外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

築15年の住宅を外壁塗装!モルタル外壁の美しさが復活したS様邸(神奈川県南足柄市)

Before

外壁塗装を施工する前のS様邸の様子がこちらです。
堂々としたたたずまいが特徴で、外壁は黄色いデザインがおしゃれなモルタル外壁です。

S様邸の汚れは、とくに住宅の裏側の外壁に集中していました。黒ずみ汚れのほかにも、うっすらとコケが生えている状況でした。

S様もマイホームの汚れを気にしていらしたようです。ご相談の際には、「汚れも気になるし、そろそろ塗装の時期かと思って相談した」とお話しになっていました。

After

外壁塗装が完成したS様邸の様子がこちらです。

S様は今回の塗装工事で外壁の色を変えることを希望され、クリーム色の塗料をお選びになりました。
以前の黄色もおしゃれでしたが、クリーム色の外壁も見事にS様邸にマッチしていますね!

外壁塗装は住宅を維持するためのメンテナンスであると同時に、マイホームのイメチェンができるいい機会です。S様邸のように外壁の色を変更すると、より外観の変化を楽しめるのでおすすめです。

もちろん、現在のデザインを気に入っている場合は、施工前の外壁と近い色での塗装もできます。


塗装の様子

養生

塗装の準備段階として欠かせないのが「養生」の作業です。上の画像を見ると、S様邸の窓ガラスなどがビニールシートで覆われているのがわかります。これが外壁塗装の養生の様子です。

養生とは、窓ガラスや玄関ドアなどをビニールシートで覆い、塗料で汚れないように保護することです。

施主様の大切な住宅を汚さないように、細かい部分までていねいな養生を行います。

塗装作業

こちらはS様邸の塗装作業を行っている様子です。
外壁塗装では「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる3度塗りで施工を行います。上の画像は、そのうち1度目の下塗りが完了した後の様子です。

外壁塗装の下塗りには、外壁と上塗り塗料(中塗りと上塗りで使用する塗料)を密着させるはたらきがあります。

高品質な外壁塗装を実現するためには、ていねいな下塗りが欠かせません。

付帯部分塗装

上の画像は、S様邸の雨どい塗装が完了した様子です。

外壁塗装の際は、外壁以外にも「付帯部分」と呼ばれる箇所も塗装するのが一般的です。付帯部分とは、雨どいや雨戸など、外壁に付帯している部分です。

S様邸の塗装工事でも、各種付帯部分の塗装を施工しました。


まとめ

今回は、築15年のS様邸を外壁塗装した施工事例を紹介しました。
新しい色に生まれ変わったS様邸には、以前にもましておしゃれで堂々とした美しさがありましたね。

いえふくでは、高品質な外壁塗装を適正価格で承っております。マイホームの外壁塗装をご検討の際は、お気軽にいえふくまでご相談くださいませ。