外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

大胆なカラーチェンジで生まれ変わった住処(神奈川県綾瀬市)

はじめに

ふとした時に気づく外壁の汚れは、普段通りの掃除では落とすことができず、そのまま蓄積されてしまいます。
このような悩みを持っていらっしゃる方にお勧めするのが、外壁塗装です。
外壁塗装を行うと、今まで悩んでいた汚れが解消され見違えるように生まれ変わります。
実際にどのように住宅が変わっていくのか見てみましょう。

Before

屋根部分のオレンジ色は目立つものの、外壁の白さはあまり発色が良くありません。
これは、日々の雨風にさらされて塗料が劣化しているだけでなく、ほこりなどの汚れが落ちず壁にこびりついているためです。

After

今までとは異なる淡いグリーンで新しく塗り直された外壁面は、汚れもなく、塗料の発色も良いので、家全体で見ても、真新しい雰囲気が出ています。
窓枠や雨樋なども塗りなおされているので、まるで新築したような仕上がりです。

施工手順

足場設置

外壁塗装する際に職人の安定した足場を確保することは、作業効率を上げるだけでなく、細かい作業やきれいな塗装を行うためにはとても重要です。
足場を塗装する面に沿って設置していきます。
足場には、周りに飛散防止シートをかぶせることで、外への塗料の飛び散りや、外からほこりが浸入するのを防ぐ目的もあります。

高圧洗浄

外壁には、普段は取れにくいほこりや汚れ、カビ、サビが付着しています。
専用の高圧洗浄機で塗装前に塗装面に付着しているこれらの汚れをしっかりと落としていきます。
高圧洗浄によってきれいになった外壁では、今まで見えなかった劣化を見つけることもできるので、しっかりと高圧洗浄を行うことが重要です。

養生作業

養生は細かい作業が求められるステップです。
塗料がつくことで、後で塗料をはがさなければならなかったり、逆に塗料が汚れになってしまったりすることが考えられる箇所がいくつもあります。
例えば窓ガラスや窓枠、外壁に付けられている換気扇フードカバーなどで、このような場所には養生を行っていきます。
ひとつひとつ丁寧に養生していくことで、細かな境目の塗装もきれいに行うことができます。

コ-キング

ALTテキスト

外壁の板の目地には、コーキングが施されています。
外壁は普段から紫外線や雨風にさらされているため、コーキングは時間が経つにつれ劣化してしまいます。
劣化したコーキングからは、水が住宅内に染み込んでしまうなどのトラブルを起こす原因になります。
そのため、外壁塗装を行う際には、塗料を塗る前にコーキングを確認し、劣化したコーキングを剥がして新しいコーキング剤を埋め込む作業を行います。
塗料を塗ると見えなくなってしまう場所だけに、細かい作業が求められます。

下塗り

最初に行う塗装は、下塗りと呼ばれています。
下塗りには、外壁面と上から塗る塗料を密着させるためのノリの役目をする塗料を使います。
また、仕上げに使う塗料の壁面への吸い込みを止める機能もあります。
下塗りに使われる塗料は、仕上げの色に影響を及ぼさない透明や白色などを使います。
I様邸で使われたのは白色です。
白色を使うことで、そのあと塗り残しがないかが簡単に確認できますので、作業が確実になります。

中塗り

下塗りが終わると、中塗りの作業になります。中塗りでは、仕上げになる上塗りと同じ塗料を使って外壁に塗料の層を作り、仕上がりがきれいになるようにします。
また、中塗りは外壁を平滑な下地にするので、上塗りの仕上げの効果を高めてくれます。

上塗り

中塗りまでで外壁の塗装面ができあがると、最後に行うのが上塗りになります。
上塗りは、ムラのないように仕上げることで、美観性と耐候性を高めます。
きちんとメーカー規定の3度塗りをしているので、塗料の持つ耐久性も発揮でき、長くきれいな外観を維持できます。

仕上がり

全くムラのないきれいな発色の外壁になりました。
塗り残しものなく、新築と同様の美観です。

付帯部分の塗装

外壁には、さまざまな付帯部分があります。
その一つが写真のようなレンジフードの外カバーです。
長年の利用によって塗装が剥がれ、金属なのでサビなどの劣化も見られます。

サビを取り、さび止め剤を塗ったうえで塗装をほどこし、見違えるようなカバーになりました。
まるで新品に交換したかのようです。
深い色合いはより一層光沢を感じさせてくれます。

まとめ

外壁塗装では、気になっていた汚れやほこりなどを取り、劣化した部分を補修したうえで、新しい塗料できれい塗ることができます。
新しく塗り直すことで塗料の機能も復活するので、安心して暮らせます。
いえふくでは、外壁だけでなく付帯部分も含め家全体の塗装を行いますので、新築のようなイメージに戻したいとお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。