外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

外壁のくすみや鉄部の劣化を抑えました(神奈川県厚木市)

はじめに

外壁塗装を行うと、今まで雨風にさらされた住宅の汚れが見違えるようにきれいになります。
また、塗装前に高圧洗浄機で汚れを落とすので、劣化している場所を見つけ修復することも可能です。
外壁のくすみや鉄部の劣化が気になってが気になり始めたというS様は、定期的な外壁の劣化チェックも含めて、今回外壁塗装を決断されました。
それでは手順を見ていきましょう。

Before


全体的に外壁に汚れがつき、壁がくすんで見えます。
そのため、本来の住宅よりも劣化している印象を受けます。
また、長い間雨風にさらされた鉄部にはサビが出ていて、鉄部の強度を下げてしまう可能性がありました。

After


外壁全体を塗装することで、住宅が見違えるように明るくきれいに生まれ変わりました。
雨樋や破風などの鉄部にもさび止め効果のある塗料を塗ることで、劣化を抑え、メンテナンス性を高めることができました。

施工手順

足場設置

足場を組む作業は、外壁塗装の際には外せない作業工程のひとつです。
どんなに腕の良い職人であっても、作業をするときに体勢が崩れたり、不安定な状態だったりしては正確な塗装作業はできません。
安全性を高めるためにも、効率よく作業を行うためにも、足場をしっかりと組んでいきます。
足場が組み終わるとそのまわりに飛散防止シートをかぶせていきます。
これによって、施工中のごみやほこり、塗料などが外部へ飛散することを防ぐことができます。

養生

養生は、作業を行う住宅で、駐車している車や庭の植木などに塗料が飛ばないよう、事前に覆いをかける作業です。
また、マスキングテープなどを使ったマスキング作業も塗装の出来不出来を左右する大切な作業です。
窓に塗料がつくと簡単には落とすことができないからです。
ローラーを使ってできるだけ塗料が飛び散らないように作業するのですが、それでも全く飛び散らないで塗装することはできません。
養生は、職人が安心して作業できる環境を作るためにも必要な工程なのです。

下地調整

下地調整は、外壁塗装をする前に劣化している箇所を補修する作業です。
塗装をした後ではなかなか見抜くことができない劣化をまず補修することで、長期にわたって外壁を良い状態に保つことができます。
特に、コーキングと呼ばれる目地の部分は、直接雨風や紫外線にさらされることで劣化していますので、一度劣化したコーキング材を剥がし、再度丁寧に塗りこんでいきます。
これによって壁の隙間がしっかりと補修されます。
コーキングは職人の腕がためされる場所でもあります。いかに巧みにコーキングを行えるかで、外壁塗装の良し悪しも決まります。

下塗り

下地調整が完了すると、いよいよ塗料を塗っていく作業に入ります。塗装には、3つのステップがあります。
その最初のステップが下塗りです。
希望する最終の色の塗装を行う前に、あとに塗る塗料の密着性を良くする働きがある下塗り材を壁全体に塗っていきます。
また、上に塗る塗料の浸透を止める役割があり、仕上げの色の発色をよくします。
下塗りで使う塗料は、最終の色の塗料とは色を変えています。
これは、塗り残しを確認するのにとても役立ちます。
下塗りをしっかりと行うことで、最終的な仕上がりを良くし、ムラのない塗装面を作り出すことができます。

中塗り

下塗りが乾燥したら中塗りの工程に入ります。
中塗りは、塗装に厚みを持たせることで、よりきれいで強固な仕上がりにするのが目的です。
この補強となる中塗りによって、外壁の表面がなめらかになり、上塗りをムラなく仕上げるための下地ができ上がります。
中塗りで使う塗料は、通常上塗りと同じものです。
中塗りで塗装の膜に厚みを持たせることで、塗料自体の発色がよくなり、撥水やカビ止めなどの塗料に含まれている機能を長持ちさせることができます。

上塗り

最後に行われるのが、上塗りです。上塗りは仕上げの塗装ですので、全体をムラなく塗った後に、刷毛などで細かい塗残しをきれいにしていきます。
中塗りのあとに再度色を重ねることで発色もよく、仕上げとしてイメージしていた色に仕上げていきます。

仕上がり

外壁塗装が完了し、ムラのないきれいな色に仕上がっています。
下塗り、中塗り、上塗り、それぞれの塗装が細かく丁寧に行われたことで仕上がりもよくなります。

付帯部分の塗装

住宅には破風や雨戸など鉄部が多いため、それらのメンテナンスも行いました。
鉄部にはサビが発生していることが多いため、まずは、現在ついているさびやコケ、カビなどをきれいに落とし、その上にサビ止めを塗っていきます。
塗装に使う塗料はサビ止め効果のあるものや撥水効果のあるものを使うとよりサビ止めの効果が高まります。

まとめ

外壁塗装は、外壁の汚れを落として新しい色に塗り変えるだけでなく、サビ止めや汚れ防止等のさまざまな機能を付加させることで、よりきれいな状態が長持ちし、メンテナンス性を高めることにつながります。
少しくたびれたように見える家も、塗装を行うことで活気あふれる印象を取り戻すことができます。
いえふくでは、腕のいい職人が丁寧に外壁塗装を行います。
外壁のくすみやサビが気になっている方は、ぜひ一度ご相談ください。