外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

同じカラーでも、新築のような輝きを取り戻しました(神奈川県厚木市)

はじめに

外壁は紫外線や雨風によるダメージを日々受けています。ほこりや汚れがつくだけでなく、カビや水垢といった普段の掃除ではなかなか落とすことのできないものもあります。

また、防サビを施していても次第に劣化が進みます。住宅の劣化を遅らせ、新築のような外観を維持するには定期的なメンテナンスが必要です。

Before


全体的に外壁にほこりや汚れがつき、塗装の劣化による色落ちが見られます。また、金属部分のサビも目立ってきています。

After


きれいに塗り直された外壁は、新築のような輝きを取り戻しました。細かな金属部分のサビをとることで、劣化の目立ちもなくなっています。

施工手順

足場設置

家の周りに足場を作り、作業の効率を上げています。また、外側にシートを張ることで、工事中の音の軽減や塗料、ほこりが敷地外に散らばらないよう、住宅街である近所への配慮も行っています。

高圧洗浄

最初に行うのは水洗いです。高圧洗浄機を使って、細部まで壁についたほこりや汚れ、コケなどをきれいに落としていきます。高圧洗浄機では、頑固なカビも落とすことができ、その後の塗装がスムーズに行えるなめらかな表面が出てきます。

養生作業

窓ガラスなど塗装がついてほしくない場所には、あらかじめ養生をしっかりと行います。ビニールによってカバーされた部分は塗装がつきませんので、ぎりぎりまで気兼ねなくきれいに塗ることができます。

コ-キング

コーキング材は、壁面などの継ぎ目の部分に塗られている素材です。コーキング材は、雨風や紫外線により劣化していきます。劣化が進むと防水効果などがなくなります。そのため、定期的なメンテナンスが必要です。

古いコーキングの上からコーキング材を足すことを増し打ちといい、劣化がひどくなければ増し打ちでも問題ありません。しかし、きちんとメンテナンスをしたいのであれば、一度古いコーキング剤をはがしてから、新たに塗りこんでいく打ち替えをすることをおすすめします。

下塗り

下塗りは外壁塗装の最初に行われる塗装作業です。下塗りで使われる塗料は、そのあとの中塗り、上塗りとは異なり、粘着性の高い下塗り専用の塗料になります。下塗りを丁寧に行うことで、そのあとに行われる塗装において、ムラがなくしっかりと塗料が壁面に密着するようになります。

中塗り

中塗りでは、上塗りと同じ塗料を使って、壁面全体をしっかりと塗っていくことで塗装面を安定させます。塗装面の塗料と壁面がしっかりと密着するように塗っていきます。

上塗り

上塗り作業は、塗装面にムラをなくし発色をよくするだけなく、塗料が安定するので、長期にわたるメンテナンス性を高めるためにも有効です。また、自分のイメージしたカラーで仕上げるためにも重ね塗りはおすすめです。

サビがつきやすい場所や劣化が激しくなることが予想できる木部などは、さらにもう一度重ね塗りをして強度を高めます。

仕上がり

淡いベージュでやさしい印象に変わったN様邸です。外壁塗装施工前と同色ですが、新しい塗装によって見違えるような美しさになり、ツヤのある外観が印象的になりました。細かな箇所も同色で塗られているため、遠目で見ても近目で見ても違和感がなく、劣化が全く感じられません。

軒天の塗装

特に気になるのはベランダの軒天です。外壁と同色の塗料で、外壁同様に塗装を施しました。

雨戸の塗装

雨戸は、サビがつきやすく汚れも落ちにくい場所です。ぱっと見はわかりにくいですが、細部にほこりが入りこみ取れなくなっています。高圧洗浄機できれいに掃除を行った後、ヤスリなどを使ってサビを取り、さび止めの入った塗料できれいに塗りなおしました。

雨樋の塗装

雨樋は、雨樋自体の塗装に加え、留め具となっている金属部分もサビを取って、丁寧に塗装をしています。雨ざらしになり水染みがつきやすい場所ですので、細かな作業が要求されます。

金属部分の塗装

N様邸には、金属部分がいくつか外部に見られるため塗装を施しました。サビを取った後にさび止めを塗り、その上から光沢のある濃いカラーで仕上げをしたことで、落ち着きのあるバランスの取れた仕上がりになっています。

まとめ

以前と同じカラーで仕上げたN様邸を見てわかるように、同じ色であっても、再度メンテナンスをすることで新築同様の印象を与えてくれます。また、付帯部分の塗装も同時に行ったことで、さらに輝きを増したように見えます。

今回の事例のように「今とあまり印象を変えたくない」、はたまた「ガラッと印象を変えたい」など、いえふくはお客様のご要望をしっかりとヒアリングし、実現させることができます。お気軽にご相談ください。