施工事例

色あせてしまったスレート屋根を塗装し、ピカピカな屋根に変身!(神奈川県愛川町)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

Before

今回の記事では、スレート屋根の塗装を行ったY様邸の施行事例をご紹介します。

スレートとは、セメントを主原料とする板状の屋根材で、日本の多くの戸建て住宅で使用されています。

施工前の様子がこちら。新築から13年が経ったY様邸の屋根材は、上の画像のように塗装の色あせが目立つ状態でした。

屋根材の色あせは、塗膜(屋根材を覆う塗料の膜)が劣化し始めているサインです。この状態を放置し続けると、屋根材の防水効果がだんだんと低下していきます。

すると、屋根にカビやコケが発生し、屋根材自体の腐食が進んで雨漏りを引き起こす恐れも出てきます。

家の美観を保つことはもちろん、このようなトラブルを未然に防ぐためにも、屋根の塗装を行う必要があるのです。

After

施工後の様子がこちら。ブラウン系の塗料で塗装を行い、施工前とは見違えるほどきれいになりましたね。

次の章では、Y様邸で行った施工作業の画像を用いて、塗装の様子をご紹介していきます。

塗装の様子

高圧洗浄

塗装作業に取り掛かる前に、まずは屋根の洗浄を行います。上の画像のように、高圧洗浄機を用いて汚れや砂ぼこりをすみずみまで洗い流していきます。

汚れや砂ぼこりだけでなく、屋根の古い塗膜も除去されるため、新たに塗布する塗料が屋根材に定着しやすくなります。

下塗り

屋根塗装や外壁塗装では、「下塗り・中塗り・上塗り」と3回に分けて塗料を重ね塗りするのが基本。

上の画像は、1回目の塗装作業である下塗りを施工している様子です。
塗りムラの無いように、ローラーを用いて屋根全体にまんべんなく塗料を塗布していきます。

中塗り・上塗り

下塗りで塗った塗料が完全に乾いたら、中塗り作業に移ります。

前段階で塗布した塗料が乾き切る前に次の塗装を行うと、塗料同士が混ざり合って本来の機能性を十分に発揮できなくなる恐れがあります。

そのため、塗料を十分に乾燥させるのに必要な乾燥時間を必ず設けることが大切です。

中塗りが完了したら、最後の塗装段階となる上塗りを行います。
基本はローラーで塗装をしていますが、必要に応じて、上の画像のようにハケも用いて塗料を塗っていきます。

3度に分けて塗料を重ね塗りすると、屋根材を覆う塗膜が最適なコンディションに仕上がり、塗料の持つ機能性が十分に発揮されるようになります。

今回の記事では、色あせた屋根を塗装したY様の施工事例をご紹介しました。

屋根材の劣化がひどくなってからでは、塗装よりも大がかりな工事が必要となり高いコストが発生してしまう場合もありますので、Y様のように定期なメンテナンスを行うことが大切です。

屋根塗装や外壁塗装についてお悩みをお持ちの方は、ぜひいえふくにご相談くださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜19時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ