外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

築11年のモルタル外壁を塗装工事!清潔感を取り戻したK様邸(千葉県千葉市)

Before

上の画像は、施工前のK様邸の様子です。新築時から約11年が経過し、外壁には黒ずみ汚れが目立ち始めています。

K様は「マイホームをきれいな状態で維持したい」とお考えになり、外壁塗装をご検討されたそうです。
新築後はじめての外壁塗装は築10〜15年ほどが目安です。K様のご判断はまさにベストタイミングでした。

After

外壁塗装を終えたK様邸の様子がこちらです。施工前に黒ずみ汚れが発生していたのがまるでウソのように美しい外壁へと変身しています。

モルタルの外壁だけではなく、雨どいや破風板などの付帯部分もまとめて塗装を行いました。

K様邸は住宅丸ごとピカピカになり、まるでマイホームを建て替えたかのような美しさです。


塗装の様子

高圧洗浄

外壁塗装では、塗装作業の前に行う「高圧洗浄」の作業が欠かせません。
高圧洗浄で外壁の汚れを洗い流してから塗装をすることで、塗膜(塗料の膜)の密着度を高められます。

もしも高圧洗浄を省略して塗装すると、塗膜が外壁にうまく密着できない恐れがあります。
塗膜がうまく密着できないと、本来の耐用年数よりも短い年数で、剥がれなどのトラブルが生じるリスクがあります。

塗装作業

上の画像は職人が塗装作業をしている様子です。
外壁塗装では「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる3度塗りで塗装を行います。上の画像で職人が実施しているのは、3度目に該当する上塗りの工程です。

外壁塗装では、職人がローラーを使って手作業で塗装をするのが一般的です。
ローラーを使った塗装は一見簡単そうですが、腕のいい職人だからこそムラなく高品質な塗装ができるのです。

付帯部分塗装

一般的に、外壁塗装の工事では、外壁以外に付帯部分の塗装もまとめて行います。
付帯部分とは、雨どいや雨戸・戸袋、破風板や軒天などのことです。

住宅の付帯部分の多くは、定期的なメンテナンスとして塗装が必要不可欠です。


まとめ

この記事では、築11年のモルタル外壁を塗装工事したK様邸の施工事例を紹介しました。

施工前には黒ずみ汚れの見られたK様邸が、まるで新築住宅のようにピカピカに生まれ変わる様子を確認できましたね。

いえふくでは、腕のいい職人によるていねいで高品質な塗装工事を提供しております。外壁塗装はもちろん屋根塗装もお任せいただけますので、塗装工事をご検討の際はぜひいえふくまでご相談ください!