外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

黒ずみ汚れが気になっていたS様邸!塗装で新築のようにピカピカに(東京都昭島市)

Before

今回紹介するのは、築15年になるサイディング外壁にお住いのS様邸を塗装したときの様子です。

サイディング外壁とは、板状の外壁材「サイディングボード」をつなぎ合わせた外壁のことをいいます。

S様は、最近「外壁が黒ずんできたようだ」とお悩みだったそうで、いえふくにご相談いただきました。

外壁の塗装は、新築からもしくは前回の塗装より10年から15年くらいでするのが望ましいです。
適切なメンテナンスにより、大切な住宅をきれいに長期にわたり維持できるのです。

S様邸は、新築から15年が経過する住宅ということで、塗装のタイミングでもありました。

塗装後のピカピカになった住宅をご覧になったS様は、大変お喜びの様子でした。

色あせや黒ずみなど、ご自宅の外壁でお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

こちらが、塗装前のS様邸です。
目立つ汚れはありませんが、S様がお悩みのように全体的に黒ずんでいる感じです。

ステキなご住宅が、外壁が黒ずんでいると残念ですよね。

After

塗装後の様子がこちら。
全体的に明るくなり、外壁にツヤがでて落ち着いたイメージになりましたね。

上の画像は外壁に近いところからのものですが、模様の細かいデコボコの中も塗装されて、きれいに仕上がりました。

外壁の塗装で、住宅のイメージが塗装前と塗装後ではガラッと変化しましたね。

次の章からは、数ある塗装工程の中から、一部ですがピックアップして紹介します。


塗装の様子

下塗り

外壁塗装には、「下塗り塗料」と「上塗り塗料」の2種類の塗料を使用します。
外壁塗装の最初は、下塗り塗料を使い「下塗り」をします。

こちらは、下塗りをした様子です。

中塗り・上塗り

下塗りが乾燥したら、上塗り塗料で「中塗り・上塗り」の2回塗装します。

こちらは、上塗り塗料で、「中塗り」をしています。

中塗りが乾燥したら、仕上げの塗装である「上塗り」です。
上塗り塗料を2回重ね塗りすることで、外壁にツヤがうまれます。

画像のようにいえふくでは、熟練の職人がローラーを巧みに使用し、家全体をていねいに塗っております。

上塗りが乾燥したら、外壁の塗装は完了です。

付帯部分

外壁塗装では、付帯部分の塗装も同時に行うのが一般的です。
軒天井や雨樋(あまどい)、雨戸などが、「付帯部分」といわれる部分です。

こちらは、軒天井の「上塗り」をしているところです。
軒天井の塗装は、外壁の塗装と同じく「下塗り・中塗り・上塗り」の3回の塗装工程で仕上げます。

こちらは、破風樋(はふとい)を塗装しているところです。

付帯部分の中には、一部金属が使われている部分があります。
金属部分の塗装は、軒天井などの塗装とは少し塗装作業が違うのです。

まずサビなどを取り除くために塗装面を磨き整えます。次に、サビ止め入りの下塗り塗料で塗装し、乾燥したら金属専用の上塗り塗料で塗装します。

こちらが塗装後の破風樋です。
新品のようにピカピカになりました。


まとめ

今回は、黒ずみ汚れが目立っていたS様邸を塗装させていただきました。

新築のような輝きがよみがえりましたね!
住宅がきれいだと、気持ちよく住めますね。

大切な住宅を守るためにも、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

いえふくは、戸建て住宅の塗装工事を承っております。
ご自宅の外壁塗装を検討している方は、お気軽にいえふくまでお問い合わせください!