施工事例

色あせた屋根を濃いめのグリーンで塗装!美しさを取り戻したY様邸(千葉県市川市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

この記事で紹介するのは、屋根塗装をいえふくにお任せいただいたY様邸の施工事例です。

現在築18年のY様邸は、数年前、台風で外壁が破損したことをきっかけに、外壁のリフォームを実施。
それ以来、外壁が新しくなったのは良かったものの、屋根が色あせたままなのが気になっており、今回屋根塗装の施工を決めたそうです。

Y様邸の屋根には、“スレート”と呼ばれる近年主流の屋根材が使用されています。スレートとは、セメントと繊維質を主原料とする板状の屋根材です。
スレート屋根の住宅にお住みで屋根塗装を検討中の方は、ぜひこの施工事例を参考にしてみてくださいね。

Before

屋根塗装を施工する前のY様邸の様子がこちら。

Y様邸の屋根は新築時には一面黒い色をしていたそうですが、今ではすっかり色あせています。

もしこのまま塗装をせずに放置していたら、屋根の劣化が進行し、スレートがひび割れたり、コケが生えてきたりしていたかもしれません。

屋根材の劣化がひどくなると、屋根の下地までダメージを受ける場合があり、そうなると屋根塗装の2倍以上の費用がかかる屋根の葺き替え工事が必要になることも。

コストを抑えつつ、大切な住宅へ長きにわたり住み続けるためには、定期的な塗装メンテナンスが必要不可欠です。

After

屋根塗装が完成したY様邸の様子がこちらです。
施工前には古びた印象のあったY様邸の屋根が、丸ごとリフォームしたかのように、一面ピカピカで美しい屋根に生まれ変わりました。

Y様は今回の屋根塗装で、濃いめのグリーンの塗料をお選びになりました。

屋根塗装の際には、塗料の色もご自由にお選びいただけます。屋根塗装を検討される際は、どんな色にしたいのか、ご家族と話し合ってみてはいかがでしょうか。

次の章では、Y様邸の屋根塗装の工事が進んでいく流れを、画像を交えながら紹介してまいります。屋根塗装の工事の流れを把握できるので、ぜひじっくりとご覧ください。

施工手順

足場設置

屋根塗装の工事で最初に行うのは、作業用の足場を組み立てる工程です。上の画像は、Y様邸の周囲へ足場の設置が完了した様子です。

鉄パイプや踏板などの部材で足場を組み立て、職人の作業場所を確保します。

足場に設置されている青いシートは“飛散防止メッシュシート”と呼ばれるものです。塗装中の塗料や高圧洗浄中の水しぶきが、周囲に飛ばないようにする工夫です。

足場に巻かれている黄色いものは、ケガを防ぐためのクッション材です。特に施主様の生活動線になる部分に、ケガ防止のクッション材を巻くようにしております。

高圧洗浄

足場の組み立て作業が完了すると、次は“高圧洗浄”と呼ばれる工程へと移ります。
高圧洗浄とは、水を高圧で噴射し汚れを洗い流す洗浄方法です。

上の画像は、職人がY様邸の屋根を高圧洗浄している作業中の様子。画像のようにノズルから噴出する水を屋根に吹き付け、スレートに付着している汚れを洗い流します。

養生作業

高圧洗浄が完了すると、次は“養生”と呼ばれる作業を行います。

養生とは、窓ガラスなど塗料が付着してはいけない部分を、専用のシートで覆って保護すること。

Y様邸では屋根の構造上、2階のバルコニーなどに塗料が飛ぶ恐れがありました。そのほか、塗料が飛んで汚れる恐れがある部分は、全て養生を行いました。

タスペーサー

養生作業が完了すると、次はスレートの隙間に“タスペーサー”を挿入します。

タスペーサーとは、スレートの隙間に挟み込むことで、スレート同士が塗膜(塗装された塗料が乾燥し固まって膜状になったもの)でくっつくことを防ぐ道具です。

スレート屋根は、スレート同士の間に隙間が空いており、そこから雨水が流れるようになっています。タスペーサーなしで塗装をすると、スレート同士が塗膜でくっつき、雨水が正しく排水されなくなる恐れがあります。

しかし、事前にタスペーサーを挿入しておけばその心配もありません。

なお、塗装が完了した後に塗料でくっついた屋根材同士の間に隙間を空ける“縁切り”と呼ばれる作業でも同様の効果を得られます。
しかし、タスペーサーを利用する方がコストダウンや工期短縮に役立つ場合があることから、縁切りの代わりにタスペーサーを使用するケースもあるのです。

ただし、屋根の状態によってはタスペーサーが使用できない場合もありますので、いえふくでは施主様のご要望や屋根の状況にあわせて最適な施工をご提案しております。

コ-キング

タスペーサー挿入が完了すると、次は“コーキング”の補修作業を行います。
コーキングとは、樹脂を主原料とし、乾燥して固まると硬いゴム状になる建築剤です。

Y様邸の屋根には天窓(トップライト)が設置されており、その周囲に設置されているコーキング剤はすでに寿命を迎えておりました。
このまま放置すると、劣化したコーキング部分から雨漏りする恐れがあるため、今回補修をさせていただきました。

また、Y様邸では一部のスレート材にひび割れが発生しておりましたので、その部分にもコーキングを充填してひび割れを埋める補修を行っております。

下塗り

コーキング補修が完了すると、ここからは屋根の塗装工程へと移ります。

屋根塗装では、「下塗り・中塗り・上塗り」の3度塗りで塗装をするのが基本。上の画像は、屋根の板金部分へ下塗りを実施している様子です。

屋根板金は金属製なので、雨や湿気の影響でサビが発生しやすい部分です。
サビの発生を抑制するために、スレートへ使用するのとは異なり、サビ止め効果のある塗料で下塗りを行う必要があります。

こちらは、Y様邸のスレートへ下塗りを行っている様子です。

スレートに使用するのは、“シーラー”と呼ばれる下塗り専用の塗料です。
外壁に使用する下塗り塗料にもシーラーと呼ばれる塗料がありますが、外壁には外壁専用のシーラーがあり、屋根には屋根専用のシーラーがあります。

シーラーには、上塗り塗料(中塗りと上塗りで使用する塗料)をスレートに密着させる役割があります。シーラーを塗らずに中塗りや上塗りを行うと、塗料が屋根にうまく密着できずに、施工後しばらくして剥がれることが予想されます。

高品質で長持ちする屋根塗装を実現するには、1度目の塗装作業である下塗りが非常に重要なのです。

中塗り

下塗りで塗ったシーラーがしっかり乾いたら、次は2度目の塗装作業である中塗りを行います。

中塗りの段階から使用する上塗り塗料には、スレートを雨や紫外線から保護する機能が備わっています。

屋根は太陽の光が強く当たる部分なので、屋根材の劣化を防ぐためには、定期的な塗装が必要不可欠です。

上塗り

続いて、3度目の塗装作業である上塗りを行います。上塗りでも中塗りの時に使ったものと全く同じ上塗り塗料を重ね塗りします。

「なぜ同じ塗料を重ね塗りする必要があるの?」と疑問を感じる方のために説明すると、塗膜を最適な厚みに仕上げるために重ね塗りが必要だからです。

塗料の種類によっては、上塗り3度塗りの製品なども存在しており、その場合は下塗り1回の後に上塗り塗料を合計3回重ね塗りする必要があります。
いえふくでは、塗料メーカーが指定する正しい回数の重ね塗りを徹底しているため、安心して屋根塗装をお任せいただけます。

仕上がり

Y様邸の屋根塗装が無事に完成し、このような仕上がりになりました。

施工前には色あせて古びた印象のあったY様邸の屋根が、一面ピカピカのおしゃれな緑色に変身しています。

Y様邸は下からでも屋根が見える立地・構造であったため、Y様とご家族は塗料の色選びにとても悩まれたそうです。
施工後の様子をご覧になったY様とご家族は、選んだ色がイメージ通りの仕上がりになったようで、嬉しそうに語り合っていらっしゃいました。

付帯部分塗装

Y様は、今回の屋根塗装のタイミングで庇(窓の上などに設ける小さな屋根)など一部の付帯部分も塗装を行うように希望されました。
数年前の外壁のリフォームのタイミングでも付帯部分塗装は行われたそうですが、「せっかく屋根を緑色にするんだから、全体に統一感を持たせたい」とのことで、一部のみ付帯部分塗装をご決断されました。

こちらが塗装前のY様邸の庇です。現在は茶色い塗料で塗られています。

塗装後のY様邸の庇がこちらです。屋根と同じ濃いめのグリーンの塗料を使用し、住宅全体のカラーバランスに統一感を持たせました。

まとめ

この記事では、劣化して色あせていたスレート屋根を、濃いめのグリーンの塗料で塗り直した施工事例を紹介しました。

経年劣化を感じさせていたY様邸の屋根が、一面ピカピカで整った印象に生まれ変わる様子を確認できましたね。

いえふくでは、屋根塗装単体での施工はもちろん、外壁塗装と屋根塗装のセット工事にも対応しております。
「こんなふうに塗装工事をしたいんだけど」とご希望のある方は、お気軽にいえふくまでご相談くださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ