施工事例

色あせや汚れが目立つスレート屋根の重ね葺き工事をした施工事例(神奈川県川崎市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

Before

今回の記事では、屋根の重ね葺きを行ったY様邸の施工事例をご紹介します。

上の2つの画像は、施工前のスレート屋根の様子です。雨風や紫外線の影響によって塗装の色あせや汚れが目立ち、古びた印象が感じられる状態ですね。

今回は、既存の屋根の上から新しい屋根材を設置する「重ね葺き」と呼ばれる施工方法でメンテナンスを行いました。

屋根のメンテナンス工事は、主に「屋根塗装、重ね葺き(カバー工法)、葺き替え」の3種類に分けられ、施行前の屋根の状態によって適した施工方法の選定を行います。

After

屋根の施工を終えたY様邸の様子がこちら。施行前には色あせや汚れがひどく目立っていましたが、施行前とは異なる色の屋根材に重ね葺きされ、美しい状態を取り戻しました。

屋根の汚れや劣化などが気になるという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

重ね葺きの様子

Y様邸で行った屋根の重ね葺きの様子を工程ごとにご紹介します。

足場設置

まずは、上の画像のように足場の設置を行いました。屋根のメンテナンスは、危険を伴う高所での作業となりますので、作業用の足場設置が必要不可欠です。

ルーフィングの設置

屋根の重ね葺き工事では、まず既存の屋根材の上に「ルーフィング」と呼ばれる防水シートを敷いていきます。
上の画像は、屋根の端側から順にルーフィングを設置している様子です。

屋根材全体にルーフィングを設置し終え、このような状態になりました。

屋根の雨漏りを防止するために、屋根材の下には必ずルーフィングが敷かれています。

屋根材の設置

続いて、こちらの画像のように新しい屋根材を設置していきます。

今回重ね葺きに使用した屋根材は「ガルバリウム鋼板」という種類のもので、アルミニウムと亜鉛を主原料とする金属製の部材です。

ガルバリウムは、軽量で丈夫という特性を持つことから、昨今多くの戸建て住宅で重ね葺きに使用されています。

新しい屋根材を設置し終えた様子がこちらです。色あせが目立っていたスレートの屋根が、汚れ1つないきれいなガルバリウムの屋根になりました。

今回ご紹介したY様の施工前の屋根は、汚れや色あせはあるものの、ひどく劣化が見られる状態ではありませんでした。

しかし、この状態を長年放置し続けると、傷んだ屋根材のすき間から雨水が入り込み、屋根の下地(野地板)が腐食する恐れがあります。

野地板が傷んでしまってからでは、屋根の葺き替え工事や大掛かりなリフォームが必要になる場合もありますので、住宅を守るためにも定期的なメンテナンスを行うのが理想的です。

屋根や外壁の塗装に関して何かお悩みをお持ちの方は、ぜひいえふくにご相談くださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜19時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ