浴びて体をきれいにするように、建物も塗り替える前には外壁をきれいにする必要があります。
建物にはさまざまな汚れがこびりついています。
ホコリやゴミ、コケやサビ、昆虫の死骸や鳥のフン、そして塗装剤の劣化したものなどです。
それらを高圧の洗浄機で洗浄すると、どんな頑固な汚れも容易に取り除けます。

養生作業

建物を塗装する前には、塗装しない箇所に防護を施す必要があります。
例えば、窓や雨戸の戸袋など、塗料が付着してはいけない部分に覆いをかけるのです。
窓の他には、プランターボックスやバルコニーの手すり、雨樋や窓の霜除け、排気口や吸気口のカバー、またランバーデッキのようなものもあります。
職人たちが心置きなく塗装に励むには、こうした細かな養生作業が必要なのです。

コ-キング

この場面は、パネル壁のつなぎ目の防水コーキングを取り替える作業です。
パネル製の壁にクラックは生じませんが、そのつなぎ目の劣化は必ず発生します。
写真では、まずつなぎ目の周囲に養生テープを貼り、次に古くなったコーキングを取り除き、そこに新しいコーキングを施して、最後に仕上げで整える一連の作業です。
これでパネル壁の防水は安心です。

下塗り

さて、いよいよ外壁塗装の本番です。塗料は基本的に3回塗られます。
まず「下塗り」、そして「中塗り」、仕上げに「上塗り」です。
つまり塗膜を3層にする塗り方となっています。
人の場合も、猛暑の夏を除いては重ね着をしているでしょう。
重ね着によって、季節ごとに体温を調節し、またケガや事故から体を守っています。
外壁塗装も同じで、重ね着をすることによって、厳しい自然条件から家を守ることになるのです。
塗装はまず、この写真で見るように下塗りから始まります。
下塗りの塗料には、一般的にシーラまたはプライマーなどと呼ばれるものを使用します。
粘着性に富んでいて壁肌に密着し、その後の塗料が壁と密着しやすくなる役目を果たすものです。

中塗り

下塗りが終わると、次に中塗りが行われます。
塗料の種類は上塗りと基本的に同じです。
K様邸に限っては、東西南面の3面がパネル製、北面がサイデングと違う素材なので、塗り方は同じでも塗装剤には違いがあります。

上塗り

中塗りが十分に乾いた後で、最後に仕上げ塗りである上塗りを行ないます。
こうして下塗り、中塗り、上塗りと3層の塗膜を構成することによって、外壁の耐水性と耐久性を高めるのです。

仕上がり

外壁塗装が全部終わり、家の美しさを再び取り戻すことが出来ました。
元々が高級な外壁材なだけあり、仕上がりの美しさがひときわ目立つ結果となりました。
ただ、吸水性が高い外壁材を使用しているため、定期的に防水性の高い外壁塗装を施すことを念頭に置きながら、今後もメンテナンスを継続していただきたいです。


付帯部分の塗装

外壁塗装には、外壁の他にも塗装を施さなければならない箇所が存在します。
屋根の破風や雨戸、樋などの部分です。
外壁が新しくきれいになっても、もしそれらが汚れたままだと性能と役目が維持できませんし、壁の美しさも際立ちません。
外壁と一緒に破風や雨戸、樋などを塗装することによって、家全体が美しく、強くなるのです。


まとめ

外壁塗装の大切さは、建物の性能と美観の維持にあります。
その両方の関係は、車の両輪に例えることが出来ます。
両方が同時進行で時間の経過を進めており、片方の精度が落ちると、もう片方の精度も落ちるのと似ています。
ですから外観を見て、美しさがかなり落ちてきたなと思ったら、外壁の防水性や耐久性も落ちていることをぜひ理解してください。
家は屋根と外壁によって守られていますから、なるべく早めの、そして定期的なメンテナンスが肝要です。