外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

外壁塗装とスレート屋根の重ね葺きをまとめて施工したK様邸(千葉県松戸市)

Before

今回ご紹介するK様邸は、新築から15年が経つご住宅。

施主のK様は、外壁や屋根の汚れを見て「そろそろ塗装の時期かな」と感じたそうで、いえふくに塗装をご依頼くださいました。

上の画像は、施工前の外壁の様子。

K様邸の外壁材は、モルタル(セメントと砂を水で練って作られる外壁材)と、サイディング(セメントを主原料とするパネル型の外壁材)の2種類が使用されています。

白い外壁部分がモルタル、格子状にデザインされた茶色の外壁部分がサイディングです。

K様邸は築15年ということもあり、外壁に全体に汚れが目立ちました。また、日陰になりやすい北側の外壁には、部分的にカビやコケの発生も見られました。

After

外壁塗装が完了した様子がこちらです。

モルタル・サイディングともに、施工前よりも少しトーンの上がった塗料に塗り替え、明るく清潔感のある印象になりましたね。

塗装前には、高圧洗浄機を用いて外壁全体の汚れやカビ・コケなどを洗い流しました。そして塗料を3度に分けて重ね塗りし、このようにきれいな状態に仕上がりました。


屋根の重ね葺き

今回の施工では、外壁塗装と一緒に屋根のメンテナンス工事も行いました。その様子を実際の写真を用いてご紹介します。

Before

施工前のK様邸のスレート屋根の様子がこちら。茶色に塗られた塗装に汚れや色あせが目立ち、古びた印象が感じられます。

いえふくが行っているスレート屋根の主なメンテナンス工事は、「①屋根塗装、②屋根の重ね葺き(カバー工法)、③屋根の葺き替え」の3種類に分けられ、屋根塗装から順に工事の規模が大きくなります。

K様邸の屋根メンテナンスでは、既存の屋根の上から新しい屋根材を設置する「重ね葺き」を行いました。

ルーフィングの設置

重ね葺きの工事では、まず既存の屋根材の上に防水シートを敷きます。

この防水シートを「ルーフィング」と呼び、屋根の雨漏り防止のために屋根材の下に必ず敷かれるものです。

屋根材の設置

ルーフィングの設置が完了すると、上の画像のように新しい屋根材を設置していきます。

既存の屋根に使われていたのは、スレートと呼ばれる種類の屋根材でしたが、新しく使用したのは、ガルバリウム鋼板の屋根材です。

ガルバリウムとは、アルミニウムと亜鉛を主原料とする金属製の部材。軽量で丈夫な素材であることから、近年多くの戸建て住宅で導入されている屋根材の一種です。

屋根の重ね葺きでも、ガルバリウムを使うのが主流になってきています。

After

重ね葺きが完了したK様邸の屋根がこちらです。

色あせや汚れがひどく目立っていたスレートの屋根が、ピカピカのガルバリウムの屋根に重ね葺きされました。

施工前とは異なる色の屋根材を使用し、新たな装いに生まれ変わりましたね。

今回ご紹介した事例のように、外壁・屋根・ベランダなどのメンテナンスをまとめて施工するケースが多くあります。

外壁塗装や屋根塗装、屋根の重ね葺きをお考えの方は、ぜひいえふくにおまかせ下さいませ。