外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

早めの塗装で白さを取り戻す(神奈川県平塚市)

はじめに

外壁は、時間の経過によってどうしても劣化してしまうものです。
どんな家であっても日常的にさらされる紫外線や雨風の影響を避けることはできません。
外壁の劣化が進むと、見栄えが悪くなるだけでなく、塗料の耐久性が落ちて家を保護する役割を果たせなくなってしまいます。
そのため、定期的に外壁塗装をすることが大切です。
M様邸は大きなひび割れなどの劣化はないものの、全体的に汚れが目立つため外壁塗装をすることとなりました。
古ぼけた印象のあった外壁や付帯部分を塗り直すことで、明るい雰囲気の家へと変わった施工事例です。
実際にどのような変化を遂げたのか、塗装する前と塗装した後の写真を比較してみましょう。

Before

外壁は全体的に汚れており、くすんだ色合いになってしまっています。
新築してからかなりの時間が経過した住宅という印象が拭えません。

近づいてチェックしてみると、外壁の汚れはさらに目立ちます。
砂埃などによりくすんでしまっているのか、築年数を感じさせる見た目です。

After

外壁塗装をしたことで、M様邸は明るい白色の壁が印象的な家へと生まれ変わりました。
付帯部分も外壁との対比で映えるようになり、まるで新築のような外観です。

目立っていた外壁の汚れはなくなり、綺麗な見た目になりました。
庭に生えた植物の緑に負けない美しい白さです。


施工手順

M様邸の外壁塗装工事の具体的な手順をひとつずつ見ていきましょう。

足場設置

最初は足場の設置です。
きちんと足場を組み立てることで職人の安全を確保し、安定した作業ができる環境を整えます。
危険な作業を強いられるだけでなく、不自然な姿勢での作業が完成後の質にも影響するため、足場なしでの塗装は厳禁です。
また、シートを足場に張り巡らせることで、高圧洗浄時の水や塗装時の塗料が周囲に飛び散らないように配慮しています。
シートはメッシュ状になっているものを使っているので、塗料の臭いが家の中にこもってしまう心配をする必要もありません。

養生

目的の場所と違う部分が塗料で汚れてしまうことを防ぐために必要となる作業が養生です。
窓のサッシなどをマスキングテープやビニールシートを使って保護しています。
マスキングテープの貼り方は、塗装後の見栄えに大きく影響する部分です。
そのため、塗装する場所との境界がまっすぐになるよう丁寧な養生作業を行っています。

下地調整

外壁塗装の前処理として、下地調整を行います。
塗装面が汚れた状態のままだと塗料の持つ性能が十分に活かされないため、地味ながら非常に重要な工程です。
専用の高圧洗浄機を使い、外壁に付着したコケや藻、埃などの汚れを落としていきます。
業務用の威力が強いものを使用しているため、家庭用の洗浄機では落とせない汚れもしっかりと落とすことが可能です。

付帯部分も外壁と同様に高圧洗浄を行っていきます。
長年にわたって蓄積した汚れを落としていきます。

下塗り

下地調整が完了したら、塗装の作業へと移ります。
外壁塗装では1回塗料を塗るだけで作業が終わることはなく、最低でも3回以上塗料を塗ることが基本です。
最初に行う下塗りは、塗装面と中塗り・上塗りに用いる塗料の密着性を高める役割を持っています。
下塗りに使う塗料は下地に適した製品を選んでいるため、塗装の寿命をより長くすることが可能です。
また、下塗りが雑だと中塗り・上塗りの塗装が剥がれやすくなってしまうので、丁寧に塗装を行うことを心がけています。

中塗り

下塗りが乾燥しきった後、中塗りの作業へと移ります。
中塗りに用いる塗料は上塗りに用いる塗料と同じ製品を使用することが一般的です。
同じ塗料を2回塗り重ねることで、塗装のムラをなくし、美しい外観に仕上げることができます。
また、塗膜に厚みを持たせることで、塗料が持つさまざまな機能性が発揮されます。

上塗り

中塗りが乾いたら、次の作業は上塗りです。
塗り残しがないようにローラーで塗装していきます。
ローラーを使って塗装をムラのない仕上がりにできるかどうかは、職人の腕前が試されるポイントです。
実績豊富な職人が均一に塗装をすることで、綺麗な外壁を作り上げています。
中塗りの段階で発生した気泡についても、しっかりと跡を埋めて美しく仕上げているので心配いりません。


付帯部分

外壁塗装だけでなく、雨どいなどの付帯部分の塗装も行っています。
外壁と付帯部分は必ずしも同時に塗装しなければならないわけではありません。
しかし、同じタイミングで施工すれば、同一の足場を使って作業することができるため、費用の節約につながります。
金属部分の劣化を避けるため、錆止めの処理も施工済みです。


まとめ

今回施工したM様邸は外壁に多くの汚れが付着しており、どうしても古さを感じてしまう雰囲気を持つ家でした。
しかし、外壁を白色の塗料で塗り直すことにより、輝きを持った明るい印象の家へ変わりました。
新築を思わせる美しい外観、そして大きく向上した塗装の耐久性にM様も納得のご様子です。
外壁の劣化は雨水の浸入など、家自体への劣化にもつながります。
外壁に汚れが目立ち始めたら、塗り直して美観と耐久性を取り戻すことを考えてみてください。