外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

外壁の汚れやコケをきれいにし、劣化部分を修復しました(神奈川県大磯町)

はじめに

外壁の汚れやコケが気になっていても、普段の掃除ではなかなか取ることができません。
新築の時には気にならなかったちょっとした汚れも、年月とともに広がっていき落ちにくくなります。
外壁塗装は、住宅の定期的なメンテナンスとしておススメできる工事です。
外壁塗装で外観をきれいにするだけでなく、劣化した箇所の修復も行いますので、外壁全体の劣化を防ぐことにもつながります。

Before

外壁を淡いベージュ系で統一しているK様邸は、庭の植木もしっかりと育っているバランスの良い住宅です。
それでも長年の雨風により外壁は汚れでくすんでいます。
また、庭木が影を作っている箇所などではコケが発生し、自分ではうまく掃除できず、悩んでいらっしゃいました。

After

住宅全体を新しい色で統一させました。
すっかりきれいに生まれ変わったK様邸は、まるで新築のような華やかさが感じられます。
細かいところまで丁寧に塗装を施していますので、どの部位をみても新築当時のような真新しさがよみがえっています。

施工手順

足場設置

いかに腕の良い職人であっても、足場の悪い箇所での作業は効率が悪いだけでなく、塗装にムラが出たり、細かい作業ができなかったりします。
足場は、コストも時間もかかるものですが、なくてはならない作業ステップのひとつです。
住宅のまわりにぐるりと足場を設置することで、効率よく安全に作業ができます。

高圧洗浄

塗装施工を行う前に、下地調整を行います。
この手順の主な目的は、外壁のひび割れや塗装のはがれなどを見つけ、補修などの処理を行うことにあります。
その中でも最初に行うのが、外壁全体を細かいところまで洗浄していく作業です。
専用の高圧洗浄機で丁寧に塗装面を洗浄していくと、外壁の劣化が表面に出てきます。
高圧洗浄は不要な汚れやサビ、カビ、コケなどを落としてきれいな面にするだけでなく、見えなくなっている劣化部分を見つけ出す役割も担います。

養生作業

外壁には窓や窓枠などの部位や、エアコンの室外機や湯沸し機器等の外部設置の設備がついています。
外壁塗装をする際、塗料が飛び散ったりしないように、しっかりと養生します。
養生は、ビニールなどで塗料がつかないように覆いをかぶせる作業です。
細かな境の部分などを丁寧に養生すると、塗装後に養生を外したとき、塗り残しなくきれいに仕上げることができます。

コ-キング

サイディングボードなどの目地部分の補修やシーリング部分の劣化は、早めに対応しておかなければならない場所です。
シーリングのひび割れや劣化した部分の上から塗装するとすぐにはがれてしまうので、まず劣化したシーリングをはがし、補修をしたのち、再度新しいシーリング剤を丁寧に充填していきます。

下塗り

下地調整が終わったら、塗装作業に入ります。
最初に塗る作業を下塗りといいます。下塗りは、本格的な塗装を行う前の下準備になります。
下塗りで使う塗料は、塗料を外壁に定着させるためのノリの機能を果たします。
これによって壁面の強度があがります。
下塗りで利用する塗料は、透明のものや白いものなど目立たない色を使用するので、そのあとに塗る塗料の色に影響を与えません

中塗り

中塗りは、本格的に外壁に色を付けていく最初のステップになります。
仕上がりの色をこの段階から塗り始めます。
中塗りでは、塗料に厚みを持たせ、しっかりと外壁に塗料を定着させることを目的に作業が行われます。
この段階で手を抜いてしまうと、仕上がりがとても悪くなってしまいます。
そのため中塗りは、丁寧で細かい作業が要求されます。

上塗り

上塗りは、見た目を左右する重要な作業で、外壁塗装の仕上げのステップになります。
上塗りを丁寧に行うことで、見た目がきれいになるだけではなく、汚れもつきにくくし、美観を長期にわたり維持できます。
丁寧な上塗りは、紫外線や酸性雨といった自然の脅威から住宅を守ってくれます。

仕上がり

壁面がきれいに塗装されています。
外壁塗装を行うことで、汚れやほこりもきれいにとれ、見違えるような色合いがよみがえりました。

付帯部分の塗装

今回のK様邸では、外壁だけでなく雨樋や破風、破風板、庇などの塗装も同時に行います。
雨樋などには金属部分があり、サビによる劣化が見られます。
サビをとり、さび止めを塗った後に塗装することで、見た目はもちろんのこと、メンテナンス性も高めることができます。

K様邸には、広くて明るいベランダが設置されています。
しかし、日当たりの良いベランダは、それだけ紫外線や雨風による影響を受けやすく、劣化も目立っていました。

ベランダには防水性の高い塗料を選定し、床面、壁面などを丁寧に塗装しました。
また、ベランダの手すりも新たに塗り直したので、統一された新築のような美しさがよみがえりました。

まとめ

外壁塗装は、住宅の外壁を新築時のようによみがえらせてくれます。
色だけでなく、劣化に対する対策も施しているので安心です。
また、今回はベランダの補修にも力を入れました。
このようにいえふくでは、外壁だけでなく付帯部分も含め、家全体の塗装が可能です。外壁のトラブルだけでなく「洗濯物を干しているときにベランダの足元をみて劣化や汚れが気になりだした」など、様々なご相談を受け付けています。
お気軽に問い合わせくださいませ。