外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

色あせたモルタル外壁の塗装事例(神奈川県平塚市)

はじめに

表面に凹凸があるモルタルは、独特な風合いを持つ外壁材です。
耐火性や耐震性に優れますが、凹凸により汚れが付きやすい特徴があります。
また、塗装により耐久性を高めるため、定期的な塗装が必要です。
モルタルでできたU様邸の外壁は、全体的に汚れが付いており、くすんだ印象を与えていました。

今回の塗装は、外壁の耐久性と家の美観性を高めることが目的です。
施工の流れを詳しく見ていきましょう。

Before

ひどい劣化は見られませんが、外壁は全体的に汚れが付いてくすんで見えます。
ツヤもなくなり、色あせた状態です。耐久性も落ちているので、塗装が必要です。
付帯部分には、塗膜の剥がれが見られました。
放置するとひび割れを起こす可能性があります。

After

外壁と付帯部分をワントーン明るい色で塗り直したことで、くすみがなくなり、輝きを取り戻しました。
広々としたベランダを持つU様邸ですが、ベランダの手すりを外壁と同じ白い色で塗り替えたことで、統一感が生まれ、家も大きく見えます。

施工手順

U様邸の施工の流れを詳しく見ていきましょう。

足場設置

外壁塗装は高所での作業を伴います。
足元を安定させて、安全で効率的に作業を進めるために足場を組みます。

U様が大切に育てている庭木の周りは、傷めることのないように、特に慎重に作業を進めました。
塗料の飛び散りを防止し、足場への風圧の影響を抑えるために、飛散防止シートも設置します。

高圧洗浄

続いて、高圧洗浄機で壁に付いたホコリやカビなどの汚れを落とします。
洗浄すると、これから塗る塗料の密着性が高まるため、塗料の耐久性が上がり、より美しく仕上げられます。
U様邸は汚れが付きやすいモルタル外壁のため、丁寧に洗浄します。

養生作業

塗装するときに、周りへ塗料が飛び散ることがあります。
塗料が付いて欲しくない場所をシートやテープで覆う作業を「養生」といいます。
出窓と外壁の境目などがまっすぐに養生できると、メリハリのある美しい仕上がりになります。

下塗り

いよいよ塗装です。
外壁塗装は3度塗りが基本で、最初は下塗りをします。
後から塗る塗料がより壁に密着するように、塗装面を整えることができます。

中塗り

下塗りが完全に乾いてから、中塗りをします。
乾燥時間も大切な工程のひとつです。

写真の右側が中塗りをした部分です。
塗り残しがないように、壁全体にしっかりと塗っていきます。
中塗りは仕上がりを左右する重要な工程です。

上塗り

最後に仕上げの上塗りです。
上塗りでは、中塗りと同じ塗料を用います。
下塗り、中塗りと丁寧に塗ってきたので、上塗りもムラなく仕上げることができました。

仕上がり

丁寧な3度塗りにより、壁にはツヤが生まれました。
塗装前と比べてワントーン明るくなったことで、新築のような雰囲気を放っています。

付帯部分の塗装

雨どいや雨戸などの付帯部分も、時が経つにつれて劣化するため、塗装が必要です。
付帯部分の塗装にも高所での作業が伴うため、足場を設置しなければなりません。

足場代の節約のためにも、足場を組む外壁塗装と一緒に塗装しましょう。
外壁と付帯部分の劣化スピードもそろうため、今後のメンテナンスも合わせてできるようになります。

ベランダ

ベランダの手すりの塗装です。
雨風にさらされる鉄部の手すりは、塗膜が剥げやすい場所で、サビも付着していました。

まずは丁寧に下地処理を行い、サビや古い塗膜を落とします。
続いてさび止めを塗り、塗装をします。
塗装により、劣化しやすい手すり部分の耐久性を高めることができました。

ベランダデッキの裏側の塗装もしました。
手すり部分と同じように、下地調整をしてから、さび止めを塗り、塗装をします。
凹凸があり真上の部分を塗るため、塗りにくい箇所ですが、塗り残しやムラがでないように注意します。

雨戸・戸袋

続いて雨戸や、雨戸を納める戸袋の塗装です。
雨戸や戸袋の周りのサッシ部分に塗料が付かないように、しっかりと養生します。
まっすぐ丁寧な養生は、美しく仕上げるためのポイントです。
塗装はワントーン明るいベージュで行いました。塗膜の剥がれが目立っていた雨戸にもツヤが戻りました。

霧除け

雨や霧、紫外線が室内へ入るのを防ぐために、窓の上に付いた小さな屋根を霧除けといいます。
霧除けは雨風や日光にさらされる部分のため、劣化しやすい箇所のひとつです。
鉄部の霧除けも、まずはさび止めを塗ってから、中塗り、上塗りを行います。

まとめ

外壁塗装には、家の美観性と壁の耐久性を高める役割があります。
外壁や付帯部分の色を塗装で変えると、家の雰囲気も変えることが可能です。

今回ご依頼いただいたU様邸は、外壁をワントーン明るくし、ベランダの手すり部分の色を外壁に合わせることで、家が広々と見えるようになりました。
また、汚れが付きやすく、耐久性が落ちていたモルタル外壁は、塗装により美観性と耐久性を高められました。

いえふくでは、さまざまな視点から外壁塗装のご提案を致します。
塗装により家の印象を変えたいという方は、お気軽にご相談ください。