外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

おしゃれな石目調のサイディング外壁の塗装事例(神奈川県愛川町)

はじめに

この度、外壁塗装を行われたK様邸は神奈川県の茅ヶ崎市にあります。いわゆる湘南です。
ショウナン。何という快い言葉の響きでしょう。
それだけでも憧れますが、建物も実に素晴らしい出来映えとなっています。

家は洋風の瀟洒な3階建で、正面には1階から3階までを貫いて搭屋風の階段室が設けられ、その両側にはその各階ごとのバルコニーが三つ設置されたデザインとなっています。
またその建物を包む外壁面は、おしゃれな石目調のサイディングが採用されています。
場所は湘南の海に近い高台に位置しており、しかも3階建ですから、そこからは相模湾の海原を一望できる、素晴らしいロケーションとなっています。

今のところ、外壁に特に欠点は見られませんが、若い施主様は、この家をとても気に入っておられて、少し早目のお手入れを計画されました。
近隣からの評判が高いだけに、それに応える格好となりました。
その塗装工事を見てまいりましょう。

Before

早めのお手入れとはいえ、それなりの経年劣化は否めない状況となっています。
建物が全体的に塗装の効果を失い、色艶の輝きを無くしつつあります。
海に近い場所は太陽の紫外線が強いとされていますが、そうした影響が大きく及んでいるのかもしれません。

海辺は雨風も強いですが、特に高台は、そうした自然現象にさらされやすい立地条件となっています。
こちらから見て海への見晴らしの良い分だけ、自然からすれば狙いやすい対象となるのかもしれません。
ですから、この度の早めのお手入れは正解となっています。

After

全体の塗装が完了し、ふたたび美しさと麗しさを取り戻しました。
もともとの男前ですが、新しくしつらえたスーツを身に着けると、そのハンサムぶりが一段と引き立つ見映えとなっています。
今にもそのスーツをウエットスーツに替え、小脇にサーフィンボードを抱えて、浜辺に向って歩きだしそうなカッコ良さです。
周りに立つ水着姿の美女たちの衆目を集めています。
しかしそこには目もくれず、ボードに身を任せて沖へ出て行きます。
折から大きな波が押し寄せてきました。
すると、今にも崩れんばかりの激しいうねりの波頭の内側を、彼のサーフボードは軽快に滑ってゆきます。

やがて、その波が崩れ落ちた瞬間に、巻き込まれ沈んで見えなくなりました。
美女たちが遠くから心配そうに眺めていると、しばらくして頭が浮かんできました。
ところがその彼の目に映じたものは、浜辺の美女たちではなく、その向こうの高台にそびえ立つ、今しがた塗装を終えたばかりのマイホームとだったのです。
にくいヤツ、そしてにくい家です。

施工手順

足場設置

外壁塗装に、足場は必定です。
特にこのK様邸のような三階建の高い建物は、その分、高く足場が組まれます。
階下の組み立てを行っていたときはそうでもなかったようですが、2階、3階へと足場を組み立ててゆくにつれて、海への視界が開けてきましたから、足場職人たちは大喜びです。
しばし仕事を忘れて手をゆるめています。
落ちないように気をつけて行ってください。

高圧洗浄

塗装の前には、外壁の洗浄が必要です。
特に、日々潮風に晒されている家屋にとっては、外壁よりも板金や金具の部分の洗浄が大切です。
塩害でさびやすい環境だからです。

家の古さを語るのに、サビほど強く語るものは他にありません。
せっかくの美しい家もそれで台無しになってしまいます。
高速洗浄によって取り除かれるのは、そうしたサビ、外壁のゴミやホコリ、コケやカビ、塩分や鳥獣類のフン、そして古い塗料などとなっています。

養生作業

外壁塗装の前に必要なのは、養生です。
養生とは塗装時に塗料がドアや窓などに付かないよう薄手のビニールシートなど覆いをかけて、それを保護する作業となっています。
そうすることによって職人たちも、心置きなく仕事に励むことができます。
その代わり、部屋の内側から外は見えにくくなりますから、大洋の広がりは見えにくくなります。
施主様にちょっと間の辛抱が必要です。

コ-キング

このK様邸の場合は、劣化が少なく殆んど必要ありませんでしたが、それでもサイディングのつなぎ目であるシーリングの取り換えは、念のため行うこととなりました。
まだ弾力があり使えそうですが、かといって、次の塗り替えまでは持ちそうにありませんから、今しかありません。
既存のシーリングを取り除き、そこに密着性の強い粘液剤を塗って、その直後に新しいシーリングを施します。

シーリングは、サイディングのつなぎ目である細い溝を埋める作業なので、慎重にまた丁寧に行われます。
すると浜辺からは、潮騒と黄色い歓声が届いてきます。
それが、自らもサーフィンが大好きな職人にとっては気になるところです。
しかし仕事とは、そんな自分を叱りながら、がんばるところに意味があるようです。

下塗り

外壁は都合3回、塗り重ねられることになりますが、その第1回目は、「下塗り」となっています。
塗料は粘液性に富んだものとなっており、次に塗られる塗料の密着性を高めるものとなっています。

中塗り

下塗りを終えたら、今度は第2回目の「中塗り」となります。
サイディングは石目調ですから、平板なものよりは塗装に多少手間がかかります。
しかし光の当たり加減によって変化に富んだ仕上がりとなるので、完成が楽しみです。

上塗り

最後の仕上げ塗装を、3回目の「上塗り」と呼んでいます。
中塗りがしっかりと乾いたのを見届けてから、3度目の重ね塗りとなります。
ここで外壁は塗膜が三重となって、耐候性、耐久性、耐蝕性などを増して、厳しい湘南の海風から建物をしっかりと守ることになります。

仕上がり

ここは、海辺にして都会的なリゾート地ですから、その建物の美観を守ることも大切なこととなっています。
その意味で湘南の茅ヶ崎市の此処は、中途半端な家屋は許されないでしょう。
このK様邸のように、極めて意匠性に卓越の建物か。

もしくは反対に、海辺の厳しい潮風に晒され続けても、それにひたすら耐えてきた、その矜持を誇る古い番屋のような建物か。
そのどちらかであることが、海辺に似合う建物の条件となっています。
その意味でK様邸は、これからも外壁塗装を繰り返すことによって、いつまでも美しくまたそのスマートさで海辺を飾る家となることでしょう。
それにしても見事な出来栄えとなりました。

付帯部位の塗装

外壁には、その他の塗装が伴います。
例えば、屋根の破風、雨樋や雨戸、バルコニーの防水塗装や笠木板金の塗装、換気フードや基礎周りの水切り板金などがそうです。
特にこのK様邸の場合は、バルコニーが多くて広く、そのメンテナンスが大切な部分となっています。

バルコニーの床に使われているのは、ボートなどの素材に用いられている防水性の高いFRP製ですが、それを保護するのに大切なのは防水塗装です。
それは、年中、強烈な紫外線にさらされている劣化から、バルコニーを守る塗装となります。

まとめ

お若くして湘南にすばらしいご自宅を持たれたK様。
実は、そのお父様が憧れ続けられた場所柄でもあったようです。
ですから時おり息子さんのこの家に遊びに来ては、湘南の雰囲気を楽しんでおられます。

先ほどから見事に塗り替えられたその家を眺めては、ため息を繰り返しておられます。
自分には果たせなかったその夢を、息子さんがかなえられたことで、心なしか満足そうです。
そうしたお父さんの耳の奥には、いつの間にやら、サザンやチューブの軽快な音楽のリズムがよみがえっていました。
ところが驚いたことに、どうやらそのお父さん世代のJポップスを、息子さんは知らないようです。
時が絶え間なく流れていることを、その外壁のきれいなK様邸が、象徴的に語っていました。