外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

外壁の色を変えない外壁塗装(神奈川県逗子市)

はじめに

今回紹介させていただくのは東京都三鷹市にあるT様邸です。
サイディングを使用した外壁がおしゃれな建物で、道路に面しているため住宅の外観には気を使われているそうです。
まだ外壁塗装の目安となる10年は経過していませんが、少し汚れが目立つようになり、ご相談をいただきました。
冬の施工には塗料が乾きにくいなどのデメリットがあるものの、外壁塗装業者の閑散期となるため、希望する日程で外壁塗装を行いやすいというメリットもあります。
それでは、T様邸が生まれ変わる様子を見ていきましょう。

Before

T様邸は坂道の上の方に位置していて、住宅も一段上がったところにあります。
比較的難易度の高い工事が必要になるケースでしたが、いえふくの頼れる職人は難なく施工を行なってくれました。
新築時にはツヤがあり美しい印象であったそうですが、現在ではツヤは失われてしまっています。
外壁のツヤがなくなってしまうと防水性が減少してしまい、外壁自体に水が侵入しやすくなってしまいます。
住宅のメンテナンスという意味でも外壁塗装を行うベストタイミングでした。

After

T様邸はツヤのある少し暗めの塗料をお選びになりました。
劇的に色が変化したわけではありませんが、以前よりも濃い色に生まれ変わっています。
ひび割れが多数起きていたコーキングもきれいに補修でき、木材が腐ってしまう危険性はひとまず回避できました。


施工手順

足場設置

まずは外壁塗装に欠かせない足場を組んでいきます。
今回のように坂の上にある住宅では、より慎重に足場を組む必要があります。
もし職人が工具を落とした時に坂を歩いている人に当たったら、大変な事故につながってしまいます。
いつにも増して入念に足場を組ませていただきました。

高圧洗浄

サイディング外壁はもちろん、どんな外壁を塗装する場合でも高圧洗浄は必ず実施します。
目に見える汚れはもちろん、見えない汚れまでを徹底的に洗い流していきます。

実は、高圧洗浄機だけでは落としきれない汚れも存在します。
しかしどんなに頑固な汚れも経験豊富な職人にはかないません。
細かい汚れも丁寧に落としてから、次の工程へ移ります。

養生作業

窓やドアなど目的と違う部分に塗料が飛んでしまわないよう、ビニールシートで覆います。
この作業を養生と言い、外壁塗装では必ず実施される工程です。
正しく養生を行うことで、より美しく、よりスピーディに施工を進めていくことが可能です。

コ-キング

T様邸ではコーキングの劣化が一部にみられました。
全体的に劣化していたわけではないため、増し打ちのみので対応しました。
もしコーキングが全体的に劣化していた場合は打ち替えの補修が必要になりますが、増し打ちだけであれば打ち替えほど費用はかかりません。
コーキングの補修は塗料を塗る前に実施する必要があります。
これを放置すると雨漏りや木材の腐食につながり、住宅が著しく劣化してしまいます。
サイディングは比較的導入しやすい外壁ですが、コーキングを正しくメンテナンスしなければ大きなトラブルに発展してしまいます。

下塗り

外壁塗装では、基本的に3回に分けて塗料を塗っていきます。
1回目の塗装は「下塗り」と呼ばれていて、塗料と外壁を密着させるために役立っています。
今回は透明な下塗り塗料を使用して塗装を行いました。
透明だからといって適当に塗ることはできません。
熟練した職人が丁寧に塗装を実施します。

中塗り

下塗りの工程が終了したら「中塗り」と呼ばれる2回目の塗装に移ります。
元々の外壁よりも色が濃くなったことにお気づきでしょうか?中塗りからは色のついた塗料を使用するのが一般的です。
中塗り、上塗りと2回に分けて色付きの塗料を塗ることで、よりきれいに外壁の色を変えることが可能です。

上塗り

3回目の塗装となる「上塗り」の工程も終了すれば、外壁の塗装工程は終了です。
下塗りと中塗り、上塗りの間にはそれぞれ適切な時間をおいて施工を行う必要があります。
塗料は正しい乾燥の時間を確保することで最大限にその性能を発揮してくれます。

仕上がり

失われていたツヤも蘇り、ピカピカの外壁に生まれ変わりました。
太陽の光を反射してまぶしく輝いています。
この後に紹介する付帯部分の塗装も完了しているので、あとは足場を解体して工事完了です。


付帯部分の塗装

今回の施工では付帯部分の塗装も同時に行いました。
外壁と付帯部分を同時に施工することで足場代を節約することができます。
画像は破風板の部分を塗り直している様子です。

破風板にもツヤのある塗料をお選びいただきました。
黒い色が外壁の美しさを際立たせてくれ、落ち着いた印象に仕上がっています。
付帯部分だけが古いままだと見た目がよくないのはもちろん、劣化による雨漏りなどのトラブルにも繋がります。
外壁塗装を行った時には、金銭的に差し迫っているなど、よほどの事情がない限り付帯部分の塗装も同時に行いましょう。


まとめ

サイディング外壁を取り入れた住宅は遠くから見るときれいでも、コーキングの部分などに劣化が起きているケースが多いです。
コーキングに劣化が見られ始めたら、外壁塗装を検討するタイミングです。
T様邸は正しくメンテナンスを行ったことで、これからの毎日を安心して過ごせるでしょう。
どんなに難しい立地でも高品質な施工を行えることがいえふくの強みです。
今回のT様邸のように坂の上にある住宅についてもお気軽にご相談ください。
外壁塗装を正しく行うことは、住宅を長持ちさせるために重要です。
「まだ大丈夫」と放置せずにまずは見積もりを行ってみましょう。