外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

モルタル外壁 新築時の白の美しさを取り戻す(神奈川県大磯町)

はじめに

こちらの記事で紹介させていただくのは、神奈川県川崎市にお住まいのS様邸の施工事例です。
S様邸は古くから日本で用いられているモルタル工法を導入した外壁のお宅です。
新築当時はモルタルの意匠性と白さが自慢だったそうですが、10年が経過した今ではすっかりその白さもくすんでしまいました。
しかし、外壁塗装を行ったことで新築当時の美しさが蘇りS様もご満悦です。
「これでまた自信を持ってホームパーティを開ける」と嬉しそうに語っていらっしゃいました。
外壁の状態が良くなるだけで、普段の生活も変わってくるものなのです。
それでは、S様邸が生まれ変わる様子を見てみましょう。

Before

施工前のS様邸の外壁の様子です。
以前は真っ白だったであろうモルタル外壁も、全体的に黄ばみ、ところどころ黒ずんでしまっています。
まだクラックは現れていないものの、遠目からでも汚れが目立ちます。
このまま放っておくとコケやカビが発生してしまう恐れがあるため、このタイミングで外壁塗装をご依頼いただいたのはベストな選択です。

After

モルタル外壁本来の美しさが戻り、真っ白な外壁を取り戻しました。
付帯部分の黒さがアクセントになり「まるで新築のようだ」とS様にも満足していただきました。


施工手順

足場設置

外壁塗装の施工を始めるにあたり、まずは足場を組み立てます。
足場を組み立てる際には飛散防止ネットを張り巡らせ、塗料が周囲に飛び散らないよう配慮しています。
S様邸は特に外壁の面積が広いため、脚立での作業はとても効率が悪くなります。
足場にはかなりの費用がかかってしまいますが、その分作業効率は格段にアップします。
また、当然ながら頑丈な足場を組むことは職人の安全確保にもつながります。
高い場所で作業を行うことになる外壁塗装は、不安定な足場の上では難しいもの。
よって、外壁塗装の施工には足場が欠かせないのです。

高圧洗浄

足場を組み終わったら、外壁全体を高圧洗浄機でピカピカの状態に戻します。
しつこい黒ずみやブラシでこすって落ちにくい汚れも、業務用高圧洗浄機を使用すれば、たちまち落ちていきます。
飛散防止ネットは高圧洗浄の際に発生する水しぶきが飛び散ってしまうのを防ぐことにも役立っています。

養生作業

高圧洗浄も終了したら、窓などに養生処理を施します。
塗料が窓についてしまうとなかなか落ちずに厄介なので、養生しておくだけで余計な部分が汚れてしまうのを防ぐことができます。

コ-キング

モルタル外壁は経年劣化によりクラックと呼ばれるひび割れが発生することがあります。
もしクラックが発生していた場合にはコーキングを用いて補修を行います。
しかし、今回のS様邸にはクラックが見られなかったため、特に問題ありませんでした。

下塗り

外壁塗装の基本は3度塗りです。
最初に行うのが「下塗り」の工程で、下塗りには上塗り塗料を外壁に密着させるという大切な役割があります。
下塗り専用の塗料が用意されていて、選ぶ上塗り塗料によって「どの下塗り塗料を使うべきか」が指定されていることも多いです。

中塗り

2回目の塗装、それが「中塗り」です。
下塗り塗料には白色を使うのが一般的ですが、中塗りからは選んだ色を使うことができます。
S様邸は真っ白の外壁をご希望であったため、中塗りにも白い塗料を使用しています。
中塗りは塗りムラを防ぐためにも欠かせない工程です。

上塗り

外壁塗装の仕上げとも言える3回目の塗装工程が「上塗り」です。
上塗りは中塗りと同じ種類の塗料を使用して、より外壁をきれいな状態に仕上げます。
中塗りが十分に乾いたことを確認してから上塗りは行われます。
外壁塗装の仕上がりに直結する作業であるため、経験豊富な職人でも緊張の面持ちで慎重に塗装していきます。

仕上がり

黄ばんで汚れが目立っていた外壁の面影は消え、真っ白で美しいモルタル外壁が復活しました。
破風板や鼻隠しの部分も塗り直し、住宅自体を建て直したかのようにピカピカに輝いています。
外壁塗装を行う際には破風板などの部分も同時に塗り替えるのが一般的です。
同時に塗り替えることで外観が整うことはもちろん、足場代を節約することができます。


付帯部分の塗装

今回の施工では雨どいの塗り替えも実施しました。
雨どいは雨水を排水する大切な部分です。
適切にメンテナンスを行わなければ流れが悪くなり、雨漏りなどの原因になってしまいます。
雨漏りが起きると住宅自体が損傷してしまう恐れもあるため、「たかが雨どい」と甘く見ずに塗り替えを行いましょう。


まとめ

外壁の面積が大きければ大きいほど外壁塗装の費用はかかってしまいます。
しかしそれを恐れて外壁塗装を先延ばしにしてしまっては、さらに高額な補修費用が必要になってしまうかもしれません。
今回のS様邸の事例では、汚れこそひどかったものの劣化はそれほど見られませんでした。
なので高額な費用が必要になることもなく施工を終えられています。
外壁塗装は住宅の寿命を延ばすためのメンテナンスです。
目安となる時期をしっかりと見極めて、大切なマイホームを守りましょう。