施工事例

築20年のスレート屋根を塗装メンテナンス!美観を整えた事例(神奈川県厚木市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

Before

この記事で紹介するのは、スレート屋根の塗装工事をいえふくにお任せいただいたI様邸の施工事例です。

スレート屋根とは、スレート(セメント・繊維質を主原料とする板状の屋根材)でできた屋根のことで、近年の新築住宅では主流な屋根となっています。

I様邸のようなスレート屋根は、10〜15年に1回を目安として、塗装メンテナンスが必要不可欠。

この施工事例をご覧いただけば、スレート屋根を導入しているI様邸が屋根塗装によりどのように変化したのか、チェックすることが可能です。ぜひ最後までご覧ください。

屋根塗装を施工する前のI様邸の様子がこちらです。

I様邸は新築時から20年ほどが経過するご住宅。
これまで1度も屋根塗装をされなかったことから、屋根の塗膜(塗装された塗料が乾燥し固まって膜状になったもの)は寿命を迎え、劣化して色あせています。

棟の板金部分も全体的にサビており、経年による劣化を感じさせますね。このまま塗装をせずにさらに年数が経過すれば、サビが進行して板金部分がボロボロになる恐れも。

I様がこのタイミングで屋根塗装を決断されたのは、賢明なご判断でした。

After

屋根塗装が完成した後のI様邸の様子がこちらです。

あんなに色あせていたのがまるで嘘のように、ピカピカで清潔感のある屋根へと変身していますね!
サビが見られた板金部分も新しい塗膜でコーティングし、サビができるだけ発生しないようにしました。

I様は施工前と施工後の様子を写真で比較され、「塗装だけでこんなにピカピカになるんだね!もう少し早く塗装をしてもよかったなあ」とお話しになっておりました。

次の項目では、I様邸の屋根塗装の工事のうち、いくつかの工程をピックアップして紹介します。

塗装の様子

高圧洗浄

こちらは、塗装作業の前の準備段階として“高圧洗浄”を行っている様子です。
高圧洗浄とは、水を高圧で噴射し汚れを洗い流す洗浄方法のこと。

画像を見ると、水を噴出するノズルが写り込んでいますね。
これは、高圧洗浄機と呼ばれる機械の一部であり、この機械を使って屋根の洗浄作業を行います。

塗装の前に屋根を洗浄するのには理由があります。塗装面に汚れが残ったまま塗装すると、塗料の密着力が悪くなり、塗料が持っている本来の寿命よりも短い年数で塗膜が剥がれかねないからです。

屋根塗装の効果を長持ちさせるためには、塗装前の高圧洗浄が欠かせません。

下塗り

こちらは1度目の塗装作業として下塗りが完了した後の様子です。

屋根塗装では「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる合計3回の重ね塗りを行います。下塗りは、その1度目に該当する工程です。

I様邸の下塗りには、“シーラー”と呼ばれる下塗り専用の塗料を使用。

下塗り用の塗料には“プライマー”と呼ばれる種類もありますが、今回はシーラーが適していたため、この塗料を使用しました。

下塗り用の塗料の役割は、屋根材と上塗り塗料(中塗りと上塗りで使用する塗料)の密着を助けること。
もし下塗り塗料を塗らずにいきなり上塗り塗料を塗っても、高圧洗浄を省いた時と同様、本来の耐用年数よりも短い年数で塗膜が剥がれることが予想されます。

中塗り

こちらは、2度目の塗装作業である中塗りが完了した後の様子です。
中塗りからは仕上げ用の塗料である上塗り塗料を使用し、塗装を行います。

すでにI様邸の屋根はピカピカに仕上がっていますが、上塗りが終わるまで塗膜の状態は万全ではありません。
上塗りまで全ての塗装が完了してはじめて、塗膜は万全な状態に仕上がるのです。

塗膜が万全な状態に仕上がれば、塗料が持っている防水性能や耐汚染性能(汚れにくさのこと)を最大限に引き出すことができます。

中塗りと上塗りを両方しないと、塗料本来の性能は引き出せないため、どちらも省略できない重要な工程です。

上塗り

中塗りで塗った塗料が十分に乾いたら、3度目の塗装作業である上塗りを行います。

屋根塗装では塗料を乾燥させる時間がとても重要。
塗料がしっかり乾かないうちに次の重ね塗りをすると、それぞれの塗料が混ざって塗膜が最適な状態に仕上がりません。

いえふくの職人は、塗料がしっかり乾き切ってから次の塗装に移るよう徹底しております。
具体的な対策としては、どんなに作業が早く終わっても、次の重ね塗り工程は翌日以降に行うようにしております。

塗装施工時のポイント

I様邸の屋根塗装における重要なポイントは、最後の仕上げ作業として行った“縁切り”です。
縁切りとは、塗料でくっついた屋根材同士の間に隙間を空ける作業のこと。

スレート屋根は本来、スレートとスレートの間にわずかな隙間が空いていますが、塗装をすると塗膜によってこの隙間が埋まることがあります。

スレート屋根の隙間は、屋根からの排水を正しく行うために設けられているものです。
塗膜でこの隙間がなくなると、雨水が正しく排水されなくなるので、屋根塗装の最後には縁切りの作業が必要不可欠になります。

いえふくでは、縁切りをはじめとして、屋根塗装における必要な作業を全てきちんと実施するように徹底しております。
どんな細かい作業にも手を抜かない施工により、高品質な屋根塗装を施主様にご提供いたします。

「適正価格で高品質な屋根塗装を行いたい」と考える方は、ぜひいえふくまでお任せくださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ