外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

付帯部分と屋根の塗装も同時に行いました(神奈川県南足柄市)

はじめに

外壁にはさまざまな種類があります。今回ご依頼いただいたO様邸の外壁は、セメントと砂を混ぜ合わせたモルタルです。独特の風合いがありますが、防水性が低いため、塗装により防水機能を高めています。

経年して塗装が剥がれたり、ひび割れたりすると、家の寿命を縮めてしまいます。そのため、定期的に塗装をして防水機能を高める必要があるのです。

早め早めのメンテナンスを心がけるO様は、今回、外壁だけではなく、屋根や付帯部分などの塗装も一緒に行いました。家全体の耐久性が上がり、美しく生まれ変わったO様邸の施工事例を詳しく見ていきましょう。

Before


壁にひび割れなどの激しい劣化は見られませんが、ほこりなどが付着して汚れが目立ち、外壁塗装が必要な段階です。

また、幕板といわれる1階と2階の境界部分にある横長の部材や、縦に伸びる飾り板が特徴のO様邸ですが、付帯部分の色あせも気になります。

After


外壁だけではなく付帯部分と屋根も同時に塗り替えたため、新築のように生まれ変わりました。O様邸の特徴である幕板と飾り板にはツヤが生まれ、アクセントとなって家を引き立てています。

また、見た目だけではなく、家全体の耐久性も高まりました。早め早めに塗装することで、家の寿命を長く保つことができます。

施工手順

それでは、O様邸の塗装工事の流れを詳しく見ていきましょう

足場設置

外壁塗装では高所での作業が伴うため、足場の設置が必要です。足場があることで、安全かつ効率的に作業が進められます。また、足場に飛散防止シートを張り、塗装したときに塗料が飛んで、隣家へ付着するのを防ぎます。

高圧洗浄

次に、高圧洗浄機を使って、外壁に付いたほこりやこけなどの汚れを落とします。汚れが落ちると、壁と塗料の密着性が高まるため、美しく仕上がり、塗膜の耐久性も上がります。丁寧な洗浄がポイントです。

養生作業

塗装する際に、周辺に塗料が飛び散ることがあります。塗料が付くと困る場所をビニールやテープで覆うことを「養生作業」といい、仕上がりを左右する大切な工程です。サッシや表札、玄関周りなどを丁寧に養生しました。

下塗り

いよいよ塗装です。外壁塗装は、下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが基本です。
O様邸はモルタルの外壁で、ひび割れが生じやすい特徴があります。表面をしっかりとカバーし、仕上げの塗料がしっかり密着する、「フィラー」と呼ばれる下地材を使用します。

中塗り

下塗りが完全に乾いたら、次は中塗りです。モルタル壁は吸水性が高く、塗料の吸い込みが多い壁材なため、施工には手間と時間がかかります。塗装により、独特の風合いが消えないよう丁寧に塗ります。

上塗り

中塗りと同じ塗料を使って、上塗りをします。中塗りと上塗りの仕上げ塗りを2度行うことで、塗り残しがなくなり、ムラなく仕上がります。

仕上がり

汚れが付いていた壁は、真っ白な壁に生まれ変わりました。モルタル壁の独特の風合いを見事に活かした、美しい仕上がりです。

付帯部分の塗装

雨どいや破風板などの箇所を付帯部分といい、塗装する際には足場を設置する必要があります。そのため、外壁塗装で足場を組むタイミングに合わせて、付帯部分も一緒に塗装するのがおすすめです。足場代の節約になり、外壁と付帯部分の劣化のスピードがそろうため、今後のメンテナンス時期を合わせることができます。

幕板・破風板

O様邸の特徴である、1階と2階の境界部分にある幕板は、色あせて古びた印象を与えていました。外壁を塗り替えたことで、幕板の劣化が余計に目立っている状態でした。

塗り替えたことでツヤが生まれ、重厚感が増しました。外壁の白色と幕板の黒色のコントラストがはっきりして、家のアクセントとしての役割も果たしています。幕板と同じように、屋根の先端部分に取り付けられた、山形の「破風板」も塗装しました。

飾り板・水切り

O様邸のもう1つの特徴である「飾り板」も、幕板と同じように塗装しました。飾り板の黒色が、外壁の白色によく映えています。また、建物の基礎部分と壁の境目にある水切りも、黒色で塗り直しました。家のアクセントとなる部分がはっきりとしたことで、家が引き締まって見えます。

雨どい

雨どいも破風板や幕板に合わせて、黒色で塗りました。光沢が出た雨どいは、見た目も美しくなり、耐久性も上がっています。

トタン部

トタンなど鉄部の塗装は、雨や湿気などの影響によりさびやすいため、塗装の前にさび止めを塗ります。

飾り板の色に合わせて黒色でトタン部を塗りました。光沢が生まれ、重厚感が増しています。

屋根

O様邸はスレート屋根であるため、10~15年おきの塗装が必要です。今回は、屋根の塗装も同時に行いました。

Before

屋根も外壁と同じで、色あせており、汚れが目立ちます。耐久性が落ちている状態です。南側の屋根には太陽光パネルが設置されているため、慎重に作業を進めます。

After

外壁と違い、屋根での作業は外から見えにくい場所ですが、決して手を抜くことはありません。太陽光パネルを傷めることなく、見事に塗装できました。生まれ変わった外壁に負けないほど、屋根にはツヤが出て、輝いています。

1階と2階の間にある、下屋根も塗装しました。外壁だけではなく、付帯部分や屋根も塗装したことで、家全体の耐久性が上がりました。

洗浄

普段メンテナンスができない屋根には、汚れがひどく付いています。
まずは屋根の洗浄です。屋根に付いた汚れを落とすことで、塗料が屋根に密着しやすくなります。

丁寧に洗浄することで、見違えるほどきれいになりました。日頃のメンテナンスが容易でない屋根は、洗浄しただけで満足されるお客様がいるほど、生まれ変わります。

割れた箇所の補修

屋根に割れが見つかりました。コーキングで補修します。

下塗り

いよいよ塗装です。外壁と同じように、屋根も下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りが基本です。下塗りをすることで、屋根と仕上げ塗りの塗料との密着性が高まります。

下屋根も同じように下塗りを行います。

中塗り

下塗りをしっかり乾燥させたら、次は中塗りです。塗り残しがないように、ムラなく塗ります。

上塗り

最後に仕上げの上塗りです。3度塗りしたことで、塗膜が厚くなり、耐久性が高まります。下屋根も屋根と同じように、丁寧に3度塗りをしました。

仕上がり

汚れが付着していた屋根は、丁寧な3度塗りによりツヤが出ています。耐水性や耐熱性の機能も高まり、屋根の耐久性が上がりました。

まとめ

独特な風合いのあるモルタルの外壁には、耐水性が低いという性質があります。耐久性を高めるためにも、定期的な塗装が必要です。

ご依頼いただいたO様は、早め早めのメンテナンスを心がけています。今回は、家の耐久性と美観性を高めるために、付帯部分と屋根の塗装も同時に行いました。幕板や飾り板が特徴的なO様邸は、家全体を塗り替えることで、より美しく生まれ変わりました。

いえふくでは、外壁や付帯部分だけではなく、屋根の塗装も行っています。住まいのことで気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。