外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

黒色の付帯部分でメリハリをつけました(神奈川県横浜市)

はじめに

新築時は明るい色やかわいらしい雰囲気を好んでいても、年を重ねるにつれて落ち着いた雰囲気が好きになる人もいます。
外壁塗装には、外壁の耐久性や耐水性を高める目的もありますが、家の見た目を美しくするのも大きな役割のひとつです。
現在の壁の色と異なる色で塗装すると、家の雰囲気を変えることができます。施工主の世代に応じて、それぞれのライフスタイルに合った住まいに変化させられるのも、外壁塗装の魅力です。
今回ご依頼いただいたO様も、「塗装で落ち着いた雰囲気の住まいへ変えたい」と希望されたため、いえふくから色の提案をさせていただきました。どのように変わったのか、施工の流れを見ていきましょう。

Before

淡いベージュ色の外壁であるO様邸です。
凹凸のあるモルタル外壁のため、汚れが付きやすく、色がくすんで見えます。
色あせも起きているため、古びた印象が感じられ、壁の耐久性も落ちています。

雨風や紫外線の影響を受けるのは、外壁だけではありません。
軒天や破風板の付帯部分に注目しましょう。
白い色で塗られた付帯部分には、黒い汚れがあちこちに見られます。
新築時は輝きを放つ白い色ですが、時が経つにつれて汚れが付くと目立ってしまうというデメリットがあります。

After

汚れが目立っていた付帯部分は、黒色で塗り直しました。
メリハリが付き、家全体が引き締まって見えます。
O様の希望された落ち着いた雰囲気の家に生まれ変わりました。

施工手順

どのように施工したことで、O様邸の雰囲気は変わったのでしょうか。
工程を詳しく見ていきましょう。

足場設置

まずは安全に作業が進められるように、家の形に沿って足場を設置します。
足場が安定することで、高所での作業も効率的に進められます。

塗料の飛び散りや、職人への風圧の影響を軽減するために、足場に飛散防止シートを設置します。

高圧洗浄

常に紫外線や雨風にさらされる外壁は、時が経つにつれてほこりやコケなどの汚れが付着します。
塗装をする前に、これらの汚れや古い塗膜を高圧洗浄機で落とします。
丁寧な洗浄は、美しく仕上げるためのポイントです。
壁と塗料の密着性がより高められます。

養生作業

塗装するときに、周囲へ塗料が飛び散ることがあります。
植木や車、アルミサッシや窓など、塗料が付いて欲しくない場所を、テープやシートで覆う作業を「養生」といいます。
養生は仕上がりを左右する重要な工程です。
雑に養生すると、塗装した場所がにじんだり、養生した場所と塗装した箇所の境目がゆがんだりするため、見栄えが悪くなります。
細部まで気を抜かずに、丁寧に作業します。

下塗り

外壁塗装は3度塗りが基本です。
下塗り、中塗り、上塗りと重ね塗りをすることで、塗料の耐久性が上がり、仕上がりも美しくなります。
始めの下塗りは、中塗りや上塗りの塗料と外壁との密着性を高めるために行う作業です。
丁寧に下塗りすることで、塗料が剥がれにくくなります。

中塗り

下塗りが完全に乾いたのを確認できたら、続いて中塗りです。
壁全体に塗り残しがないように、しっかりと塗っていきます。
中塗りをすると塗膜に厚みがでて、塗料の耐久性を上げられます。

上塗り

最後に仕上げの上塗りです。
上塗りでは、中塗りと同じ塗料を用います。
中塗り、上塗りと仕上げの塗料を重ねることで、ムラのない、美しい仕上がりになります。

仕上がり

丁寧に重ね塗りをすることで、外壁にはツヤが生まれました。
経験豊富な職人による塗装は、塗り残しもなく、均一に塗られています。壁の耐久性も高められました。

付帯部分の塗装

軒天や雨戸など外壁以外の部分を付帯部分といいます。
雨風や紫外線の影響により、付帯部分も劣化するため、定期的な塗装が必要です。
外壁と一緒に付帯部分も塗装することで、家全体の美観性が高められ、足場を組む機会も一度で済みます。

破風板

破風板とは、屋根の先端部分に付いている板材のことで、屋根の内部へ雨風が吹き込むのを防ぐ役割があります。
外から家を眺めたときに見える場所でもあり、きれいに塗装することで家の印象もガラリと変えられる部分です。

Before

破風板は、雨風の影響を受けやすい部材です。
そのため、汚れやすく劣化しやすい特徴があります。
O様邸の破風板も、塗装前は白い破風板に付いた汚れが目立っていました。

After

黒い色で破風板を塗り直しました。
破風板の黒色が家のアクセントとなり、家が引き締まって見えます。
落ち着いた雰囲気に変えることができました。

雨どい・雨戸

雨どいも破風板の色に合わせて、黒く塗りました。
塗装によりツヤがでたことで、家が若返って見えます。

雨戸も黒色で塗りました。
雨戸の溝部分に塗り残しがないように、刷毛を使って丁寧に塗ります。

まとめ

長年住み続ける家だからこそ、愛着を持って住み続けたいですよね。
外壁塗装では、塗料の色を現在の壁の色と変えて塗装することで、家の雰囲気を変えることも可能です。
住み慣れて飽きがきた人でも、家が新しく生まれ変われば、心新たに大切に住みたいと思えることでしょう。
いえふくでは依頼者様のご希望を聴きながら、色の提案も致します。
家の雰囲気を変えたい方も、どうぞお気軽にご相談くださいませ。